« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月17日 (木)

久保田英津子さん個展「ちぃちゃい」 に行ってきました

今年も終わってしまう~! お待たせいたしました。
9月18日に行ってきた、銀座・ボザール・ミューさんで開催された、
久保田英津子さんの個展「ちぃちゃい」の取材レポートです!

もう、ただただ、素敵な絵です。ちてな大好きなのです。
静かで落ち着く、豊かな気持ちになってきます。

年の瀬で、何とも忙しない日々でございますが
どうぞ、このレポートで、皆さんそれぞれの「ゆく年くる年」を胸に
久保田さんの絵をご覧頂けましたら、さいわいでございます。

2007年の個展「窓辺に猫とふわふわ」で初めて鑑賞、
取材させて頂いた時にお会いして以来、2年ぶりの個展です。
今回も久保田さんにお会いできました! 嬉しかった♪
いろいろお話できて、楽しかったです☆

それぞれ作品の題名と、ちてなの感想というか
絵を見て勝手にイメージした妄想を添えてご紹介していきます。
まずは、頭に葉っぱの生えてる猫ミャーンの絵から。

「夜空の家々」
あああ~。上手に写真撮れなかった、ごめんなさい。
もっと深みのある濃い夜空の色なのです。三日月の上に雲の街がある。
月も動くけど、雲の街も夜更けとともに流れてゆくのでしょうか。

「空の家々」
雲の上にそれぞれのお家が。見上げるミャーン。
家って、不動のものというイメージあります。
家の購入って、一生に一度の大きな買物ともよく言いますよね。
根を深く地下に伸ばすようなイメージの家が雲の上にある。
こういう世界、雲好きちてな、大好きです♪

「3つの塔」
この塔の壁の質感がたまらない~♪♪ 思わず撫ぜたい!
赤い三角お屋根、細い窓、少しだけ見える階段、好きです♪
それにしても、ミャーンは目が魅力的。ほんとうに生きてるみたいに輝いてる。

「ままごとの時間」
奥にある、白い高い塔に住んでいるのでしょうか。
遊びの時間で、お庭に出て、お家セットで遊んでいるのかな。
ちいさなお家でチェスをしているような気分?
子供の頃、キキララのお家で遊んだなあ~。懐かしい*

「黄色い家と青い家」
この、黄色というか金色のようにも見えるお家! この壁、最高! 
ほほ寄せたい! そして何ともいえない形、屋根、素敵!
ミャーンが持っている小さな青い家も、煙突から煙が出てる。
この青い家にも、もしかして私達、入れたりして。
煙と雲が流れるけれど、時は止まったみたいに永遠。
ミャーンのお髭も揺れるかしら。

「ちらっ」
丸い円筒のような高い塔の上にお家がある。
誰のお家か、あててみようか。誰が住んでるか、教えてあげようか。
ほんの少し見える尻尾に、口元ゆるんでしまうよ。

「雲の樹」
こちらは、2007年の時の個展で見た作品ですね。
やっぱり、好きだなあ~。雲の樹、わたあめじゃないよね?(笑)

「空への路」
こちらも、2007年の時の個展で見た作品。
この、雲にはしごをかけるという発想が好き!
きっと目に見えないだけで、あるかもしれない。
もしかしたら夜寝ていて、無意識に登って遊んでいるかも。

ここからは、エッチング作品をご紹介していきまーす。

「咲いたよ!」
小さな雲の樹が咲いたようです。
なんか自分のレベル(パワー)が上がったようで、嬉しいな♪

「雲便」
チビロの元に、ミャーンから届いたのでしょうか。
それとも、これから送るのかな。
雲さん、ありがとう。お疲れ様。また、よろしくね。

「ふわり」
傍らに飛んでいる鳥さんが、何気にタイプです!
ひょっとして、七色の声を持っているのじゃないかしら。

「ひと休み」
木枝に雲を結んでおいて。君も休むといいよ。風に任せるといい。
鼻歌なんかもいいね。ちょっと待っててね。次は何処に行こうかね。

「落葉雲」
雲の樹から、枯れ葉が落ちて。宛てなく吹かれて、寒くないかい。
遠く飛ばされ、それでも、いいかい。それとも風は、友達なのかい。

「雲吹き」
雲の子を吹くことができます。みんなのもとにも届きますように。

「やぁ! -ついて来た- 」
僕についてくるなんてさ、好奇心かい、冒険かい。
一緒に行くかい、それもいいね。何が待ってるかは、お楽しみ。
言いっこなしだよ、僕は何も知らないんだ。道のままに、未知のままに。

「箱雲」
これいいですね~。好きです! 箱の蓋を開けたら、雲が出てきて…。
雲は家の中を一周して、ひととおり見て終わったらミャーンに近づいて、
きっと何かを言うに違いない。ミャーンはそれを期待していて…???

「雲売り」
こちらの作品も好きです~☆ 足元の川のような道が不思議!
遠くにある丸い丘(?)から生えてるような塔たちもツボ*
雲は、複数固まってこの状態なのかしら。
ひとつ頂くと、もっと小さいということかしら。

「雲の樹」
こちらも、2007年の個展の時にみました作品。 やっぱり好きです~* 
きっとあの丘のはしごから空に上って雲の樹の種を摘めるんだと思う♪
これから育つ雲の樹。まだ目もあいてないかもね。

こちらの豆本は、久保田さんの絵が豆本になった貴重ないっぴん!
豆本作家 さかいやすこさん が制作された豆作品集「くもねこ」。
大小2サイズで大が7cm×5cm、小さい方はその半分サイズ。

じゃじゃじゃ~ん♪ 中はこんな感じ。
実は、ちてな、記念でお土産に購入したのでした♪
さすが豆本、普通にしっかりした本です!
なんかもう、小さいというだけで、愛おしくて、壊したくなくて、
むやみにあけたりめくったりできない小心者です~!(笑*)

ここからは、お目付け役のかえると共に行動する猫チビロの作品を
ご紹介していきます。

「チピロ的BONSAI」
いいですね、背の高い盆栽。
ただ剪定していくと、これら小さな家たちは、どうなるのでしょうか。
自然に上に移動していくのかな(微笑ましい♪)

「花雲」
う~ん、いいですねえ~***
桜が雲の上から散るって、想像つきませんでした。
誰の頭上にも、同じように舞い降り。誰の足元にも、同じように舞い散る。

「日光浴」
この丸い感じ、いいですね! 地平線が丸くて、木のシャワーの背も丸くて
バスタブも丸くて。背中洗うタワシ(?)のえも丸くて。
向こうに見える三角の家と、シャワーの木の家と、手前の家。
これらも3つの小さい家を繋げたら丸いぐるぐるなかんじ??
あ、蛙さんも一緒に浸かってる(笑) チビロは何を思っているのかな~♪

「月光浴」
こちらは、月光浴。月を愛でて、月の光を浴びながら、
ワイン飲みながらなんて素敵~☆ ここでも蛙さん一緒ですね。
小さな家も、のっぽさんと平たいのが連れ添って月見してます。
またもや壁の質感がたまりませーん! ちてな、壁フェチ?(笑)
何気に下の小さい家の隣にある紫ピンク色のボディシャンプーかなあ。
その入れ物がとても気になります♪ 
あとタオルのラベンダーみたいな絵柄も好き♪
これ「日光浴」でもタオルに同じ柄がありましたね!

「それぞれの帰り道 -チピロ-」
チビロの絵、最後はこちら。 一目見てスグ「おっ♪」と好きになりました。
この夕焼けの色、いいですねー。ぐっときます。蛙さんが雲に乗っています。
蛙が鳴くから帰ろかな~♪って暢気に歌ってるようです。

「それぞれの帰り道 -ミャーン-」
こちらは、ミャーンの帰り道の作品。雲の上の家たちも、いっぱい遊んで
心地良い疲れの余韻にひたり中? お家に帰って、ゆっくりしましょ♪

ちてな、どうしてもミャーンの目に魅かれます。
目に光が宿っている、灯っているような。
それと、ピンとした、まっしろで生命力あふれる髭が好き。

ここからは、ちてなの好みベスト5です。

第5位! 「雲送便」
ミャーンのもとに贈り物が届きましたよ。あれ、もしかして、
エッチングの「雲便」でチビロが出してたのは・・・これだったのかな!?
なんといっても雲がいい! あの雲の形・・・幸運を告げる天使みたいです。

第四位! 「雲栽培」
せっせと雲の樹を育て栽培していくミャーン。
雲の樹は成長したら、どうなるのでしょう。
いつの段階で、どの時点で巣立ちの時を迎えるのでしょうか。
窓から空を眺める雲の樹。外の世界は広大無辺です。
ひとりで泳いでいくしかありません。
しかし、ちっともおそれる事はありません。
万物は寄せられ引かれ離れては出会うのですから。

第三位! 「晴れ、所により雨」
こちらも2007年の個展で見た作品ですが、やっぱり、好きー!(嬉しい♪)

あなたが声高に笑う日も、しめつけるよな痛み抱える時も、
何かを信じ祈る時も、項垂れて涙流そうとも
空はあなたを見守り続けています。
空はあなたを見捨てることはありません。
朝も昼も夜も。あなたが眠りについてる間も。空はあなたとともに。

第2位! 「ムフッ!」
こちらの作品は、小さい作品でしたが、
壁にあったのを一目で「可愛い!」と気に入りました。

ミャーンの頭上の葉っぱに雲が生えて?! 嬉しそうな一瞬。
雲の表情も満足気でおきゃんな音符マーク生まれそう。
奇跡のような輝石のような、ささやかな、ひとときのご褒美。

「3つの塔」
第一位を前に、ちょっと戻りまして。こちら冒頭でご紹介しましたが、
何となく、この作品を見て今の自分の現状とだぶりまして、気になったのです。
だぶるというのは、1LDOには、買ったけど使っていないリフォームしていない
一戸建てが3軒あるのです。。。オーナーが「お買得」と破格安値で購入。
・・・したはいいけど、リフォームする時間も費用もなく放置。。
埼玉県新座市、東京都練馬区、今年に入って千葉県東金市も購入。
こうして3軒も抱えてしまい、どーーーーすんの、リフォーム!
と、頭の痛いちてななのです。。。
ちてなは、東京か埼玉のどちらか1軒に移り住み、
どっちか1軒を駐車場&事務所にして、
たまにギャラリーとかアトリエにしたいのです。それで・・・

はい、第一位はこちらです。もう一目見た瞬間から、ぱっと後光&目の光が!!!

第一位 「マイホーム?」
このミャーンの首の傾け具合と、腕にしっかりと抱えた
赤い三角お屋根の白い家!!! 後には家々が立ち並んでいます。
もう~~~、これ見た瞬間、あーーー!!! 
まさに、今のちてなの心境にピッタリだわと!(笑)

マイホーム。それは私という人間の居場所。
食べて寝て生活する空間。日々の暮らしを営む場所。

昔は、自分の居場所を定めたいって思ってた。探したいって思ってた。
自分の居場所は何処だろうって。人から脅かされたくなくて。
自分を守るために。決めて安住したかった。

それでいて放浪絵描きに憧れた。吟遊詩人にも憧れた。
根無し草のような生き方もいいんじゃないかって思った。
流れ流れる果てなく変わる雲に憧れた。
雲に乗って何処まででも自由に彼方へ行きたいって思った。

(「誰ん家?」こちらは、白黒猫のマーシュ。
 この黄緑色の背景がすごく素敵です!!!見入っちゃいました♪)

何となく、自分は、どこに行っても生きていけるような気がする。
どんなことがあっても、生きていけるんじゃないかと。
根拠の無い漠然としたものですが。
しっかりと自分を持ってさえいれば。自分を見失わなければ。
地の果てであっても、住めば都なのだと思うのです。

家が変わっても、場所が変わっても、付き合う人が変わっても。
やりたいこと、やること、仕事、好きなことが変わっても。
自分の居場所、それは、自分の心を自身で満たすことだと思う。

誰に何を言われても言われなくとも、何処に行ったとしても、何処の誰でもなく、
わたしの居場所は、わたしがわたしらしく、わたしであり続けること。
自身を認め、向き合い、放ち、己を生かす。
見捨てず、くじけず、へこたれず、長い目で一歩一歩。
自分を大切にし、培い、築き上げる。わたし以外の人は誰もできない、
わたしという人間をまっとうすること。
それが「私の居場所は、ここである」ということなのだと思う。

久保田英津子さん、ほんとうに素敵な作品を、
どうもありがとうございました!!!

皆さんも、元気で穏やかに、新しい年をお迎え下さいませ~!

●久保田英津子さんHP「チョコルーム」

●2007年の個展の取材レポート

●銀座の画廊 ボザール・ミュー

2009年12月10日 (木)

MORE THAN HOMAN 展 ロボット編

10月に、新宿のマルイワン1階で開催された
「MORE THAN HOMAN 展」 の取材レポートです。

とにかく楽しくて面白くて、夢中で写真を撮ってきましたところ、
皆さんに是非ともご紹介したい、お見せしたい画像が
100枚ほどあったので、急遽4つレポートを作成しました!

それぞれ
●MORE THAN HOMAN 展 ロボット編
●MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編
と分かれています。
順繰りでも、好きなページからでもお好きなようにご覧下さい。

尚、画像が約25枚ずつ登場しますので携帯から見るのは難しいと思います。
またPC環境によりましては、表示されるのに時間がかかる、重たい、
ということもあるかと思われます。ご了承下さい。

それでは
【MORE THAN HOMAN 展 ロボット編】はじまります!

洋服は勿論、板にも、アクセサリーにも、描けるものなら何にでも描く、
アーティスト宝満雄大(ほうまんたけひろ)さん。
もともとは、クラフト縁で個展案内を頂いたのをきっかけに、
うちのオーナーがサイトを拝見してすごく気に入って、
web shopでリストバンドや手描きの板、バッチ、ネックレスなど
イロイロ買わせて頂きまして、ちてな共々、楽しませてもらってます♪ 
この日は、購入したネックレス、リストバンド、バッチをつけて行ってきました~♪
web shopでお世話になってる、スタッフの安達美香子さんと
この日、初対面!! 興奮最高潮のまま撮影の開始です。

まずは、このガンダムと、ザクのフィギュア!
このフィギュアそのものに、宝満さんが手描きペイントされているのです!

ガンダム~!! これから戦いに行くところみたい。

後姿がかっこいい~!! 見えますか? 細かくびっしりと描いてあるの。

下から見上げてみました。し、しぶい~!(喜*)
なんか、大魔神みたいです。

ザク。よくみたら、改めて、いい形をしているってことに気がつきました。 
この立ち姿、みてください! 誉れ高しです!
宝満さんの手描きがよりいっそう美しさをひきだしているのかも?!

後も裏も細かいところも、どこまでもどこまでも
ど~こ~ま~で~も、書いてあります。

神々しくもあります。もうすっごく見入ってしまいました。
ちてな以外にも、男性女性年齢関係なく、
「うわ~」と皆、吸い寄せられて食い入るように見てました。
離れがたい、離れられない、どこに視線をやっても、釘付け。

いつもお客さんが囲んでは流れてゆくガンダム、ザク周辺。
もうここだけで、かなり満足感に浸ってしまってます。
まだまだ、MORE THAN HOMAN 展の入口、第一章に過ぎないのに・・・。

このガンダムとザクが展示されているケースの下の絵。
こちらも、宝満さんが描かれたもの。こういうの大好きです!

この絵がとっても面白くて可愛くて、
いつまで見てても飽きませんでした♪ この紙、展示終わって、
もう使わないんだったら欲しかった~! 鼻息荒し♪

窓際に飾ってあった、ロボット! 赤、青、黄の3体!
かっこいい~! と、きゃーぴーもだえてたら、
安達さんが、外を向いてた赤と黄色のロボットを
こちらに向けてくださいました。ありがとうございます♪

青色のロボット。お腹にもうひとつ顔があるみたい。
そして、宝満さんの手描きがまたあっててかっこいい!

勢いが止まってないと思うんですよね。流れるみたいに。
もう、子供のように無心で見てしまいます。

黄色。りりしいですね~! 

今にも動き出しそうです☆

赤というか、ピンクっぽいかな。マジンガーZかな??

罪を憎んで、人を憎まず。やさしい感じがしますね。

上に飾ってあったもの。ロボコンかな??

なんか、これはこれでまったく違うキャラクターみたいですね!
ほんと・・・口開けっぱなしで見てしまいました。

この世界に、同じものがふたつとない、たったひとつしかない、
それぞれ手描きペイントされたロボット達。
その圧倒的な存在感に、ただただ、子供のように右や左、上から下から
横から斜めから、縦横無尽に見ても見ても尽きない!!!

もう、ほんとうに、やられました!(喜*)

以上、【MORE THAN HOMAN 展 ロボット編】でした。

続きは・・・
●MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編

MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編

この取材レポートは、
●MORE THAN HOMAN 展 ロボット編
●MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編
と4つに分かれています。
順繰りでも、好きなページからでもお好きなようにご覧下さい。

ここからは、【MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編】です。

宝満さんは、紙の上や、アクセサリーにも描かれます。

このノートは脱力でした♪ 可愛い~♪
ほんと、記念でお土産に買うの最後まで散々迷いました。

展示してあったアート作品。何描いてあるのかよくわからない
繋がりや意味、脈絡があるのかどうかも読めないところが、
そこが面白い! そして、色も綺麗なんです*

遠近感も、過去も未来も現在もひっくるめて楽しい!
見てると、力が湧いてくる! そんなところが大好きです*

シルバーネックレスのトップや、指輪。ひとつひとつ彫ってある。
ちてなも、オーナーも、買わせてもらってます。
なかなか形がかっこよくてお洒落なのです♪

こういう、ケースに描いてあるのが多かったです。
ひとつひとつ、また、趣味趣向、性格が違うんだなあ(笑)

はじめてみました、手描きぬいぐるみ。こういうの、大好き!!(喜*)
細かくて手が混んでいて、ふふっと笑っちゃう。

入ってスグのところで、リストバンド、携帯ケースなど展示されてました。

ここでも、そこここで、ぬいぐるみとケースが。
なんだか、人間見てるみたいな気がしてきた・・・(笑)

どれもこれも、すべて手描きで手づくり、いっぴんものだから
それが凄いと思います。同じものを大量に作る世の中にあって
たった、ひとつのものだけを手を抜かず、尽くして籠めて作るって、
私たちは、「可愛い~!」って感激して見て終わってしまいますけど、
作ってる方は、凄い時間、労力、努力、パワーだろうなあと思います。

人気の高かったリストバンド。ちてなもオーナーもいろいろ持ってます♪
中には、リストバンドを数個繋げて、ベルトとして使用してる方もいるとか*

携帯やタバコなど、いろいろ入れられるケース。これも
いろんな形があって、ちょっとずつ違って可愛かったです♪

はい、窓際には、手描きペイントされたケースと、ちいさなフィギュアが・・・。

うーん! どの子もいい!(嬉*)いい顔してる!

誰か、ミュージックビデオで使ってくれないかなあと思っちゃいますねw
このケースが、それぞれ動き出したら面白そうなのに☆

はい、フィギュアとケースたちご一行様。
もうこの子達を写真撮るの、すっごく楽しかった!!
だって、どの子も可愛いんだもん! 
どこから撮ったらいいか、ほんとうに嬉しくて困った。
何度も何度もあっちこっちそっちから撮りまくりました。
安達さんが、まだ撮ってるの?? と、呆れたかも・・・(苦笑;)

では、可愛いフィギュアたちを順々にご紹介しま~す!
皆さんも、近くで見てる気分で読んで下さいね。

青い線に白い線がアクセントの子。
お腹に描いてあるロボットがぷりてぃ~♪

あの~、僕、そろそろ、あっち行きたいんですけどー。(妄想)

おい、ちゃんと撮ってくれよ、と突っ込まれそう。

このケースに描いてあるの、外国の焼肉のたれの瓶みたいw

この後姿がたまらん☆

えええ~? なんか言いましたぁ~? って声が聞こえそう。

これから、出勤するとです。(どこにだろう?*)

ああ、もう、ほんとうに、素晴らしい!!
ガンダムなどのロボットもかっこよかったし素敵だったけど
この小さいフィギュアも面白くて可愛かった!!!

この子達は、きっと、各々、気に入ってくださった方たちの元に
旅立っていって、それぞれの地で新しい時を過ごしているのだと思うけど、
こんまいこんまいパーツが集まって、それでもとっても小さいけれど。
ちっこいからだにエネルギーが詰まってる。これから物語が始まるんだね。
ここでこの子達に会えて良かったなあー。楽しくて夢のような時間でした!
ありがとうー!!(感激*)

以上、【MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編】でした。

続きは・・・
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編

MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編

この取材レポートは、
●MORE THAN HOMAN 展 ロボット編
●MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編
と4つに分かれています。
順繰りでも、好きなページからでもお好きなようにご覧下さい。

ここからは、【MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編】です。

立体フィギュアの手描きペイントを楽しんで頂きましたが、
ここからは、洋服などの身につけるものになります。

10月初めだった事もあって、まだ半袖のTシャツなどもありました。

このスニーカー(?)。靴にも手描きアートが!
とっても爽やかで、可愛い~☆ ジーンズとかに似合いそう。

棚の上にほうに飾ってあった帽子。被らせてもらいましたが
見た目ほど、派手じゃありませんでした。しっくりくる!

ゴージャス。若い女性に被ってもらいたーい。モデルさんとか♪

ここで、スタッフの安達美香子さん登場です。
お写真OKということでご紹介させて頂きます。
この日も、上から下までMORE THAN HOMANファッションを
見事に着こなし、かっこいい~! スレンダー!! 
もうぱっとみ、ピンクレディー?! と、思っちゃいました!

こっ、このお洋服、いったいぜんたい、どうなってるんですか?
どぎまぎしながら質問したら「こうなってるんですよ~」と
見せて下さいました。ほえええええ~* 重ね着だった!

リストバンドは両腕に装着。腕に穴が開いてるのも珍しい*
それにしても、よく描かれている・・・!

この短パン、可愛い~!
ベルト通しのところに、携帯ケースがぶら下がり。
ポケットの裏地が出てるところもポイント高し!しかもチェック☆

安達さんの足元、金色のブーツに注目! しぶくてかっこいい!

わかりますか? ブーツにもじっくりと手描きアートが。こ、こまかい~!!

そして、ちてなが一番惚れたのは、このブーツ!

こっこっこんなに、びっちり描かれています!
それでいて、赤や金色の英語の筆記体みたいな盛り上がりが
アクセントになっていて、ほんと、かっこいい!

ちてな、普段、ブーツ履かないですし買った事もないですが、
ブーツって、こんなに素敵なものなんですね(ほれぼれ)
しなやかな足首のライン、チャックやボタンもカッコイイし
宝満さんの手描きアートが更なる魅力を増大させてるんだと思う!

こちら、子供サイズのTシャツ。可愛いですよ~。母子でお揃いで着てもらいたい。

後ろはこうなってます。基本的に洋服は、子供服、レディース、メンズサイズ
とあるようですが、すべていってんものなので、売れたら終わりのようです。

このような、落ち着いたタイプも。

ピンクって、カメラでそのままの色出ないんですよね~。そうなんですー。

これが、実物に近い色合いですかね。

なんにしましても、ちてな、宝満さんの手描きアートの洋服って
実物を目にするの初めてだったので感激でした!

中でも、このブーツは、ほんと、魅かれた!やられた!!(喜*)
こんなに美しいブーツって、他にあるんでしょうか? 無いのでは。

素晴らしさを伝えたくてお届けしたくて、写真撮るの苦労しましたー。
こっちは暗い、あっちも暗いと、光を求め、
店内スペースあちこちウロウロさ迷い、何度も何度も撮りました。 
安達さんに、また撮ってるの?? と、呆れられたかも・・・(苦笑;)
でもいいのです。納得行くまで撮り続けます。
実物はね、ほんと、最高でした。実物にはかなわない。
やはりその物在るがままを肉眼で見るのが最適、最良ですね。
あー☆ ブーツをかっこよく履きこなせる女性に憧れます!

以上、【MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編】でした。

続きは・・・
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編

MORE THAN HOMAN 展 洋服編

この取材レポートは、
●MORE THAN HOMAN 展 ロボット編
●MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編
と4つに分かれています。
順繰りでも、好きなページからでもお好きなようにご覧下さい。

ここからは、【MORE THAN HOMAN 展 洋服編】です。

はい、宝満さんの手描きアートペイント作品をずっとご紹介してきましたが、
これで最後です。更に、お洋服をお楽しみ下さい☆

上記写真の、青地のTシャツ、一目見たときから気になって
無謀にも怖れを知らず、試着させてもらいました*

そしたら、すっごく似合ってました。恥ずかしくなるくらい似合ってて
安達さんからも絶賛されました。でも正直言って、体型とあってなくて
(と自分は思った)、更に、今まで見たこと無い自分を目の当たりにして、
免疫が無いため激しく恥ずかしくて照れまくっていると

安達さんが、このチョコアイスミント色(?)のTシャツを
おススメくださいました。言われるまで気がつきませんでした。
試着してみたら、かなり似合ってて更に驚きました。
しかも、青ほど衝撃は無く、違和感もありませんでした。
ほほう・・・! さっすが安達さん! 天晴れです*

安達さんに「似合ってますよ」「どんどん(おそれないで)着て下さい」
とアドバイス頂くうちに、少し自信が出てきました(笑)
目で見て、好きな色と、着て合う色って、やっぱり違うんだなと実感したし、
洋服ひとつとっても、自分で自分の可能性を潰すのではなく、
いろいろ試してみなくちゃ、つまらないですね。
(というか、自分はまだまだ自分のことがわかってない、
 自分と向き合ってないなあと痛感しました)

さて、ここからは、展示されていたお洋服をご紹介します。

まっしろいジャケット(コート?)です。かっこいいー!!

後姿。はあああ~。バイク乗ってる人、着てくれないかなあ(笑)
この背中に、がしっ!っとしがみつきたい*

みてくださいーい! クマさん(?)が飛んでます、もう神業!?

今度は、黒いパーカー。目が覚める黒です。
お笑いやってる男性、着てくれないかなあ~。

後姿。かっこよすぎです!!!
駅のながーーーいエスカレーターで、
自分の前にこれ着てる方がいらっしゃったら、
ほんと失礼だけど、人目をはばからずに頬寄せてしまうかも・・・♪
口だけ達者な男よりも、黙ってやることキッチリやる男性に惹かれます♪

拡大してみました。すごいなー。芸術。どうやってこれ作ってるんだろう?
何がどんなふうにおりてきて、どうやってこうなるんだろう???
もう、不思議がいっぱい。解明されないからこそ浪漫なのかも。

この、紫色の襟元、可愛いです♪ タイプです♪

はあああ~。静止画を見て、ただただ、うっとりですよ*

左のジーンズ生地のスカートと、右の上着はあいますよーと安達さん。

拡大図。ほんと、絵ですね。洋服がキャンバス。
でも絵も楽しめて、着ても楽しいって、凄いと思う。

見れば見る程、楽しい。楽しくて、段々、自分でも着れるんじゃないか
似合うんじゃないかって思えてくるから不思議。

こういう組み合わせもありますしーと安達さん。
ほほう。なんだか渚でパインジュースみたいな装い?

綺麗ですね~。うるさくない、わざとらしくない、邪魔じゃない。
気持ちよく風が通っていきそう。

触ってくるの忘れました。だけど、全体的に、布地はしっかりしてるし
色落ちもしないそうです。安心して着れる。ざぶざぶ洗えるって嬉しい。

この組み合わせは、ヤングママさんとかどうでしょう♪
子供と一緒にお砂場遊びできそうですよ。
お子さんともお揃いで着たら楽しそう♪

短パン。可愛い~*
お尻のほうも可愛いです。バッテンがポイント♪

こういう落ち着いた色合いの短パンもありました。

最後に、これはちてな気に入りました~♪ 可愛い~☆
後姿。さばさば感と、ちょこっと可愛くて。
これを着たら、自分がどうなるのか、似合ってるような気がする。
そんなことを想像、イメージすると楽しいですね。

実は、ちてな、洋服で悩むの嫌なのと、自分に似合う色や形がわからなくて、
自分に自信が無くて、ひとつのお店でずっと買い続けるタイプです。
お店の人と仲良くなって、あなたに合うのはこれとこれって
お店の人が選んでくれるのを試着して、春夏秋冬、それぞれの時期で
ちょこちょこと買っていくので、気付けば、全部そこの洋服、というのが常。

勿論、顔なじみになるので、幾分か安くしてもらったり、お菓子もらったり
こっちもお土産渡したりして。そういうふうに安心してつきあえるような
お店が好きなんです。自分は一切考えないで、お店の人(プロ)任せという贅沢(笑)

しかし、そのお店が横浜に移動してしまい、自分も上京してしまったので
現在、ここ数年まったく洋服、買って無いのです。
その分のお小遣いを、作家さんの手づくり作品を
取材した時に記念に買うようにしているからです。

でも久々に、こうしてお洋服を見て、あてがったり、
試着してみたりして、楽しかったです! 

流行のものや、安くて手軽に買える丈夫なお洋服はいっぱいありますけど、
自分が楽しくなって、嬉しい気持ちになる洋服って、魅力的だと思います。

内面が外見に出る、外見が中身に追いつく。その逆も。相乗効果なのかな。
MORE THAN HOMAN の洋服は、着る人の持ってる、もしくは眠ってるものを
引き出す隠し離れ業があると思います☆

今回ご紹介した洋服は、すべて、宝満さんの手描き1点もので、
それぞれお求め頂いて実際に普段着てらっしゃる方も多いです。
着てる方が、楽しく伸び伸びと過ごせる。ちょっぴり勇気や充実感も上がったりして。
そういう意味で、「心地よく生き生きと着れる洋服」でありながら
「宝満さんにしか作り出せない、アート」なんだなあと実感しました。

ほんと、宝満さんの手描きアートは凄かった! 圧巻でした!!

以上、【MORE THAN HOMAN 展 洋服編】でした。

この日、一日ずっと説明くださった安達美香子さん、
どうもありがとうございました!
すっごい楽しかったし、刺激をビシビシ肌で感じました。

このレポートを見て、「MORE THAN HOMAN」の世界に興味を持たれた方、
是非とも、HPのほう、ご覧になってくださいね☆ web shopもありますよ~!

●MORE THAN HOMAN http://www.homan.asia/
実店舗:岐阜県岐阜市橋本町1-10-1 アクティブG 3F TAKUMI工房 347
TEL:058-269-4127  定休日:アクティブG休館日(奇数月の第3火曜日)

この取材レポートは、
●MORE THAN HOMAN 展 ロボット編
●MORE THAN HOMAN 展 フィギュア他編
●MORE THAN HOMAN 展 帽子、ブーツ編
●MORE THAN HOMAN 展 洋服編
と4つに分かれています。
順繰りでも、好きなページからでもお好きなようにご覧下さい。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko