にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
浅野陽 大原はだか祭り絵画展 北土舎
浅野陽(みなみ)さん個展 cafe & galerie NAJA
房総のむら 組紐ストラップ作りを体験をしてきました♪
房総のむら 畳コースター、ちよ紙ろうそく体験をしてきました♪
御宿のGallery カッテンマさんに行って来ました☆
佐原 River Way 正上さんで、とんぼ玉制作体験!
8月末に、STAGE銀座さんに行ってきました!
工房ガレ木さん。工房村を作ります!山や廃屋などを貸してくださる方、募集中!
道の駅くりもと紅小町の郷 第二回かかし祭りと、鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーと、白浜フラワーパーク
道の駅 三芳村 鄙の里 やきもの くりはら工房さん♪
野島埼灯台で、ストラップ作りをしてきました♪♪♪
いすみ市第五回かかし祭りと、砂の彫刻美術展と、ポッポの丘
休暇村館山で、キラキラ貝磨き貝の宝石作り体験をしてきました♪
ギフトなタレント展2012summer に行って来ました!
皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展
大泉学園 アートスペースSさんに行ってきました♪
岩瀬まゆみさんに、婚約指輪を作っていただきました♪
木村ひとみさんに、結婚指輪を作っていただきました♪
STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん
STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

神保健城 個展 『ねこものがたり』 に行って来ました
このエントリーを含むはてなブックマーク

3月に原宿デザイン・フェスタ・ギャラリーで開催された
神保健城さんの個展 『ねこものがたり』 の取材レポートです。

実は、2009年、きちんと予定を取って取材させて頂いたのは
この神保さんの個展が初めてです。ですので、ちゃんとした
「取材レポート」というのは、2009年入って初めてになります。

途中、デザインフェスタ参加でそちらに係っきりになってしまい
その前後、舞台裏や当日レポ作りでバタバタしつつ、
ようやく体調が戻り、取材したあの日、あの時、
神保さんの絵を観た時間と向きなおることができました。
神保さん、随分遅くなってしまって、ほんとうにごめんなさいね。

神保さんの個展を観賞・取材させていただくのは、3回目になります。
3回とも、原宿デザイン・フェスタ・ギャラリー。
1回目は、2007年、黒い瞳の動物たち、目を閉じている猫ちゃんの絵が印象的でした。
2回目は、2008年、「散歩日和」と題され、公園などを散歩する
『僕』の存在に、自分の「今」と「未来」を重ねてしまいました。

そして、3回目の今回は、『ねこものがたり』。
神保さんは、個展案内に、以下のような言葉を添えています。

 気がついたら
 ねこの絵ばかり描いていた
 ねこねこねこさん
 今日もどこかで 
 まったり
 ねこのいるところ
 ちいさな ものがたりはじまる

神保さんは、2007年の時に、ずっと飼っていた猫ちゃんが旅立ち、
お別れをしています。その後も、つねに猫がそばにいた。
猫を見て、猫に触れていた。それはその後も変わりなかったようです。

原宿のデザインフェスタギャラリーの一階。昨年と同じ一番広い場所。
入ってスグ左の壁に、比較的大きめの絵画4点。こちらすべて非売品。

「花」
きょとんとした猫。花が咲き飛んでいるよう。
風車みたいに、くるくる回っているみたいな錯角が。

非売品の4枚はクレヨンでボードに描いたそうです。
握力が必要で、結構疲れました。と神保さん。

「うたたね」
猫がすやすや寝てる姿を見ると癒される、安心する。と神保さん。

この絵、いいですね~。ほんとに安心しきった表情です。
心なしか、花の香りがしてきそうです。

こちらは依頼があって描かれたもの。
ピンクの猫が黄色いお花畑でにっこりしています。
新しい生活、第一歩を楽しみにしているみたいです。

う~ん。この絵、好きです! 「いっぴき」という題名。
ちてな、ずっとこの絵、何回も見ちゃいました。
神保さんに似てる、猫バージョンの自画像かなと思いました。

入って右手側の壁からぐるりと囲むように、小さなポストカードくらいの大きさの
木の額が上下交互に展示されています。
一枚一枚観るのが、とても楽しかったです!
何度観ても 「あれ?あれれ?これ観たっけ?」 と先に進んだのに、
また戻っての繰り返しで、一向に前に進めない(笑)

それでは、ちてなの好きな絵ベスト5!

「木にのぼって」
この絵は、淡い色合いで、なんともいえず、
今の神保さんなのかなあとか、ちょっと思ったり。
(全然違ってたらごめんなさいね。そう感じただけです)
自分が歩いている視点から見た景色と、高いところから見る景色、
同じじゃないってこと、静かに受け止めつつ、
自分のこれから行きたい場所は果たしてどこだろうか・・・なんて。
あれ、ちてな自身の事なのかなあ。
猫もよく高いところにいますよね。何を考えているのかしら。

「ぐっすり」
寝る子は育つ、といいますね! 
悩んで頭がわけわかめ、とろろ昆布状態になったら、寝るのが一番。
寝てる間に、脳が整理整頓してくれるそうです。
猫はくるくるとよく変わる瞳の表情も素敵ですが
寝顔も最高に可愛いものです♪ このちょい耳伏せがツボ♪

「どこ行く?」
この 「止まれ」 と書いてある道路がいいです!
絶対猫に 「止まって!」 なんて言ったって止まりゃしない。
猫は行きたいところに行くし、気が向かなきゃ動かない。
誰かに命令されたり、指示されたから動くわけでもない。

淡い青い猫が 「どこ行く?」 と訊いているのでしょうか。
淡い桃色の猫が 「あなたは、どこに行きたいの?」 と、返しているような。

「おいしい。」
おおー! 猫の絵の中に、ひとつだけ人間の絵です!
この何ともいえない、赤い実のなる木が、まるで少年に
「摂って良いんだよ」 「お食べな」 って言ってるみたい。
傍らに、うさぎ(?)のような謎の生き物もいますね。
そうっと見守っているようです。
木の実をとって一口食べて 「おいしい」と、少年は満足しているようです。

「木の実」
この絵が、小さな額絵の中では、いちばん好きです☆
はからずも、「おいしい。」と同じ、赤い実がなる木に囲まれた絵ですね。
ここで、猫は、台に乗っています。ちゃっかりなのか、意識的なのか、
ただ、木の実を食べようとしているのかどうかはわかりません。
それでも何故か、ほほえんでいるように見えてしまいます。
「僕は食べない」 とも 「綺麗な実だなあ」 とも 「良い香りだ」
とも受け取れる、絶妙な、動きそうで動かない永遠の猫時間のようです。


(「食事の時間」)

この日は、一日中、朝から冷たい雨の日でした。
そんな春冷えの中、観に来てくださるお客様は多く、いちように
「猫だ」 「可愛い」 とたたずみ顔をほころばせて観ていかれます。
外国人の方も笑顔で、「cat(猫ね)」 「cat(ほんとだ猫だ)」
 「cat(ずいぶんいっぱい猫いるね)」 「cat(こっちもずっとあっちまで猫だよ)」。
・・・と、言ってるかどうかも、よくわかりませんが。「キャッツ」だけ聞き取れましたw
ああ、英語が話せないのが、もどかしい・・・(汗;)

神保さんに、今回の個展について伺いました。

「今回は、ボールペンで描いて、水彩絵の具で色付けしました。
 タッチは全部変えました。筆で墨で描いた、筆バージョン。
 道路の”止まれ”バージョン。 それと、イラストっぽい、らくがきタッチ。
 たくさん描きました。50枚くらい描いて展示したのは30枚。

 いちばん最初に 「食事の時間」 というDMでも使った絵を描きあげて、
 これを描いてから、暫らく時間がかかりましたが、
 猫シリーズで個展をやろうと決めました。


(「ボーリング」)
 
 題名は描いてから決めてます。
 あとで決めるので、作品とタイトルが自分でもわからなかったりします。
 例えば、『ボーリング』・・・これは、ボーリングのピンみたいだから。
 『いらっしゃいませ』・・・・これは、近所にいる猫のこと。
 いつもいて挨拶してくれます。この猫がキッカケで、
 毎日見るから、描きたくなってきたんです。


(「いらっしゃいませ」)

 2007年の個展の時は、猫に目を入れてなかった、閉じていました。
 その時は、猫を飼っていた、飼ってる猫でした。今回は想像した猫です。

 小さいほうの絵を先に描き、そのあとに非売品の大きいのを描きました。
 小さいのばかりよりも、大きい絵も飾ったほうがいいかなと。

 小さいほうは、シンプルな額にして、ランダムに、
 パズルをイメージしてゴロゴロ並んでいるようにしました。
 均一に並べず、わざとトーンを分けました。

 小さいのばかりだと、どこに視点を合わせていいかわからない、
 どこ見たらいいのかわからない、という感想もありました。
 ピンク、水色、など、色が綺麗って言われるのも多かったです。
 女性が描いた絵だと思われることが多くて
 『あなたが描いたの』 って驚かれたこともありました。

 すーーっと入ってきて、観て、さーーーっと帰ってゆく。
 意図的に、作品ファイルや、経歴なども今回は置いてないし飾っていないんです。


(上:「たそがれ」 「行進」 下:「星ネコ」 「あつまり」)

 描いていると、一枚一枚、小さい分細かいから、凄い集中力なので、
 描き終わると力が抜けてました。色がうまく塗れると、達成感があります。
 自分でも良かったなあと思いますね。

 猫シリーズにしたのは、”猫=癒しの存在”だから。
 写実的にならない感じにして、見た人が少しでも、可愛いなと和んで
 気持ちが安らいでくれればと、1枚1枚思いながら描きました。
 自分が猫好き、だから、描けた、というのが大きいです。


(「へんしん!」)

 描き終わると、いつも両親に見てもらって批評、アドバイスをもらいました。
 母は色彩にうるさくて、落ち込むこともあるけど、入り込んでしまうと、
 客観的に見られなくなるので助かってます。
 逆に、感想がないと不安になってしまいます。
 身近に訊ける人がいるのはありがたいです。

 毎年そうなのですが、今年も、家族に支えられて、
 家族のおかげで個展ができました。両親が搬入搬出を手伝ってくれて、
 兄も仕事を有給休暇とって手伝ってくれました。
 母はお弁当を作ってくれて、個展のために、お花を飾ってくれました。
 家族がいなかったら、できてなかったです。


(「前へ!」 「あそび」)

 兄には 『ありがとう、でも、自分は絵しか描けなくて申し訳ない』
 と言ったことがあるんです。
 すると、兄は
 『絵しか、じゃなくて、絵が描けるってことは凄いことだよ。
  自分は、絵は描けない。絵を飾る手伝いくらいしか出来ない』
 という答えが返ってきたんです。

 兄には、『絵、描くと面白いよ。描いてみなよ』
 とすすめたこともあるのですが、
 『俺は描けない』 と、即答でした。そういうものなのかなあと思いましたね。


(「もちネコ」)

 ある時、イベントで、自分がインストラクターになって、
 参加者の皆さんに、絵を描いてもらうことがあったんです。
 僕は 『自由に、好きなものを描いて下さい』 と言ったんですが
 皆、描けないんですね。困ってる。
 何か、お題を決めて下さいと言う。サンプルは無いのかとも言われる。
 それで、仕方なく、題材を決めたのですが、
 僕自身は 『自由に描いて』 と言われれば、嬉しくて、
 好きなようにささっと描けちゃうんですけど、他の人は、そうじゃないんですね。
 そういうことも、その時、初めて知りました。


(「ひなた」)

 それから、ある時、教室に通おうかと思ったことがあったんです。
 教室の先生に絵を見てもらったのですが、
 『教えることは何も無い。君は、作家として自分の物を持っている。
  このままその基盤をもとに、描き続ければいい』
 と言われました。
 その先生は、ある大学の教授だったので、
 そういう方に絵を見てもらえたというのも、貴重な経験になりました。


(「ん?」 「みんなで」)

 実は、振り返ってみて、アートに対する考え方が変わってきました。
 今までは毎年一回個展を開催してきたけど、
 毎年毎年やるのも難しいと感じるようになったんです。
 こうして、ちてなさんに取材してもらうようになって
 3年個展を続けてきましたが、これで、一区切りをつけて、
 個展はしばらく休もうと思います。

 自分のほんとうのペースにしたい。もっと時間をかけたい。

 昔は情熱があったんですが、今は落ち着いてきてしまいました。
 ひとつひとつの活動に、もっと、慎重でいたい。
 そう思うようになりました。

 毎回毎回、作風を変えてきた、作風が違うので、
 自分の中で 「これだ」 というものが無いんです。
 そこに少なからず焦りもありました。
 でも、『そんなことはない。どれを見ても、神保健城さんの絵だってわかるよ』
 と言ってくれる人もいて、そうなのかあと思ったり。


(「黒目がポイント」)

 毎回毎回、個展始まるたびに、見てくださった方の反応や感想など、
 凄く気になって心配でたまらないのですが、
 最終日を迎えて思うことは、やっぱりやってよかった、という思いです。
 過去5年間、5回個展をやっていますが、
 いまだに自分の作品を、個展の空間を客観的に観るのは難しいです。

 ですから、ギャラリーで通りすがりのお客さんの「可愛い」という
 小さなひとことでも、僕には新鮮な、そして貴重な意見になります。
 そうか、僕のあの作品は可愛いと思われるんだ。という風な感じです。

 今回個展をやって、うっすら見えてきたことも少なからずあります。
 それは自分の今現在の立ち位置だったり、考え方だったりいろいろです。

 というわけで、今回もちてなさんに個展を観て、取材していただいて、
 本当に感謝しております。どうもありがとうございました!

 先のこと・・・先はどうなるか、わからないですね。
 でも、絵は描き続けます。ものすごい、マイペースにやっていくと思います」


(「あおむけで」)

神保さんのお話を伺っていて、ちてなは素直に
そんなに焦ることも急ぐことも、気負うことも気張る必要も無いから、
自分の好きなことを好きなように楽しめるよう、
大切なものを大切にして過ごしていけるよう、
ご家族皆さんで笑っていられるよう、一度しかない自分の人生
大切にして下さい、たっぷり充電も必要ですよ~と思いました。

形に拘りたかったら、幾らでも拘れる。
ずっと一貫して同じテーマ、モチーフを追い続けている人もいる。
同じものは二度と描きたくないのであれば、描かなければいい。
でも、ちょっとやっぱり、昔に描いたアレを復刻してアレンジして
進化させてみようかなとか、別の方向に掘り下げるとか
幾らでも広げて深めて高められる。やっちゃいけないことなんて無い。
こうしなければいけない、なんて、決まりは無い。
心の思うまま、描きたいまま、伝えたい思いを形にするとき、
きっと誰かに、伝わると思うんです。

はじめることは、誰でもできる。でも続けることは難しい。
だけど、モチベーションを維持するって、本人にとって重要不可欠ですよね。
わたしも、取材レポート、ちょっと行き詰っていたこともありました。
誰かのためになってるのかなって、見失ってた時もありました。
初心も大事だけれど、目的や目標が変わる場合もありますから、
ふと、自分は何のためにこれをやってるんだっけ、回りも自分も見えなくなって。
そういう時は闇雲に続けても葛藤が強くなるだけなので、
いっそ、離れてみたり考えるのを止めてみるのもひとつの方法ですよね。
よく作家さんでも、何年間か描かないで休まれることもありますし。

絵を描く人はこの世に五万といます。たくさんいます。
そして、描けない、描かない人もいます。選択するかしないか、です。
でも、「伝えたい思いが届くかどうか」 は
生み出す、描いてみて、それを発信していかないことには
どこの誰かに見てもらうことでも無い限り、届くことはありません。

神保さんの絵は、わたしが3年観てきて、いつも何かしら響くものがありました。
いつも自分はどうなんだろうって考えさせられました。
そして何より、神保さんのご家族皆さんが、神保さんの絵を喜んで
楽しんでいらっしゃる。他にもファンの方がいる、ということ。
忘れないでいて欲しいです。

あなたが発したひとつの絵が、色として形として私達の目の前で飾られ、
空気を吸って吐き、浸透しながら、たくさんの人たちの目に映り広まることで
絵は家の中で、あなたと向き合っていた時にしていた会話と違う物語を
突如話し出すことがあります。違う音楽、違う香り、違う言葉を、
突然思い出したかのように奏でることがあります。
それはどこの誰にも、作り手にも予測がつきません。
絵も、あなたも、今日よりも、明日、明後日と、生きて成長していきます。


(「七匹のネコ」)

神保さんの、今まで観せてくださった絵が、何処かの誰かの目に留まったり
心や気持ちに触れることが、確かに、あった、ある、ということ。
絶望も希望も、涙も光も闇も、すべてのいろいろな感情が支えあい、
ひっぱりあい、絡まりあい、誘い、惑いながらも刺激されて。
あなたの血と肉と骨と細胞と経験と感情と意識とをかいくぐって、
やがてストンと、誰から言い渡されるでもなく、
誰から告げられるわけでもなく、絵は、あなたから生まれる。
あなたから生み出されて、
あなたに会えて、良かったと思っているということ。
あなたに会えて誇りに思っているということ。
何も恥じることは無い、ということ。忘れないで欲しい。


(「ふねにのって」)

猫は、いつしか、死期を悟ると、姿を消すといいます。
なんて潔いのでしょう。なんて強くてやさしくて愛おしいことでしょう。
猫の瞳は、何かをせせら笑うこともなく、ことさらに卑下することも無く。
ただただ、直向に。目の前に起こる森羅万象、よしなしことを。
そして、生きるということ、自身の置かれた状況にあわせて
要求に素直に向き合って判断しながら、
今という現実を、ひたすら、生きている。
依存しない、束縛しない、拒絶しない、裏切ることも無い。
それは、他人に、でもあるし、自分自身にも、であり。

はじまることも、終わることも、やめることも、続けることも。
ひとつひとつ、自身が選ぶ。そのたびに、道は開かれる。
神保さんの胸に、いつも希望があたたかく灯りますように。

猫の距離感って、目を見張るものがあります。密着も寄り付かないことも。
眼差しも、息づかいも、温もりも。食べちゃいたいくらい可愛い肉球も。
全身全霊を使って生きている。
わたしも猫を見習って、己と相対するすべてのものとの距離感を量りながら
自身の命を自分で守る、自分を大切にして健やかに生きてゆきたい。
自分を好きになって、同じように大切にしたい人への思いやりを忘れずに、
自分らしく自分にしか出来ないことを、コツコツ深めていきたく思います。

神保健城さん、個展を開いてくださって、
絵を観せてくださって、ほんとうにありがとう。

いつも 「ちてなさんの取材レポートは凄い」 
と細かく感想を伝えて下さり、とても嬉しかったです。
励みになって、自分ももっと成長したいと思うようになりました。
3年続けてご対面して取材させて頂くことができて、本当に楽しかったです。
お互い、次の一歩ですね。またいつか絵画展で会えるのを楽しみにしています!

●このレポートに載っている、額に入ったポストカードサイズの作品は
 一律3500円で販売中だそうです。ご希望の方は、購入したい作品の
 題名、画像などを添付して神保さんのメールアドレスまでお問合せ下さい。
 神保健城さん: kiki.takekij(アットマークです)hotmail.co.jp


(上:「昼寝」 「お気に入り」 中:「海にて」 「にゃー!」 「つき」
 下:「かびん」 「たたずまい」)


2009-7月- 2 トップ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.