« STAGE銀座工芸展 アクセサリー IZUMIさん | メイン | STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん »

2011年8月19日 (金)

STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん

2011年8月1日から6日まで開催した
「STAGE銀座 工芸展」の取材レポート第5弾です。
今回は、クラフト縁の教室リストに参加いただき、
東京のご自宅でステンドグラス教室をされている、石井香さんです。

展示場所は、窓ガラス側の棚の真ん中。
石井さんは、初めてのグループ展だそうです!
予め頂いていたメッセージには、
「涼やかで、夏らしい爽やかな作品たちを、ぜひご覧になってください」
とありましたので、とってもウキウキ&楽しみでした♪

一番上の棚の上に吊るされた、ウェルカムボード(?)。
鳥さんと、ハイビスカスでしょうか?

ピンクの天使ちゃん、可愛いです~!隣の写真立ても涼しげです♪

水色の天使ちゃん。隣の時計も、とっても可愛いなあ~*

万華鏡と、オルゴールでした!! 壁側の棚で、大阪から参加の、
陶芸家の朝野加津子さんが、陶芸で万華鏡を出されていたので、
あ、こっちも万華鏡だあ~♪と、みなさん、喜んでらっしゃいました♪

ここからは二段目の棚に展示されていた天使ちゃんと写真立て。

高原などの澄んだ空気のもと、清らかで、暖かな木漏れ日の中にいるような気がします。

ガラスのお皿です。綺麗です~***

入り口入ってスグ右側の三角スペースに、参加作家さん皆さんの作品を
一品ずつピックアップされていました。こちらに展示してあったお皿が
ちてなのお気に入り♪ なんか、しょうがとか、わさびとか、ごまとか、
緑のものが似合いそうな気がしません?(喜♪)
下は、北海道から参加の、アクセサリーのIZUMIさんの作品。

ネックレスも、綺麗でしたー!色の変化がまた素敵!

こちらのネックレスたちも、とっても綺麗でした!
なんともいえない形と透明な空間の中に彩られた色の模様が、
常に変化し続ける、いろいろな人の人生のかけらの様な気がします。

一番下の棚にいた、カメちゃん!存在感ありました~!
電気をつけたらどうなったのかなー。つけるの忘れちゃいました。
石井さんが在廊された時に、点灯した瞬間をご覧になることが出来た方は
とってもラッキーなことでしょう♪♪♪

星型のランプですね。綺麗です!この角度で見ると、青か赤かしか見えませんが

二段目の棚から、下を見下ろすと、このようにオレンジ色にも見えたりします。
ちてなは、この光景を目の当たりにした時、ハッとしました。

私達がいつも見ている、事柄や現象、出来事、他人から感じたり得たりする
様々な五感なども、ただ一部の方向からであって、違う方向から見れば、
別の立場から見れば、また別の発見があるのかもしれません。
私たちが「知っている」と認識しているのは、わずかな一部だけで、
それが全てではなく、「常に知らない(知りえない)こともある」のと同じ。
だから「当り前」で終らせること無く、自分の好き嫌いだけで決め付けたり
判断するのではなく、常に、柔らかく、どんなこともあると、
扉を開けて、いろいろなものを素直に感じて知っていきたいなと!

コースター。習字で書いた様な和な模様が渋い!

オレンジ、黄緑、黒と、特に素敵だなあと思った3枚をご紹介。
どんなふうに使うかは、その方次第。
お手元にとお求め頂いた方は、今頃、どのように楽しんでいらっしゃるのかな~♪♪

箸置きですよ~☆ もう、ずっと見てても全然飽きませんね♪
色いろ色イロ、よりどりみどり。一個ずつ木琴叩くみたいに
ポンと触れたら、それぞれ音がしそうですね♪

ほんと綺麗です・・・。光の中で、または陰になって日があたらなくても。
それぞれの表情は、一瞬一瞬まったく違います。
水の雫のように、風に流れる音のように、目には見えない分裂し続ける細胞のように。

ガラスに宿られた色と形が、存在してるよと手招きして発する波動を、
気持ちよく一心に浴びながら、ささやかながら、
ああ、綺麗なものを、ただ、綺麗だなあって思えること、
この一瞬一瞬が、すっごく、とっても、ありがたいなあと感じます。

プレオープンに取材に行ったので、石井さんとはお会いできませんでしたが、
改めて振り返ると、初めての展示とは思えませんねー!
どの作品も、ひとつひとつが充実していて素晴らしかった。
ガラス好きな方、アクセサリー好きな方、皆さんに楽しんでいただけたことと思います。

ちてなも、ほんとーに、帰るのが名残惜しかった・・・!
テーブルに座って、グァバジュース飲みながら、ガラス面の棚に視界を向ける。
目に入ってくる、ステンドグラスたち。きらびやかで、つつましやかで・・・。
ぼーーーーっと、いつまでも、いつまででも、観ていられる。
観ていると、無心になって、心が綺麗になる気がしました。
そうして、もっともっと汚れの無い、清らかで豊かな心であり続けたいなと
がんばらなくちゃと、来て良かったなと。
嬉しくって、やる気がみなぎってくるような実感がしました。

石井香さん、この度は、素敵な展示を、どうもありがとうございました!(^0^)/☆

▼Spitalfields(スピタルフィールズ)Glass Studio
http://cowries-sg.com
東京品川区の自宅教室のほか、戸越銀座教室も開講中。その他、web shopもあります。
お教室に興味のある方は、是非、お問合せください☆

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/26954974

STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko