にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
浅野陽 大原はだか祭り絵画展 北土舎
浅野陽(みなみ)さん個展 cafe & galerie NAJA
房総のむら 組紐ストラップ作りを体験をしてきました♪
房総のむら 畳コースター、ちよ紙ろうそく体験をしてきました♪
御宿のGallery カッテンマさんに行って来ました☆
佐原 River Way 正上さんで、とんぼ玉制作体験!
8月末に、STAGE銀座さんに行ってきました!
工房ガレ木さん。工房村を作ります!山や廃屋などを貸してくださる方、募集中!
道の駅くりもと紅小町の郷 第二回かかし祭りと、鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーと、白浜フラワーパーク
道の駅 三芳村 鄙の里 やきもの くりはら工房さん♪
野島埼灯台で、ストラップ作りをしてきました♪♪♪
いすみ市第五回かかし祭りと、砂の彫刻美術展と、ポッポの丘
休暇村館山で、キラキラ貝磨き貝の宝石作り体験をしてきました♪
ギフトなタレント展2012summer に行って来ました!
皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展
大泉学園 アートスペースSさんに行ってきました♪
岩瀬まゆみさんに、婚約指輪を作っていただきました♪
木村ひとみさんに、結婚指輪を作っていただきました♪
STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん
STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

高円寺DM配り・佐久間善典「UNREMARKABLE OBJECTS」、「シゲタカオリ作品展」、「シール展」
このエントリーを含むはてなブックマーク

8月1日(日)に、クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」のDMを配りに
高円寺のギャラリーさん巡りをしてきました! 順番としては、こうでした。

Too-ticki(トゥーティッキ)さん

ninni(ニンニ)さん

Galerie Juillet さん
大学生の男の子達の「シール展」が開催されてました。
3日(火)で終了しています。詳しくは、下でレポートします

茶房 高円寺書林 さん
「わたしのちいさいおうち展」の初日でした。
8/8(日)まで開催中。詳しくは↓

http://event.craft-en.com/2010/08/post-ca46.html

●原田さん、初日でパーティー(?)かな、
 お忙しい時にお邪魔しちゃってすみませんでした!(汗;)

Galleryたまごの工房さん
POSTCARD300人展が開催されてました。
8/8(日)まで開催中。詳しくは↓

http://event.craft-en.com/2010/07/post-3c94.html 

●初めて、ポストカード300人展、行ってきました!
 そして、投票してきました♪ 重なった山肌が清々しかった方と、
 同じ「草」の字がつく、紫色が印象的な象の絵の方です☆
 他にも、たくさんの素敵なカードがいっぱいあって、正直迷いました♪
 オーナーのたまごのおねいさんに冷たいお茶をいただき、
 少しお話させていただきました。いろいろ、展覧会に向けて
 アドバイス頂いて、嬉しかったです、ありがとうございます!

GALLERY 45-8 さん
Yoshinori Sakuma「UNREMARKABLE OBJECTS」が開催されてました。
こちらも、下でレポートしてます。

cafe 百音 さん
絵楽絵画展 「EARTH BELL」が開催されてました。
8/16(月)まで開催中。詳しくは↓

http://event.craft-en.com/2010/08/earth-bell-4e9a.html

●久しぶりに行ったのですが、オーナーさん、ご出産されてたんですね!
 おめでとうございます! 今は、育児休暇中で9月に復帰だとか!
 代りに、厨房にいらしたアルバイトの女性の方にDMを
 お願いしてきましたが、とても感じの良い素敵な女性でした~。
 どうも、ありがとうございました!

GALLERY工さん
「中田太陽 陶展 風が運ぶ話」が開催されてました。
8/7(土)まで開催中。詳しくは↓

http://event.craft-en.com/2010/07/post-0f2f.html
 
●とっても面白い、素敵な器が多かったです!
 形が丸いシリーズ物とか、素敵でした。そして、お客様で賑わってました~☆
 また、オーナーさんともお会いできて、ご挨拶できて良かったです。
 こちらでは、ちょっとしたお買物をさせて頂きました。下にレポートしてます。

猫雑貨&猫ギャラリー 猫の額 さん
「シゲタカオリ作品展 かみさまの伝言板」が開催されてました。
こちらも、下でレポートしてます。

●店主の木村さんには、展覧会に向けての、心構えなどのアドバイスを
 たくさん頂きました。嬉しかったです、どうもありがとうございます~!(涙)

⇒最後は、蜻蛉玉(とんぼ玉)専門店ばぶるすさん。一年ぶりくらいでしょうか。お久しぶりです☆
 「オーナー車で、ちてな回収ピコピコタイマー時間」が迫ってしまい、
 お隣のギャラリーRさんには、ばぶるすさんからお渡し頂くよう
 DMをお願いして、午後2時から夜7時まで、合計10箇所、走り抜けてきました!

=========================================================================

さて、ここからは、さらりとレポート。

GALLERY 45-8さんの、
Yoshinori Sakuma「UNREMARKABLE OBJECTS」が開催中。

こちらが、DMなんですが、中に入ってみると・・・

すごくいいですよ!
入ってスグの白い壁に、白い作品中心コーナーと、
奥の、照明が暗めで、赤字に柄の入ってる壁に
かけられた作品コーナーと、ふたつのシーン、作品が楽しめます!

個人的には、DMの作品、犬もしくは猫のような作品、
そして、こちらの作品と・・・ほとんど好きな作品ばかりです!

DMになってる作品は、実物見ると、存在感が半端無かったです。
ただただ、みいってしまいますよ。また、照明の暗さと壁にあってるんです!

これは、いったい、なんなんだろう・・・硬そうで、冷たそうで、無機質で??
でも、人肌の過去が蓄積されている、もしくは表面に沈着しているような気がして。
触れれば、もしかしたら、以前の記憶の断片が、指先から伝わってくるのでは・・・。

「これは、実は、なになになんです」の「なになに」の部分を知ると、
へえ~!、っとなりますよ!

是非とも、これはね、実際に観ていただきたい!
なんか、写真だと、平べったくなるような・・・。
感じることは、人それぞれだと思いますが、いざ、作品の目の前に立った時、
伝わってくる存在の空気は、ギャラリー内だからこそ味わえる、
貴重で特別なものだと思います。

Yoshinori Sakuma「UNREMARKABLE OBJECTS」は、
GALLERY 45-8さんで、8/29までの土日、開催。詳しくは↓
http://event.craft-en.com/2010/08/yoshinori-sakum.html

======================================================================

猫の額さんで開催中の、「シゲタカオリ作品展 かみさまの伝言板」の様子です。

北海道は、函館の作家さんだそうです。猫の額さんでは2度目の個展。

DMになっている作品。きちんとまじまじと鑑賞させて頂くのは
今回がはじめてなのですが、

猫の持つ伸びやかさ、柔らかさ、ふんわりさ、毛並みの気持ちよさが
存分に描かれていて、そこに生きているみたいです。

猫の額の木村さんが教えてくださいました。昨年の初個展の時、
この2匹のうちの黒猫が、トラ猫に、「こっち来ちゃ駄目だよ」
と言っている絵があったそうです。この絵は、その続きにあたり、
最終的に、天に召され、一緒になった2匹は、
「じゃあ、こっちはこっちで遊ぼうか」と、
楽しく遊んでいる・・・という絵なんだそうです。

猫に限らず、ペット、家族、その他関わりのあった方々、
命との別れは、ほんとうに辛い。でも見送り続けることで、
いつか、今度は、自分が、見送られる立場になる・・・。

木村さんの話しを伺っていると、死って、悲しいことじゃないのかもしれない。
限りある貴重な時間、命を授かり、与えらて、生かして頂いていることに
感謝の気持ちで最後まで生きていけば、いつか必ず終わりが来る。
そうしたら、肉体とはお別れだけど、また次のスタートに行けば
いいだけなのかもしれない。そこでまた、きっと、関わりあった方々と
違う形になったとしても、会えるのかもしれないのだから。
だから、ちっとも悲しくなんかない。今までどうも、ありがとう。
先に行って楽しんでてね。あとから行くからねって。また会おうね。
ただそれだけなのかもしれない。

瞳がワンダホ~!! 吸い込まれそうな澄んだ、美しい瞳!
猫、こんな表情するな~!って嬉しくなっちゃう。撫でたくなっちゃう♪
猫と一緒に、葉っぱやお花(自然)が一緒に描いてあるのが
素敵だなと思いますね。

立体小物も、すっごく可愛い~!!! 割と大きめなのですが
絵とはまた違ったお顔、丸みがあって、めんこいです♪

この絵が、一番ちてなのお気に入りです♪ 脇にかけてあって、
しかも黒い額だったので反射して撮るのに苦心していたら、
木村さんが、おろしてくださいました。ありがとうござますm(__)m

この上目加減の、透きとおった瞳、ちょっとだけ出ているキバ、
ふっくらとした、顔から首にかけての肉付き。
柔らかそうな、まるまるとしてお手手。
胸元の落ち着いた色の薔薇(?)
触りたい、撫ぜたい!! 可愛すぎる~!!! 
そして、観てると泣きそうになってしまいます。
この子は、たくさんたくさん、愛されていたんだなって。
そして、皆に愛を与えてくれてたんだなって感じます。

「シゲタカオリ作品展 かみさまの伝言板」は、
猫の額さんで、8/11(水)まで開催中です。詳しくは↓

http://event.craft-en.com/2010/07/post-855f.html

=======================================================================

最後にご紹介させて頂きますのは、一番最初に行った、
Galerie Juilletさんで開催されていた、「シール展」です。
(この展覧会は、既に終了しています)

ちてな、突然行ったので、オーナーの福田さんご不在で、
電話番号を伺って、電話をかけて、DMのお話しをして、
ご了承いただいたので、在廊していた作家さん(大学生の男の子3人)
に事情を話してDMを預かってもらいました。

せっかくなので、観ていこう・・・と。
最初、「シール展」という名前すら知らずに観てました。

絵(?)と、写真(?)と、水槽(?)とお人形がある・・・。

ひととおり見たのですが、油絵なのか、水彩なのか、コラージュなのか、
なんといったら良いのかわからず、現代アート??ですか???

壁に、背広姿で眼鏡かけてる男性がシュワッチしている絵のシールが
箱に入って壁にかけてあったので、
「これ、何枚も、上からつるしてあったら、面白いのに」
「それか、壁の下と床の間にL字にずらずらーっと貼り付けるとか」
「色違いや、背広違い、髪型違い、禿げてたり、バーコードだったり、
 眼鏡も変えたり、色んなパターンのキャラのシールがあっても面白かったのに」
と、気が緩んだのか、好き放題、感想を言うちてな(笑)

そのうち、大学生であるということ、
「シール展」という名前で、初めての展覧会であることなどを訊きました。

この日いた、3人の方の作品を、ご紹介させていただきますね。
(バタバタしててお三方のお名前を忘れてしまいました、ゴメンなさいm(__)m)

シュワッチ背広君シールを作った方の作品。
細かいことを忘れてしまいましたが、色の出具合などを
考慮したうえで、計算して印刷させたものだとか(違ってたら、ごめんなさい;)

ぱっとみ、綺麗な孔雀さん、水彩画かなと思った。
確か、そんな細かいことまで考えて作ったんだー凄いなー
と感心した記憶がある。

これは、「水槽」ならぬ「水葬」というシュールな題名。
3色の丸いシール、好きな色をとって、水槽に浮かべ、沈めてみる。
すると・・・・くっつくように形を変え、水槽の中を
流され、委ね、シールが舞って行きます。

作家さんに
「これは、シールを水に入れると、こんなふうにくっつくんだよ
 っていう発見を表現したかったんですか?」
と尋ねると、
「粘着力が無くなって、シールという役割を終えたもの=水葬という意味」
とのこと。
へえ~!!! これまた感心感心!
そんなこと、ちっとも考えたこと無かった!
着目点、発想(?)が面白いですよね!

「私だったら、水草かメダカを入れたい。または亀や、カニの置物とか」
「ちょっと、水槽が大きすぎたかね?」

などと、これまた好き放題、感想を言うちてな(笑)

3人目の方の作品。ぱっと見、油絵のようですが、
シールに色を塗って張り巡らしてあるもの(違ってたら、ごめんなさい;)
これも、面白かったですよ。ところどころ、重なった隅など、
はがせそうな箇所があって、思わず、はがしたくなる(笑)
でもはがしたところで、特に下に変わりは無い・・・のかな?w

写真のようですが、布であり、いろんな糸で縫い合わせてあります。
写真は、ご自身で撮ったもので、Tシャツなどに使う転写だそうです。

こうやって、ひとつひとつ観ていくと、
ただ『シール展』っていう名前だから、シール(糊が貼ってあるラベルみたいな)
作って置いてればいいってものじゃなくて、シール(印刷、転写など)
という、いろいろな意味の役割を色んな方向から、自分達なりに考えた手段で
表現した・・・ということなのかな!!

と、ここでは、さもスグにわかったように、すらっと書いてますが(笑)
ひとつひとつ、ちてながくだらない感想や
どうでもいい質問をしてお答えいただいているうちに、
作家さん達が丁寧に説明くださったものです。
その説明を訊いて、やっとこ、そうなのねー!っと納得しました☆
にぶにぶ大魔神でごめんなさいm(__)m
いやーしかし、やっぱ、お話し聞かないと、わからないこともある!!

なんといいますか、初めての作品展にしては
しっかりテーマを決めて、作られているので、凄いなーと感心しました。

先程の布に転写・・・の作品ですが、写真だけ観ると、意味深なものが多いです。
カラーじゃないからかもしれませんが、ちょうど、季節柄、怪談とか、終戦とか、
観ようによっては社会派ちっくな感じもしました。
そこまで本人は考えてないかもしれませんし、ちてなの深読みし過ぎでしょうが、
異様でもあり、些細ともとれるような、人、その時の感情によって
ふり幅が大きく変わるような現象を、何の感情もなく淡々と
映し出し続ける映写機みたいな感じ。

自分が、いつ「水葬の中で、エンドレスに漂うシールの変り果てた物」
になりやしないか。

私たちは、常に、様々な情報を見聞きし、取り入れています。
それこそ、シールのように、ぺたぺたと貼ったり貼られたり。
はがされたり、はがしたり。
このように、どんなことも、人から人へ、流れ流され、
ひとつところに留まることなく、変わっていくものなのかもしれません。
それを、自らが、どう、捉えるか。使うか、用いていくか。
人に伝えていくか。届けてゆくか。
うーん!シール展、深い!深読みしすぎですかね?

最後に、記念に、好きなシールをお持ち帰りできるそうなので、
選ばせてもらいました。おっと、シュワッチ背広君シールも、お忘れなく♪

ちてなが選んだシールです。
在廊していた3人、それぞれ1枚ずつ選んで持ち帰ろうと思い、
最初に好きな絵柄4枚を選び抜きました。
3人どれか一枚は、こんなかにあるだろうと思ったのです。

その上で、
「これ誰の?あなたの?」と訊いていったところ、
矢印の縦長シールは、布に写真を転写の方でした。
残り3枚・・・全部、同じ方でした! これは意外でした!

「えっ?!これも、これも、これも、あなたの?!」

やばい!もうひとりはどれなんだ?!と焦りつつ(A^-^;)

「あれ。じゃああなたは?」と訊くと、

「あ、僕、作ってないです、これだけです」
とシュワッチ背広君シールを指差しました。ほっとしました・・・。

ちなみに、この3枚描いた方は、水葬の方でした。

皆さん、これから社会に出られるようですが、将来が楽しみですね。
デザイナーを目指すのかな? それぞれの特色をいかして
伸ばしていけたらいいですね! 若者よ、がんばれ!(^0^)/☆

突撃飛び入りプチ取材でしたが、楽しかったです。
どうもありがとうございました☆

はい、最後に、この日購入した、お土産です♪
こちら、猫の額さんで買った、猫の木の置物です。
金色のペンダント、金色の耳、金色の爪、金色の尻尾。
なんともいえない眉毛に、青い瞳。艶のある赤いからだの色。
ひとめぼれです♪ お会計の時に、
「なんて作家さんですか?」と伺ったら、
「これは古物です」と言われ、絶句しました。
「作家さんのじゃなくて、すみません(汗;)」
「いえいえ、いいんですよ~。一期一会ですから。これ1体しかありませんし」
と木村さん。ありがとうございます~m(__)m

でも、何で、自分、これ買ったんだろう??
と考えてみました。すぐにわかりました、理由が!

じゃん! こちらの、右側、赤いふくろうは、以前、ギャラリー工さんで買った、
ペルーの作家さんのチュルカナスのやきものです。

で、今回、一年ぶりに行きましたら、左に映っている
水色のペンダントがありました! これは買わないと!
とすぐさま気に入って購入♪ 早速つけてますよ♪

このふくろうをギャラリー工さんで買ってから、猫の額さんに行ったんです。
だから、似たような系統で、この猫に目が行って選んだのかもしれません。
似てますもんね、雰囲気、この3つ。
右の赤いふくろうも、出来ればペンダントにしたいな~*
いいお買物をしました♪♪♪

2010-8月- 6 トップ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.