« 2011年12月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月14日 (木)

皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展

こんにちは、ちてなです。
個展案内を頂いた、画家の野沢竹志さんから、個展の様子をお寄せいただきました。
いただいた絵が、とっても素敵で、ちてな一人だけが見てるのは勿体無い!と思い、
投稿レポートとしてご紹介させていただきます!どうぞご覧ください☆

-------------------------------------------------------------------------
2012年6/4(月)~6/9(土) 野沢竹志 個展  野沢竹志さんより
-------------------------------------------------------------------------

Nozawat0604

(DMです)

6月になりましたが、お元気でお過ごしでしょうか。
先日は私の個展の情報を、にこにこネットへ載せていただきましてありがとうございました。
http://blog.2525.net/2012/05/post-6a77.html
大変ありがたく思いました。

Nozawa1

個展は9日に無事終了いたしました。聖路加国際病院の中にある画廊ということで、
入院されて居る方、外来で来ている方、職員の方などにもみていただきました。

Nozawa3

車椅子の方、点滴のスタンドを移動させながら見に来てくれた方もあり、ありがたいことでした。

Nozawa2

表情が暗く、無表情の方が私の絵を見て笑顔になる時には、ここで個展をやって良かったと思いました。

Nozawa5

高名な日野原重明先生が理事長をされていることもあり、精神的な部分のアートセラピーを考えての画廊だそうです。

Nozawa4

私の個展での作品の一部をメールに添付しましたのでご覧いただければと思います。
今回は色鉛筆で背景を描いた作品が多いです。

Nozawa6


------------------------------------------------
●ちてなの感想●

野沢さん、お便りと絵をお送りくださり、誠にありがとうございます!
とっても可愛いですね~!!! 色鉛筆のほのかで優しい色合いが、包み込んでくれるような、
また、絵の主人公から発せられているような、かもしだしているものが暖かく、見ているほうにも届いてきます!

毛並みや、息遣い、視線、表情も伝わってくる絵の数々。
きっと、ご覧になられた方は、各々、自分や、将来、理想の姿を重ね合わせ、
同じように呼吸をして、頬をゆるめ、なでた感触や、聞こえる声などを想像して、
今在る状態や、体の機能、命の尊さ、ありがたさなど様々な思いと、
あるがままの自分がフィットする、こころ和らぎ、寛ぐひとときを過ごしたのではないかなあ、
そうだといいなあと思います。

野沢さんは、以前、2010年の個展で初めてお伺いして観賞、取材させていただいたのですが、
http://report.2525.net/2010/08/post-5fe3.html
この時は、純粋な鉛筆画でしたから、そこから色彩が加わって、発展されているのを見て
これからが、まずます楽しみになってきました!

野沢竹志さん、このたびは、どうもありがとうございました(^-^)/☆

▼野沢竹志さんHP http://myuwon.blog27.fc2.com/

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko