にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
浅野陽 大原はだか祭り絵画展 北土舎
浅野陽(みなみ)さん個展 cafe & galerie NAJA
房総のむら 組紐ストラップ作りを体験をしてきました♪
房総のむら 畳コースター、ちよ紙ろうそく体験をしてきました♪
御宿のGallery カッテンマさんに行って来ました☆
佐原 River Way 正上さんで、とんぼ玉制作体験!
8月末に、STAGE銀座さんに行ってきました!
工房ガレ木さん。工房村を作ります!山や廃屋などを貸してくださる方、募集中!
道の駅くりもと紅小町の郷 第二回かかし祭りと、鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーと、白浜フラワーパーク
道の駅 三芳村 鄙の里 やきもの くりはら工房さん♪
野島埼灯台で、ストラップ作りをしてきました♪♪♪
いすみ市第五回かかし祭りと、砂の彫刻美術展と、ポッポの丘
休暇村館山で、キラキラ貝磨き貝の宝石作り体験をしてきました♪
ギフトなタレント展2012summer に行って来ました!
皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展
大泉学園 アートスペースSさんに行ってきました♪
岩瀬まゆみさんに、婚約指輪を作っていただきました♪
木村ひとみさんに、結婚指輪を作っていただきました♪
STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん
STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

銀座DM配り巡り ボザール・ミュー 野沢竹志個展
このエントリーを含むはてなブックマーク

8月7日(土)に、クラフト縁展「はじめまして、こんにちは。」のDMを配りに
以前、取材させて頂いた、お世話になっている、銀座のギャラリーさん巡りをしてきました!

ACギャラリー「関根洋子展」、ギャラリーツープラス「山本萌美展」さんの感想はこちら。

全部で8箇所回ってきたのですが、そのうち、
ボザール・ミューさんで開催されていた、野沢竹志さんの鉛筆画の個展
がとても素敵だったのでご紹介させていただきます♪

さて、ボザール・ミューさんにお伺いするのは、
2009年の9月に久保田さんの個展鑑賞・取材以来ですから、11ヶ月ぶり!
宮地さんとも、ご挨拶できて、DMのお願いも出来て、ほっとひと安心♪

何の予備知識も無く行ったのですが、サイトで日程は見て知っていました。
鉛筆画の野沢竹志さん、ボザール・ミューさんでは初個展だそうです。
最終日であり、作家さんご本人さまともお会いできました。ラッキーです♪

暑い午後に行ったので、冷たいお茶を頂いて、暫しお話しをしてから、
ゆっくり観させていただきました。ボザール・ミューさんに来ると、
ついついのんびりしてしまう、ちてなです(笑;)

ちてな、鉛筆画って、ただただ、ひたすら厳密に、生き写しみたいな
デッサンだったり、動かないもの、貝殻や、植物などを描く静物画
のようなものか、昆虫や、蝶などの緻密に細かく正確に描写するもの
だと思っていましたが、あ、鉛筆画って、生きている、動きのあるものを、
描くことも、あるんだなとこの時、改めて知りました。

野沢さんは、「猫の喜怒哀楽を描いてみました」とおっしゃっていました。
なるほど、驚くほど、表情豊かで見入ってしまうこと多し。
また動きがあるんです。この動き、猫、するよね、わかる!
可愛い~♪と思える絵がそこかしこにあって、その発見が、とても楽しい!
たくさんある中から、特にちてなの好きな作品をご紹介させて頂きますね。


「美人ねこ」
入ってスグ、入口一番最初に飾ってあった、DMにもなった作品。
トップバッターにふさわしい、ほんと可愛い!美人さんです!!
この、お胸や腰周りのふわふわ感がたまりません♪
尻尾も、猫じゃらしみたいで、触ったら気持ち良さそう♪


「微笑」
なんともいえない、一瞬。情けなくも、愛おしい、愛すべき破壊力(笑)
野沢さん曰く、
「この絵、なんかに似てるなーって、ずっと気になってたんです。
 ようやくわかりました。ヨーダ(スター・ウォーズ)に似てません?」
もうそう聴いた瞬間から、この猫ちゃんは「ヨーダ」です。
もうヨーダにしか見えません(笑*)
お客さまからも、そういったお声が多かったそうです。

友情出演のワンちゃん2匹。これがまたねー、可愛いんですよ!
実物は、もっと神経質そう(?)な、目が隠れている、おじいちゃん犬
みたいなイメージがありましたが、
この2匹は、なんともお目目が訴え感があります。
ちなみに、奥が親で、手前が子供だそうです。

それにしても、鉛筆一本で、こんなに描いてしまう、色はほんとに要らなくて、
鉛筆だけで完結しているって、やはり、凄いですね!

ただ寝ている、だけにあらず。題名は、「慈」
寝顔、寝息、時たま動く耳やひげや、口元、息と共に波打つ、
毛の一本一本。命、そこにあるだけで、「慈」。そのものですね。


「童ねこ」
この作品を観た時、釘つけになりました。
なんだろう・・・猫とは思えないような、瞳。この瞳、異様な力があります。
吸引力が半端無い。観れば観るほど、不思議というか、猫なんだけど、
神秘的で、この世のものとは思えないような神々しさが。

じっと私を見つめる貴方、貴方は、私に、何て言ってもらいたいの?
なーんて、微笑んでいらっしゃるような・・・。

野沢さんは、ある種明かしをしてくださいました。
それ、聞いちゃって良かったのかな??とも思ったり。
でも、だからといって、この作品の魅力が半減することはありません。
知らなかったとしても、100パーセント。
知りえたとしても、120パーセント。不動です。

偶然、ちてなは聞くことができた、果報者でございます。
会期中、ご来廊されて、実際にお話し伺ったお客様もいらっしゃることでしょう。

直接お会いできることも、ラッキーですが、その場で話し交わした内容も、
ほんとうに一期一会ですね。自分が訊きたいこと以上に、
作家さんの口から作家さんの言葉をお伺いすることができるというのは、
こんなに嬉しく、ありがたいことはありません。
作家さんは、普段、無口で語らない方が多いでしょうから、
こういう時だからこそ、伺えるお話しというのもあるのです。
そのようなお話しを聴くことができるのは、ほんとうに貴重な経験です。


「ねこのお掃除」
この絵も好きです~! 見ますよね、こういう猫!(喜*)
尻尾の動きが目に浮かびます。見えてきます。
本人は、まったくそんな「掃除している意識」はなくって。
そして、えてして、「余計に散らかってしまう状態」に
なっていなくもないという状況を知っていて楽しんでいるのか
知らずに暢気に動かしているのか…こればかりは、猫のみぞ、知る、ですね。


「探しものは何ですか」
この猫の動きも、よく見ますよね~♪
塀から、ひょいっと降りてきて、きょろきょろっと警戒しつつ歩き出すその瞬間。
題名がまたとても、素敵で納得してしまいます。


「ねこをなめたらいかん」

喜怒哀楽の「怒」でしょうか。
このような鋭い目の猫が、実際にいるのかどうか、わかりません。
ちてなは、見たことがありません。
でも、じゅうぶんに、この絵の中で、この猫は私たちに伝えています。

「猫をなめるな」というより、「命を命として尊ぶ気持ち」が
最近薄くなっている傾向があるのかもしれません?

犬猫に限らず、動物、植物、昆虫などに対して、人間と同じ言葉を話さないからって、
好き勝手し過ぎ、横暴なところがまだまだあるように思います。
一所懸命生きようとしている命は、命を粗末にするものよりも
はるかに百倍、美しいと思う。


「思案中」
この猫も、魅かれます~。こういう顔の人、いるような気もします。
この作品だったか忘れましたが、何かの作品で、
模様(猫の)が絵には描いてあるけど、本物(写真で撮ったもの)には
実際は無かったのを、敢えて書き足した、というものもある
と伺いました。それはそれで、絶妙な
「作品を完成(本質)へと導く為の欠かせない間の美しさを創りだした」
ような重要な作業のような気がします。

昔、テレビでやってました。かの、ロダンも、彫刻で、どう考えても、
普通の人間とは違う腕や足の長さ、比率だったりというのがあった。
あえて、見せたいところを強調する為に伸ばし、余分な部分を減らす。
そういった、「見せたい、表現したい美しさ」を追及して、
その為に、実際には無い、不可能なものを有りにする、可能にする、
そういう「美の表現方法」もあるんだなーと感心した覚えがありますが、

まさに、そういうことなのかなと。
鉛筆画といっても、「スケッチ」「写生」ではないのだから、
私たちの目に前にお披露目、展示された状態で
私たちは「作品」として対峙しますので、
そのようなお話しを聞くと、今、目の前にある作品が
もし、違っていたらと思うと、今、観ることが出来る作品に感謝しつつ、
また別の意味でどうなっていたんだろうと、楽しく感じられます。

この手足の短い猫、「マンチカン」という猫で、
今、ペットショップでは大人気だそうです。知りませんでしたー。
このTシャツは、人気で、もうありませんでした!
これは、親子(お母さんと子ども)で着たら可愛いと思います!


「遠い日」
この猫・・・今更ながら、見てみると、野沢さんに似ているような気がします。
この腰のラインと、顔の角度がなんともいえない、魅かれます。


「夢の中」
この猫の後ろ姿、素敵です~!好き!!
野沢さんも「猫の後ろ姿が好き」とおっしゃってました。
また、「こんなの猫じゃない」「こんなの(手や足など)おかしい」
と言われることがあるそうです。お客様で、面と向かって、
そんなこと言う人いるんだー!と、びっくりでしたが、
(細密画だったら、そう言われても仕方ないかもしれません?)
でも、確かに、骨格、関節、筋肉などから言ったら、
そうでないところも実際にあるのだそうです。

猫の可愛さや、猫を鉛筆画で描いているけれども、
猫をそっくり描くだけではつまらない。
この夏の暑い中、電車賃など交通費をかけて、わざわざ来て下さる、
どれだけお客様にとって大変か。そんな大変な思いをして、
来て下さった皆さんに、少しでも作品を観て楽しんでいただきたい、
エンターテインメントにしたかった、というお言葉を聞いて、はっとしました。


「やったぜ」(この絵、最高に好きです♪ 顔がほころんじゃう♪)

作家さんって、千差万別、いろんな方がいて当然で、
ひたすらに、描きたい物を好きなように描くか、
自分だけの自己流の方法で自分色を発露させて表現して行きたいのか、
勉強して努力して技術を上げて技を磨き、その技量を評価してもらいたい
ような人もいるんだろうな~と漠然と思っていましたが、

それだけじゃあないんですね。
野沢さんのように、自分が描ける技法で、描きたいものを描きながらも、
観る側の人のことを考えて、相手のことを考えて
「お届けする、提供している感じ」というのでしょうか。
そういうのって、改めて、素敵!と思いました。

だから、あるがままをありのままにそのまま描くだけではなく、
省くところは省き、伸ばすところを伸ばす、足したり、加えたり、
特注したりするのですね。全ては、「いいものをつくる」そして
「楽しんでいただくため」でしょうか。

この後頭部、どこかの誰かに似てるな~と思っていた野沢さん。
思い出しました、亀井さんです(笑) これには、観に来て下さった方、
全員、「似てる!」と満場一致で好評だったそうです。

題名は、「亀井さんですか?・・・いや、ちがいます」


「幸せになりますように」

この腰の部分のハート型・・・素敵です!
野沢さん曰く、ハート型の模様の牛のニュースを見て
この作品になったそうです。だから、この題名なんだとか。

すみません、この作品だけ、題名がわかりませんでしたm(__)m
この猫ちゃん、「童ねこ」と同じくらい、立ち尽くしてしまう絵でした。
ただ、そこに座って見上げているだけで、生きている、存在証明。
彼らは、私たちを見ているし、私たちには見えないものも、きっと見えているはず。
いろんなものを見て、聞きながらも、私たちと共に生きている。

ちてなも、この先、いろいろなものを観ていくことと思う。
そのどれもが、ほんとうで、真実で、かけがえのないものだから、
観つづけていきたい、感じていきたいなと思いました。

ボザール・ミューさんを出たら、猫が寝ていました(笑)
はあああ~っ、ほんまものの猫だあ~♪
ついつい、顔が緩んでしまい、寝てるところを激写♪

この日、記念にお土産で買ったポストカードです。
ハートの猫ちゃん、可愛い~♪♪ まんまるの猫もほわんほわんで可愛い♪

ほんと、観始めたら、どんどん楽しくなってしまって、
野沢さんの「観に来て下さった方を楽しませたい」のお話しには、
とっても心動かされました! ちてなは、じゅうぶん楽しみましたよ!

野沢さんの個展、鑑賞することができて、お会いできて、
ほんとうに嬉しかったです。来て良かった~☆ 
ボザール・ミューさん、野沢竹志さん、どうもありがとうございました(^0^)/☆

野沢竹志さんブログ 1+1はネコ

●ボザール・ミューさんでは、このあと、8月21日(土)まで、
 「なつのねこさん ひかげでひるね展」が開催中。
 野沢さんも参加されています。どうぞお立ち寄りください!(詳しくは、画像をプッシュ↓)

2010-8月-14 トップ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.