« クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」青木由利子さん | メイン | クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」岡本みつおさん »

2010年11月28日 (日)

クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」木内志のぶさん

クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」のご報告レポートです。
今回は、とんぼ玉作家の「ニジイロ硝子店」の木内志のぶさんです。

まずは、DM画像と、ご本人様から頂いた、自己紹介です。

『ニジイロ硝子店』 の木内志のぶです。
ガラスを溶かしてとんぼ玉を作っています。
ギャラリーでの展示販売を中心に、
時折、屋外での販売もしながら活動しています。
本展では、とんぼ玉のアクセサリーを出品いたします。
もしかしたら皆さんがイメージするとんぼ玉
(キラキラ・透明・華やか…)とはかけ離れたものに映るかもしれません。
自分でもとんぼ玉を作っているという感覚は実はなかったりします。
ですが、ガラスを使っての表現方法として、こんなのもある、
というのをお伝えできれば嬉しいです。(自己紹介ここまで)

木内さんは、実は遡ること2008年5月ごろ。
クラフト縁で、「Art-matching(アート・マッチング)」という
作家さんと、ギャラリーさんや、作品と販売店さんを繋ぐ
新企画を立ち上げた際に、今回クラフト縁展に参加いただきました
羊毛フェルト人形のマチルさんから、グループ展の参加募集の記事を頂きました。
その記事を見て、お問い合わせくださったのが、木内さんなのです。

その時は、お話がまとまらず、断念してしまったのですが、
その後も、サイトを拝見、メールのやり取りをさせて頂いてました。

そして、ようやく、2010年9月に企画点を開催する、
ということで、マチルさんと一緒に、お誘いさせていただきました。
奇跡的に、おふたり揃ってご参加いただけて、本当に嬉しかったです!

とんぼ玉の作家さんは他にも沢山いらっしゃるのですが、
最初から、とんぼ玉では、木内さんにお願いしようと思っていました。

木内さんのとんぼ玉作品は、
奥の窓ガラス前の棚の2段目、一番真ん中と、左の棚の半分です。
木内さんは、クラフト縁展の前に、横浜で初個展を開催されたのです。
そのあとでお疲れなのにも関わらず、新作を作って展示いただきました! 
会期中に追加くださったり、ディスプレイも、お花のアクセント、革の敷物や、
木や透明の台など使って、すっきりとまとまって綺麗に展示くださいました!

実は、木内さんのとんぼ玉を見るのは、今回が初めて。
シックで落ち着いた、渋いとんぼ玉だなあ~と思って見てました。

こちらは、マネキンの首にかけてあった水中花2種類。
よく見たら、すっごい複雑な構成になってるんですね。
上の青とピンクの花びらは、
(花びらが2色だったこと、今気付きました!可愛い♪)
大理石の模様みたいな地で、地上から花が咲いているみたいです。
水泡は、天へと昇り、ガラスの上の、茶色の蔓のようなラインに届きそうです。

下の緑地に白い花は、一口に緑と云っても濃かったり薄かったり、
いろいろな緑色の層が地層のようにも川のようにも見えて、
白い花が、圧倒的な流れの中に身を任せ委ねているようにも見えます。

マネキンにかけてあった、多面体のネックレスです。
とんぼ玉って、玉っていうほどですから「丸い」印象がありますが、
このようなカクカクした、多面体もできるんだなあと初めて知り、新鮮でした!

写真は、ちょっと黒い模様が濃く出てしまいました。
実物は、もっと透明感がありますので、
こんなに複雑な模様だったとはわからなかったです。

今、改めて、このとんぼ玉の写真を見て、中がこうなっていたんだと気付いて、
はっとしました。同時に、どうやったらこうなるのか、さっぱりわかりませんが、
相当考え込まれてるのではないか?!と、ひととき見入ってしまいました・・・。

多面体の玉、単体です。透明の台の上に鎮座しています。
多面体で、かつ、指でつまめるような凹みがあって面白い!これって何でこうなるの? 
どうやったら、これになるの?! 今更ながら、凄ーーーい!!

いや~、さっきのネックレスといい、なんといいますか
とんぼ玉・・・・じゃないみたいですね。こういう、ガラスのオブジェみたいです。
今更ながら、なんでもっとよくみてなかったんだろうと思いますね。
この写真で見ると、とっても不思議な存在感でスッゴク気になります☆

長玉と、星座玉。ふたつとも、玉単体。この星座の玉は可愛いですね。
写っている長玉は、つや消しタイプで他に2種類ありましたが、
窓ガラス外から、じーーーっと眺めていた男性が、
ふいっとギャラリーに入ってきて、まっすぐ木内さんの棚に進み、
その2点を即座に「これ、買います」とお求めになられました。

男性でも、とんぼ玉つけるんだーと改めて思ったのと、
あの眼差しは、よっぽど気に入ったということでしょうから、
すっごく嬉しかったですね! お求め頂き、ありがとうございました♪

木内さんには、搬入の時から、会期中、在廊時、搬出時も、いつも細やかな
お気遣いでお手伝い、サポートいただきました! 右も左もわからず初体験で
アワワなちてな、最後までお世話になりっぱなしで、ありがとうございました!

ちてな、木内さんは、まだとんぼ玉を初めて2,3年なのかなあと
思っていましたら、あとで知ったのですが、もう作られて9年でした!

つや消し研磨玉ブローチ。シックでしぶいですねーーー。
細胞分裂みたいな柄ですよね。とんぼ玉で、艶無しって、こういう感じなんですね。

ネックレスのトップ部分を並べてみました。綺麗ですね~!
真ん中の右の英語のUの字みたいな形に、水色のぽこぽこや黄色の模様が
見えるのは、面白いですね! 木内さんに似合っているような気がします☆

下右、ストラップですが、犬と靴(サンダル)がついてるのは可愛いですね。
お客さんからも好感触♪ 「靴は若い頃、お世話になったのよね~」
と、感慨深げに見てたお客様もいらっしゃいました!

まるで、地球そのもののような、とんぼ玉リングの数々!
いろんな色柄があって、とっても綺麗で可愛かったです!
皆さん、すかしてみたり、指に付けてみたり、見る角度を変えてみたり、
相当悩んでから、お求めになってました♪

左上は、しずく型のペンダント。ほんと綺麗です~☆

赤レース玉。ちょっとカクカクっとしているのかな。
ちてなが思うに、見た中では、このとんぼ玉が、
木内さんに一番似ている、似合っているような気がしました。

頂いたご感想で多かったのは
●前からHPを拝見してました。色合いがとても素敵です。

●個性的で刺激になりました(羊毛フェルトマスコットのマチルさんより)

●地球のような色と光が好きです

●独特な世界観がステキ!
など、
皆さんから楽しんでいただけて、ほんと良かったです☆

とんぼ玉といっても、さまざまな色柄、デザインがあり、
たくさんの方が作られていますし、体験教室などもあります。

決してふたつと全く同じものを作ることが出来ない、とんぼ玉は、
それだけでも、その人が生み出した、その方の個性のかたまりでしょうね。
何でこんなに小さなガラスの世界に、私達は魅入られるのでしょう。
それはきっと、ある日見たら、この前見たときと全然違う景色を
ガラスの中で発見するから・・・なのかもしれません。
常に生まれ変わる。常に変わってゆく生き物、人間が
「不変の美しさを閉じ込めたくて、炎で溶かして込めた物」に
常に自分を映し、新鮮を求め喜ぶ様は、今後も変わらないことでしょう♪

木内志のぶさん、ご参加いただき、ありがとうございました!
改めて。作品、観賞させていただき、すっごく楽しかったです★
これからも、いろいろと作りたいもの、表現したいもの、
変化・進化していくかもしれませんね、とっても楽しみです!!
今後のご活躍、応援しています♪ どうもありがとうございました!(^0^)/☆

●ニジイロ硝子店 木内志のぶさん http://nijiroglass.web.fc2.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/25485621

クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」木内志のぶさんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko