2005年12月22日 (木)

高円寺Too-tickiさん

秋頃から、会いたいね会いたいねと言っていて、なかなかお互い都合がつかなくて、 伸び伸びになっていた、お友達の作家さんと、やっとおデートしてきました(^0^)/♪
場所は間を取って、高円寺にしました。高円寺は、降りたことが無く、ネットで調べて、 可愛い雑貨屋さんがあったので、行く事に。その雑貨屋さんは、 「Too-ticki」さんという雑貨屋さん。

いろいろな手作り作家さんの作品が、可愛くきゅいきゅいっ♪と並べてあって、 しあわせのひととき♪らぶり~♪はう~ん★わたしが心ときめかせGETしたのは、 はりねずみの置物・ももんがのポストカード・青い猫のポストカードです!

もう有頂天になって、ほくほくでお店をあとにし、姉妹店という、 「HATTIFNATT」さんというカフェギャラリーへ。 とっても小さい可愛いドアを開けると、爽やかなお兄さんとお姉さんが お出迎えwレジ前スペースでも、ポストカードやらが展示してありました。 急な階段を上がって二階に行くと、棚を上手にスペースを生かして設置してあり、 壁や天井や窓際にも絵が展示してあって、素敵な空間(ギャラリー)でした! 三階もあり、注文は鐘をひっぱるw心くすぐりますw

雰囲気が良くて、ランチとお茶して、おしゃべりを、いっぱいして、まったり~♪♪ 夕方までずっといましたwひさしぶりに会ったということもあり、 話はつきないのですよ~★そうそう、先ほどの、「Too-ticki」さんで購入した 3点セットは、明日、早速、杜の奏で飾ります・・・w (勿論、非売品で・・・笑*。友達の作家さんには 「欲しいのが、展示限定品(非売品)のほうにある~」と  言われてしまいました・・・ごめんなさいね~苦笑。  でも、好みが一緒のようで、ひそかに嬉しいですw) 最後は、デザートでケーキを食し、るんるんでお別れしました。 とっても楽しかった、ありがとうね~!(^0^)/~リフレッシュ★

今日行った、「Too-ticki」さんと、「HATTIFNATT」さんは 是非是非おすすめですよ!雑貨好きな方はたまらないと思います! また、ケーキやランチも美味しかったです♪ わたしも、また是非行きたいで~すw

追記>06/1/7
「Too-Ticki」さんに行き、にこにこネットでもご紹介している、 「蒼猫屋」さんの深津あさみさんの作品の、羊毛の蒼猫の置物を 購入してきました。ほんとうは、この蒼猫さんは、非売品だったんです。 買おうとして止められましたwでもどうしても、わたし、ひとめぼれしてしまい、欲しかったので、 メールでお伺いしたところ、譲っていただける事になりまして!(嬉*) 気品のある猫ちゃん♪杜の奏で展示限定品で飾っています、とても可愛いので評判もいいです! 深津さん、ありがとうございました★

2005年12月15日 (木)

阿部和唐さん 陶創展

夕方から、日本橋三越に行き、 にこにこネットで、ご紹介している、 「ねんどこ」の岡本みつおさんの、お師匠さま、 「阿部和唐」さんの、陶創展を見てきました。

阿部和唐さんの個展、はじめてなのですが、面白かった・楽しかったです。 ひとつひとつの作品が、どこから見ても素敵。いろいろな角度から見て、楽しい。 どこから見ても、その世界・その時間が流れていて、表情があり、動きがあるので、 常に物語が始まり、続いているといった印象。 展示の仕方、光の当て方具合が絶妙で、うっとり♪ 人や小物など、こんな細かいところまで、出来てて、すごいな~と喜びながら、 色(茶色でも薄い茶色や濃い茶色、 緑、海の青、水しぶきの白、キャンドルの紙と同じ水色や、 釣りをしている人のお香立ての、川の部分の緑色など)が素敵で、 焼いているとこんな色になるのかと嬉しくて、不思議な気持ち。 柔らかい曲線、すっと伸びてたり、丸い入り口、抽象的な形の中にも、 色の変化もあいまって。ほんと、まったりと見入ってしまいました。 メッセージ性の高い作品も多くて、立ち止まってしまいます。 しゃがんだり、上から覗いたり、右からみたり、左から見たり。 1時間なんて、あっという間でした。1周だけじゃ勿体無くて、 まだまだ見足りなくて、何度も見てました。

途中、和唐先生が、画廊にいらっしゃったので、ご挨拶しました、 和唐先生は、とっても気さくな方で、いろいろとお話ししてくださいました。 わたしが、「ノアの箱舟」の作品で、かものはしがピンク色で、 可愛かったのと、ペンギンの対がいたので、凄く嬉しかったです、 と話したら、裏側まで見せてくださいました。展示作品は、普通、 触れませんから、後ろ側というのは、すぐ壁だったりすると、 後ろを全部見るのに、限界があるんですね。でも、和唐先生が 後ろをぐるっと見せてくださったので、箱舟の後ろ側の動物たちを 全部みることができました♪うれしいです! なんと、お馬さんだけは、対になっていないという、 ここだけの話も、教えてくださり、らっきー♪でしたw

「果報は寝て待て」という作品があったのですが、すごーく、 わたし好みというか、大好き!これで、小さめバージョンがあったら、 絶対買ってる!!という、鼻息荒い状態で和唐先生にお話したら、 「そういってもらえると嬉しいです。」と笑顔でお答えくださり、 嬉しかったです♪「足の、この部分、白と茶色に分かれている、この、 茶色の部分の丸み加減が、たまらなく好きです」と話すと、 和唐先生は笑ってましたwわたしには、大ヒットど真ん中作品です★

あとは、大きな深い壷の中から光が放たれ、星空、星屑が見える、 そのきらびやかな光を、上から、人が覗いているという作品など、 初めて見る作品ばかりで感動でした。大きな大きな穴の開いた花瓶や、 海がまっぷたつに分かれている作品などの、穴にまつわるお話や、 色の変化についてなども、お話くださいました。 そのうち、どうぞと言われて、ずーずーしくも、椅子に座って、 まったりこんと、和唐先生とのお話に夢中になってしまい、 気づいたら、閉店7時半でした!(><;)

粘土のお話から始まって、陶芸のお話、トランペットのお話、山のお話、 作品作りのお話、いなかっぺいさんの面白いお話、 いろいろなお話を聞く事ができて、有意義な素敵なひとときでした。 展示されている作品を購入することはできませんでしたが、 なにをもにも変えがたい、貴重な時間だったと思います。

また、会場には、パソコンモニターがあり、作品の映像が映し出されます。 売約済みで、旅立っていき、会場には無い作品も全部見れるようです。 いろいろな角度で綺麗に映し出されるので、こちらも必見。

それから、そうですね・・・。なんとなく最後に見た、「芽が出た」 (という題名の作品だったと思うのですが・・違うかも?)という作品が、 今、とても浮かびます。丸くて、上に人がいて、少し左斜めを 指差しています。指差す方向に、小さな穴が開いていました。 作品を見てから、題名を見て、はたっと思い、作品を再度見直す。 いろいろと自分のことを考えちゃったりしました。この作品、いつか、 また、見たいです。そのとき、自分はどんなふうに感じるかな。 そのときが、また楽しみです★

(写真:個展パンフレットより)

2005年11月28日 (月)

ギャラリーf分の1/クリスマスカードショー

御茶ノ水駅の近くにある「ギャラリーf分の1」さまで開催された、 クリスマスカードショーの展示会に行って来ました。 にこにこネットでも、ご紹介している、marblefrogのanzutannさんの カードが展示されるということで、はりきってテンション高めで出発!

まず、30分くらいさ迷いました(A^-^;)明治大学まではわかりました。 山の上のホテルというのも、見つけました。ところがですね、 出版健保という建物が見つからず、ぐるぐるぐるぐる明治大学の 周りを回ってしまいました。あれ~どこよ~汗かいてきました。 途方に暮れ始め、疲れだした時に、ようやく発見!あ~(T▽T;) ありましたよおお♪タオルで汗を拭きながら、鑑賞して参りました。

1日だけの限定開催ということで、混むだろうなと予想はしていたのですが、 案の定、混んでました。500円でケーキとお茶も頂けるので、 そちらも混んでました。で、鑑賞しながら、さて、ここで困りました。 ・・・実名です。作品の横に掲げてある、作者のお名前が実名なのです。 ネットのHNしか知らないので、お名前がわからない・・がーん。。 たぶん、かえるさんの絵だろうなと探したのですが、みつからず・・。 違うモチーフで書かれてるのかな。それにしても困った。 marblefrogのanzutannさんのカードを見に来たのに、わからずじゃ、 ケーキを頂くわけにはいかないよぅ・・・どきどき・・・。 違う汗がでてきましたよ(^^;;;

時間も無いので、ギャラリーの方に尋ねると「あら、いるんじゃないかしら」 「きてるわよ」と!なんと、紅茶・珈琲をお配りしてる方が、そうでした! きゃあ~♪♪初ご対面ですよ、はじめまして、こんにちはぁあ♪♪ とてちてた、の、ちてなですうぅ♪wどきどきしながら、お話していたら、 「若い人は面白いわねえ、インターネットでねえ」と言われてしまいました。

そうですよね、ネットで先に知り合って、あとで実際に会うのだから、 不思議といえば不思議なような。でも、ネットである程度、どんな方かとか わかっているし、ご活躍なども拝見してきているし、こういうイベントなどで 直接、作家さんとお会いできるのは、とっても嬉しいですね!

ケーキを頂き、紅茶・珈琲を頂きながら暫くお話しすることができました、 嬉しかったですう(*^^*)♪ケーキもね、すっごく美味しかったんです! これで500円は安い!お土産でお持ち帰りされる方もいらっしゃいました。 anzutannさんのクリスマスカード作品は、物語になっていて 絵巻のようなつくりになっていて、とっても素敵でした。















それにしても、展示作品は、どれもとっても素敵な作品でした。 何度も何度も見ちゃう。見れば見るほど発見があると言うか。 展示作品は、ほとんど「売約済み」の赤丸がついてました。 ギャラリーの方もおっしゃってましたが、こういう、企画物、 イベントもののほうが、作家さんが好きに楽しく作ってくださるので、 よりいいものができるようですね。なるほど、そうかもしれません。

面白い展示の仕方で、ひと工夫がされていて、ギャラリーの方に やり方とか教えて頂いちゃいましたw参考にさせていただきますw 短い時間でしたが、とっても楽しい時間を過ごす事ができました☆ ありがとうございました!

今回GETしたのは、上のanzutannさんのクリスマスカードと、

こちら、嶋田ヨシオさん、という作家さんの作品、原画です。一目見て、 色使いと狐さんにきゅんときました。。寒さの中に温かさが舞っているようです。 接骨院(杜の奏)でも、飾っていましたら、東北出身の方から「これ、いいわねえ、売ってないの?」 と声をかけられました。非売品(展示品)なんです、ごめんなさいとあやまったのですが、 (お譲りできなくて申し訳なかったですm(_)m)そうなの~でもこれ、とてもいいわねえと、その方は いつまでも見てくださってました、その姿がなんとも目に焼きついています。 見る人をはっとひきつける絵って、いいですよね。

2005年10月30日 (日)

世田谷233/ウルトラボックス:vol.3

世田谷の世田谷線若林駅近くにある ボックスアートギャラリー「世田谷233」
行って来ました。 とてちてた・杜の奏で作品を展示している、
せいこさんが、
「ウルトラボックス:vol.3」という期間限定企画に 参加されていると聞いたからです。

わたしも、何軒かボックスギャラリーを見てきていますが、雰囲気が良く、 若い作家さんの、刺激的な作品が多かったです。CDや本、写真集なども印象に残りました。
オーナーさんとお話して来ましたが、アーティストさん同士のコラボレーションなど、 横の繋がりが広がっているそうで、楽しくて、面白そうだなあと思います。

ネットでちょっと調べても、アーティストさんの作品を扱うボックスギャラリー、
アートギャラリースペースというのは、ここ数年で、とても増えてきていると思います。

発信・提供するギャラリー側も、それだけでひとつの作品ですし、個々の作家さんの 作品も多様化・発展してきているなと思います。また、ひとりだけでは、できないこと、 限界があることも、様々なジャンルの方が集まって、表現していくと、今までと違った 新しいものが生み出されます。それらを、楽しんで喜べる新鮮さって、魅力的です。


お目当てのせいこさんのブースも、ばっちり見てきました。 サイトに載っていない作品もあって、そういう、いつもと違う 見ていない作品を、いつもと違う場所で見ることが出来るのは、 嬉しい発見であり、刺激ですねw新鮮なパワーを頂いた気がします。

ポストカードの「あなたのままでそのままで」 を見たとき、不覚にも泣きそうになってしまいました。わたしは、こういうのがいいと 思っているんだよなあと、再認識、思い知らされたというか。この絵は凄く大好きです。宝物。

追記>05/10/30
土曜日「世田谷233」さんに、再度行ってきました。 前回、せいこさんの絵を買おうとしたら、値段がわからず、 期間最終日までに、聞いてもらうことになっていたのです。 オーナーさんにご挨拶して、欲しかった作品をGETしてきました!

こちらの絵です。黒背景に色が浮き出てとても繊細。白背景のポストカード作品しか 見た事がなかったので、とても新鮮でした。すごーく素敵です♪ 杜の奏で、展示限定品(非売品)として展示・ご紹介していますが、 お問合わせも多いです。茶色の額がまた可愛い★ 世田谷233のオーナーさん、せいこさん、ありがとうございました!

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko