にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
武州土耕窯 サイボク陶芸教室で陶芸体験してきました
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

武州土耕窯 サイボク陶芸教室で陶芸体験してきました

ゴールデンウィークの6日、埼玉県日高市にある「サイボクハムガーデン」に初めて行きました。
ここは、60年やっているハム会社さんで、敷地内に日帰り温泉や、レストラン、ショップ、
パークゴルフ、陶芸教室などがあって楽しめる複合施設になっています。

こちらのハムやソーセージ、パンが美味しくてお土産でお求めになられる方が多いですが、
日帰り温泉が、天然温泉で、とても良いと評判なのです!

で、敷地内にある陶芸教室での陶芸体験と、日帰り温泉と、お食事がセットになった
超とくとく体験パックで一日遊んできました! 
この時の、陶芸体験を携帯で写真撮ってきましたのでご紹介させていただきますね!

サイボクハムガーデン内にある、「武州土耕窯 サイボク陶芸教室」。
豚の置物があって、可愛い~♪♪♪ 
超とくとく体験パックでの陶芸体験は、粘土500グラムでお皿かカップか、
好きなほうを選んで作れるというもの。ちてなは、お皿に挑戦です!

若い男性の先生が、丸い粘土の塊を少し平たくして机に置いて、
「こうやって伸ばしてください」と見せてくださいました。

えっ?! すっごい簡単そうに見えますが、難しいですけど!!! 
(ちてな、料理しませんから、パン生地とか伸ばしたこと無いし!!)

おろおろしながらやっていたら、年輩の先生が
「こうするといいよ」といろいろアドバイスくださいました。
この方が、武州土耕窯 の 渡部幸治さんでした。

丸かったのに、四角くなったり、ひし形になったりして、
こんなに薄くなっていいのかなと、ひとりでヒヤヒヤオロオロしてましたが、
その都度回して、両方の棒にくっつかないよう、はみ出ないようにして、
とにかく伸びなくなるまで伸ばしていきます。
ちゃんとできているのか、よくわかりませんが、少しすると楽しくなってきました♪

見極めが難しいですが、こんなもんかな? 伸びなくなったところで、
お茶を頂いて、ひと息~♪(笑*) 嬉しいです、ありがとうございます♪

あとは、好きな柄を書いてくださいと、竹串と、色んな柄の付いたハンコのようなものを
見せていただきました。ころころと転がせば、その柄がつく優れもの!

描いたのは、かぶ~です。サイボクハムなだけに「豚」きゃら(喜*)
新婚なので、ハートマークも飛ばしてみました(笑*)
竹串で丸い湾曲を描くのは難しかったです。。。
上の丸いお花模様4つが、ハンコみたいに押したもの。
お皿のふちの波模様も、ころころ回すと跡が付くもの。
さて、この状態ですと平らなままですが、これでお皿・・・で、いいのでしょうか??

じゃーん! 秘密兵器?!登場!(感動*) これならお皿になりますね!
下に、日付と名前を竹串でいれて、しばし乾かします。

ひっくり返したら、こうなりました。可愛い~!!!(嬉しい***)
あとは、窯で焼いていただきます。1,2ヶ月かかるそうです。
焼き上がりの色も何種類からか選べるんですよ。
好きな緑色にしていただきました。しぶすぎちゃうかな?? 
まあ、陶芸体験ですので、焼き上がりを楽しみにしましょう★
どうぞ、宜しくお願いいたしまーす!

サイボクハムで「豚」なだけに、「豚」の陶器がありました。
これ、感動ものですよ! 豚さんのカップ&ソーサーです。

カップそのものも、豚さん! 
しかも、お皿にちゃんと乗るのが、良い味だしてる!
奥に見えるのも、豚さん柄のマグカップですね。

このあと、暫し、まったりと、講師の渡部さんとお話し。
遊びで行ったので、名刺を持っていなかったのですが、
クラフト縁の話しとか、個展案内の話しとか、教室案内の話しなどして
パソコンがあったのでサイト拝見したり、クラフト縁をお見せしたり
「あ、知ってる人がいる!」なんてこともあったり、楽しかったです*

今更ながら思ったのですが、ほんとうは、あの、粘土を伸ばす前の
土の塊にする所、粘土を素手で体重こめて練る作業自体が、
結構大変で重要なのではないのか??と思いました。
でも一日でお風呂とお食事セットで時間も限られているので、
最短行程なのかもしれませんね。
これなら、親子で一緒に遊びながら体験できると思います!

短い時間でしたが、とっても楽しかったです! 
少しだけ、陶芸体験できて、目の前のことに集中すること、
ただただ無心になって粘土を見て、形作っていくこと、いいなあと感じました。
出来上がった器を見て、喜んでくれるかなあと想像したり、
またその器を使って食事することを想像すると、とっても楽しみになりました☆
武州土耕窯 サイボク陶芸教室さん、どうもありがとうございました(^0^)/★

▼武州土耕窯 サイボク陶芸教室
埼玉県日高市下大谷沢546 サイボクハムガーデン内
Tel/Fax: 042-984-0777
東武東上線「鶴ヶ島駅」西口と、JR川越線「笠幡駅」より、
東武バス「サイボク天然温泉まきばの湯」行き終点。
西武新宿線「狭山市駅」西口下車 西武バス「サイボク天然温泉まきばの湯」行き終点

▼武州土耕窯 サイボク陶芸教室さんでは、この他にも一日体験教室や
絵付け体験、通常の授業での生徒さんを募集中です!
詳しくは募集案内にまとめましたので、下の画像を押して、ご覧ください。

▼この日の、他の温泉&食事満喫日記は、こちら
6日「サイボク天然温泉 まきばの湯」にいってきました♪
https://www.facebook.com/note.php?note_id=164463280280502
0506saiboku3

▼追記
6月上旬に、出来上がったと連絡を頂き、取りに行ってきました!
1106171

しぶい緑色に仕上がりました、綺麗です♪ あと思ったより重い!(あたりまえかw)
早速、晩酌のお豆腐や湯葉などを乗せて使っております♪
どうも、ありがとうございました~☆

2011-5月-12
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.