« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月27日 (金)

西荻窪 アトリエ すゞ途(すずと)さんに行ってきました

2009年11月27日(金)に、西荻窪で一日、お友達と息抜きデートしてきました♪
この日は、各自好きなところに行き、ランチ・デザート・ディナーと食べ歩き
まったりお喋りを楽しみましょう♪ ということで、
うきうき・るんるんで参上しました!(^0^)/いぇい♪

で、このときの様子を、ちてなブログで3編に分けてUPしたのですが、
どうしても一箇所、ご紹介したいところがあったので、
そちらだけピックアップで取材レポート化させていただきます。
その他の流れは、リンク貼っておきますので
時間がございましたら「この日一日、こんなにあちこち行ったんだ~」
と見ていただければ、と思います。

アトリエ すゞ途(すずと)
12:00~19:00 杉並区西荻北3-41-14-1F 水金土日OPEN

西荻窪駅北口より、北銀座通り(右手・三井住友銀行 左手・喜久屋)を
信号渡ってまっすぐ進み、善福寺川(関根橋)を渡り、
三月の羊さん過ぎて、サンクス過ぎたあたり。
ここは、実は今年4月に西荻窪に来たときに、みてたのです。
でも閉まってました。すごく可愛い! 気になる~!
と窓越しからチェックしてたのです。偶然、この日開いてました! 
これは入るしかありません* お友達に頼んで一緒に入ってもらいました。

中は棚や壁に、陶器類や豆本みたいな色とりどりのノートが並び
とっても可愛い空間です!

すると、お店の方が顔を出してくださいました。
眼鏡をかけた女性の方で笑顔で屈託無くお話しくださいました。
まだオープンして一年くらいで、ずっと陶芸をやっていて、
引っ越す時に作品が入らなくなってしまい、置き場所に困っていたら、
不動産屋さんが「ここ偶然あいたよ」とおススメくださったそうです。
「お店やギャラリーでもしてみたら?」と薦められたけど
とてもとてもそんな・・・! こんな人通りの多い表通りでしかも!!と
最初は躊躇されてましたが、暖簾の向こうでは制作もされていて、
せっかくだからやってみようかと始められたそうです。

陶器は、すべてご自分が作られたもので、豆本みたいなのは、
手製本を手がけている「美篶堂」さんの作品。
豆本かと思ったら、カード指しでした。
これはこれで、とっても可愛い!!!(斬新*)

まだHPなど無いそうなので、せっかくなので写真撮らせてもらいました♪
ちてなが名刺を渡したら、「クラフト縁・・・?なんか聞いたことある!」
とおっしゃってました。何だろう?!何で知ってるのかわかりませんが、
何であっても嬉しいです♪

きょう、陶器を見るのは三度目ですが、こちらの陶器は
賑やかで華があって個性的。面白い形のものが多くて
みてると心くすぐられます♪

壁にかかってた牛の絵、素敵です~*
お名前忘れましたが、ある作家さんの十二支作品のうちの一つ。
ということは寅も??と伺うと、寅もあるそうで
「それが寅は、とっても可愛いの」とのこと。
来年、飾られるそうですので、こちらも楽しみ***

このお店の方が、とっても笑顔が素敵で、みてると
自分も笑顔になってくるんです! しかも誰かに似てる・・・!?!

「あの、実は、わたしの高校時代の国語の先生に凄くよく似てるんです。
 眼鏡をかけていて、能力に恵まれる子って書いて、のえっていう
 珍しい名前の先生だったのですが」
と全然関係ないけど、言わずにいられなくて話したら(笑)

「あらっ。わたしはね、みとっていう名前なの。
 矢島美途(みと)。
 店の名前は『すゞ途』の『途』で、名前からとったの」
とお話しくださって、そうなのか~!っと一気にテンション高くなりました*

美途って、素敵な名前! 初めて知りました。
途って、道とか道のり、出発するとかの意味かしら。

あと、店頭に、銀座のACギャラリーさんのDMが置いてありました。
ACギャラリーのオーナーさんとは、ちてな、まだ会ったこと無いのですが、
DMはいつも頂戴しているのです。
「ACギャラリーのオーナーさんとは知り合いで」と矢島さん。
ええええ~!! どこでどんな繋がりがあるか、わかりませんね?!(驚*)

もうすっごく嬉しい楽しい時間でした♪ 西荻窪に行ったらまた寄ろうと思います♪
皆さんも、是非、お立ち寄りください! おススメです!
友達は、「お店の方がかけていた前掛け(エプロン)が凄く良かった。
あれいいと思う。今度自分もやってみよう」と感想を。
あれま。ちてな、矢島さんの顔ばっかり見てて、全然他を見て無かったわ(笑*)

この前後、あちこち遊んできた様子は、ちてなブログでまとめてあります。

■西荻窪で遊んできました・その1・北口伏見通り編

■西荻窪で遊んできました・その2・北口北銀座通り編

■西荻窪で遊んできました・その3・南口編

2009年11月18日 (水)

皆さんの投稿レポート 仮面舞陶会

「皆さんの投稿レポート」第15回目は、2009年11月3日から8日まで、
京都のくらふとギャラリー・集 で開催された、「仮面舞陶会」 です。

投稿頂いた静明・車田将宜さんは、クラフト縁で作家登録頂いていて、
3月に、陶・水墨画展の投稿レポートを頂いたのが記憶に新しいです。
今回は、5人の陶芸家で、「仮面」で「舞陶会」だそうです。
さて、どんな展示会になったのでしょうか。皆さん、ご覧くださ~い!

---------------------------------------------------------------
「仮面舞陶会」 静明・車田将宜さんより
---------------------------------------------------------------

お世話になっております。静明 車田将宜です。
先日開催したグループ展「仮面舞陶会」の投稿レポートです。


(クリックすると、大きな写真が見れます)

たまたまメンバーの作業場に顔を出したところ
グループ展をやらないかという話になっていて、
陶芸学校の同期生と一緒に出来る機会は貴重なので参加することにしました。

8月頃、グループ展のテーマが「仮面舞陶会」に決定しました。
みんなノリノリで決めたので、その反動が心配でしたが、
うまくいけばかなり面白いものになりそうではないかと思ってました。

テーマは仮面でしたが実質のメインは器なので、
展示会までは、そこの優先順位をどうするかで結構話し合い、
搬入前日に配置の打ち合わせに時間を割きました。


(クリックすると、大きな写真が見れます)


(クリックすると、大きな写真が見れます)

仮面舞陶会は何処へやらという印象だったかもしれませんが、
スペースは限られているので仮面の配置を後回しにし、
なんとかそれぞれの希望の展示に近づいたのではないかと思います。


(クリックすると、大きな写真が見れます)


(クリックすると、大きな写真が見れます)

DMに関して、展示会の内容が判りづらいという指摘もありましたが、
DMそのものの面白さが足を運んでもらえるきっかけになって欲しいと思っていたので、
個人的には手間隙かけてメンバーが作ってくれたので大満足でした。

自分のほかに参加したのは、
北村大輔、牧本亜希乃、松浦コータロー☆、宮岡貴泉、の四人。
現時点でのお互いの作品がみれて、とても励みになりました。


●ちてなの感想●

静明 車田車田さん、どうもありがとうございました。
いやあ~、ちてな、DMと、車田さんの仮面を見たときから
「面白そう!」と思ってました♪

DMに関して、展示会の内容が判りにくいという指摘があったそうですが、


(クリックすると、大きな写真が見れます)

このDMですよ、皆さん、見てください。
見落としがちですが、ちゃんと(器がメインです汗)って書いてあります。
もう、なにをかいわんや、若さって素晴らしいじゃないですか!
充分足を運びたくなる一枚です!(喜*)

さてさて、凄く綺麗に展示されて、みてて楽しそうです!
車田さんの仮面ですが、壁にかけられてると、
真正面からしか見れないので、事前に頂いていた画像と一緒にあわせてみました。

ちてな、個人的にこの紫色とこの深緑色の組み合わせ、好きですよ!
陶芸家の皆さんが、展示会でお題で仮面を作る、というのが
ぜんぜん思いつかなかったので、インパクト大でしたし、
DMで、車田さんが、スケッチブックを片手にお持ちなのが、なんとも、
ああ、きっと、そうなんだろうなあと勝手に妄想膨らませて楽しかったです*

他の4人の方の仮面の中で、凄く気になったのは、やはりこちらですね。
鼻の穴から口までの距離の長さに、生きる粘り強さを感じましたし、
この出っ歯具合が、最高! 実はちてな、出っ歯なのです。
見た瞬間、他人に見えず、恥ずかし半分共感及び親しみを感じてしまいました*

さて、器です。車田さんのお写真をみて、ちてなが好きなのを選び出しました。
白いお皿で、うさぎさん、鳥さん、魚の絵が描いてあるのは
初めて拝見しましたが、好きです~。魚が特に気になるなあ。
お皿ってやっぱり、実際に手に持ってみて、重さとか薄さとか確認したいですね。

この小皿も、淡い色合いで綺麗です~。
作家さんのお店ぽるるで、ご紹介・販売させて頂いてる器や花器は
色合いがはっきりしているものが多かったので、
こういうシンプルな形で、さりげない柄って、
お惣菜、おかずをいろいろ盛るのが嬉しくなりそうです。
季節の果物とかね。お風呂上りのバニラアイスとかね(丸いの)。
あ~♪ 新婚さんに、是非使ってもらいたいなあ(勝手な妄想です*)

あと、ぽるるでも紹介・販売している、
濃い青色地に紫の花柄のカップ&ソーサーもいいですね。
ちてな、ピンクっぽい紫色も好きなんです。
この落ち着く深い色には、バニラティー
(?白くて甘い食後に飲むあったかいの。口に白いのがつきそうな)
とか似合いそうな気がします!!!

それと、黒地にひょうたんの柄のお椀(?)も、可愛い!
うどんとか、鴨鍋とかよそいたいな~♪♪

すみません、どう拡大しても、これ以上見えませんので、よくわかりません。
しかし、この、下に布が引いてある、白地に何か描いてあるどんぶり(?)
これ、むっちゃ何が描いてあるのか、気になります!!!
やはり、展示会は、実際に観に行かなくちゃ駄目ですね・・・(しょんぼり)
あと、この、白地にやはり何が描いてあるのかよく見えないコーヒーカップ。
いっけん、猿?!にも見えますが(すっごい失礼なこと書いてたら、ゴメンなさい!)
この余計なものが無い柄。気になる~! 
そして、おそらく、きっと可愛いんじゃないかという観測希望120%でございます。

●あとで、車田さんにお尋ねしたところ、
 どんぶり⇒抹茶椀で、鳥獣戯画の絵が描いてある
 猿っぽい⇒リスの足を長くしてみた空想の動物
 ・・・だそうです! うきゃ~、たいへん失礼しました!
 う~ん、でもきっとこの足長リスさんは隠れファンが出没するような気がします♪

そして、今回の車田さんの展示で、いちばん好きなのは、こちら!
花瓶・・・でしょうか? 白地に紫の菖蒲・・・??かな?(曖昧ですみませんm(__)m)

もう、とってもタイプです!
お花をいける花瓶でドカン!と花の絵が描いてあるっていうのも
かなりな主義主張だと思うんです。
でも、こちらのお花は、「ええ~??」って近づいて、眺めたい。
日向や日影に置くとどうなのか、窓辺に置いたらどうなのか、
いろんな光の下でも飾って観たい。
この子は畳が似合うような気がする。庭石とかね、縁側とかね。
夏だったら、この中に水とビー玉とめだかをいれて
浴衣で縁側のある庭で夕涼みしたい気分です。
なによりこの花瓶は、是非、触って撫でたいです。気持ち良さそう~☆

以上、ちてなの趣味趣向満載の感想でした。
お写真だけしか拝見してませんが、
気になる! 好きかも!と思える作品が多くて、とても楽しかったです!

車田さん、お忙しい中、投稿レポート、
どうもありがとうございました~♪(^0^)/☆

⇒ 今回、ご投稿いただいたのは・・・
   静明・車田将宜さんです!ありがとうございました☆*

  ■静明窯
   http://www.kyoto.zaq.ne.jp/seimei/

  ■くらふとギャラリー・集
   http://www.ac-n.com/

※追記 11/26
  実は、このレポートをUPしたあと、ちてな家に宅急便が届きました。
  遠路はるばる京都から何かが送られ届きました。中には果たして・・・?!
  是非、こちらもご覧になってください☆
  ちてなコレクション・とてちてた


■投稿レポートTOPページに戻る■

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko