にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
浅野陽 大原はだか祭り絵画展 北土舎
浅野陽(みなみ)さん個展 cafe & galerie NAJA
房総のむら 組紐ストラップ作りを体験をしてきました♪
房総のむら 畳コースター、ちよ紙ろうそく体験をしてきました♪
御宿のGallery カッテンマさんに行って来ました☆
佐原 River Way 正上さんで、とんぼ玉制作体験!
8月末に、STAGE銀座さんに行ってきました!
工房ガレ木さん。工房村を作ります!山や廃屋などを貸してくださる方、募集中!
道の駅くりもと紅小町の郷 第二回かかし祭りと、鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーと、白浜フラワーパーク
道の駅 三芳村 鄙の里 やきもの くりはら工房さん♪
野島埼灯台で、ストラップ作りをしてきました♪♪♪
いすみ市第五回かかし祭りと、砂の彫刻美術展と、ポッポの丘
休暇村館山で、キラキラ貝磨き貝の宝石作り体験をしてきました♪
ギフトなタレント展2012summer に行って来ました!
皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展
大泉学園 アートスペースSさんに行ってきました♪
岩瀬まゆみさんに、婚約指輪を作っていただきました♪
木村ひとみさんに、結婚指輪を作っていただきました♪
STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん
STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

皆さんの投稿レポート  浅野哲示・陽 製本と日本画二人展
このエントリーを含むはてなブックマーク

「皆さんの投稿レポート」第13回目は、2009年4月10日から22日まで、
千葉県土気の cafe & galereie NAJA で開催された、
「浅野哲示・陽 製本と日本画二人展」です。

浅野陽さんといえば、ちてなが今年の3月に御宿に休暇でいたときに、
「外房長屋さん」 と 「月の沙漠記念館」で ポストカードが販売されてて
しかも、いつも買物に行く 「スーパーガッツ」 の隣の 「寺子屋JOY」 で
手作り絵本と水彩画教室を開かれていて、うわ~! なんだか凄く
お近くにいらっしゃるっ?! と、とてもビックリしたのです*

そんな浅野さんのお二人展の様子です。皆様、どうぞご覧下さい☆

---------------------------------------------------------------
浅野陽(みなみ)さんより
---------------------------------------------------------------

Kinusakura Naja

4月10日~22日、千葉県土気での「製本と日本画二人展」終了しました。
まずは足を運んで下さった方々、NAJAのお店の方々にお礼申しあげます。

少し日が経ってしまいましたが、私達の仕事の紹介を兼ねて展示の様子をレポートいたします。
今回来られなかった方、まだ私達の作品を知らない方にも見ていただきたいと思っています。

まずは、自己紹介から。
浅野 陽(みなみ) 1953年生まれ。 東京育ち
陶芸家の浅野 陽(あきら)さんと漢字が同じなので
よく間違えられますが関係ありません。

日本画、絵本を描いています。
母の友や小説すばるなどに挿絵を描いていた事もあります。
お茶の水美術専門学院卒業。日本画は独学。
1991年 銀座フタバ画廊で日本画の個展、
      その後東京と飯能で交互に個展と二人展を開く。
1997年から公募展「蒼樹会展」に毎年出品、
2008年まで蒼樹会会員、現在無所属。

絵本は、製本の展示作品として 「道成寺」 を作ったのが初め。
2003年に、房総大原のはだか祭りを題材に
「海に入るみこし」 を古今社より商業出版。
(日本図書館協会選定図書になっています)

私の連れ合いの浅野哲示は、個人でやっている和綴じの製本屋です。
山田大盛堂という和綴じ専門の、東京では大手の製本屋に
10年間勤め、職人さんをやっていました。時代の流れにより
手仕事がどんどん減ってきて、1990年頃、独立。
現在は、製本教室を開きながら、和本を中心に洋本でも、特装修理を致します。
貼込帳・帙・たとうを作ります。ごく少部数の自費出版も請け負っています。

製本屋 浅野哲示
1956年生まれ。申年 
卒業後「和本専門」㈱ 山田大成堂入社。
この大成堂で和本一般の製本(いわゆる職人仕事)や、
後には製本機械のオペレータなども経験しました。10年半勤めた後、退社。
「牽牛荘」として独立。以後和本を中心に特装本・修理などを受注。

現在までに日本画家の浅野陽や伊藤昭と、本郷・大塚・飯能などで二人展等開く。
季刊銀花(133号)ほか、複数の雑誌に紹介される。
大塚の(株)マスミと千葉県の自宅で和本中心の製本教室を主宰。
鉄道、本 猫が好き

浅野哲示の製本作品を紹介します。
左上の2冊 人形劇 「新平家物語 写真集」
その右謡い本3冊 その右 方丈記の部分 下の段 洋本じたていろいろ

製本の 「作品」 というのは、
初めての方にはいつも理解していただくまで時間がかかります。
たびたび、「それでこのデザインの本はどこで売ってるんですか?」
なんて訊かれてしまうのですが、展示してある本は一冊しかありません。
洋本仕立ての場合は市販の印刷された本を一度ばらばらにほどき、
綴じ直して新しく表紙を作って付けるのです。

川本喜八郎の人形劇写真集
この 「新平家物語写真集」 ですが、中身はNHKで放送されていた
川本喜八郎の人形劇の写真集で、両方とも元のデザインは赤い無地のクロスです。
その本を一度ほどいて綴じ直し、布はご本人に分けていただき
全く新しいデザインにしたものです。
他の洋本も、元はだいたいは無地の製本用クロスでできていますが、
内容に合った絵を付けて新しく生まれ変わりました。
好きな話の本は特別なデザインの本にしてはいかがでしょう?

方丈記のたとうと起こし絵。下の段右端  「房総鼻眼鏡」
右から2番目はパンフレットを集めて一冊の本に綴じたもの

元は本ではなかったものも(パンフレットなど)まとめて本に作ることもできます。
それからちょっと見えにくいですが、「房総鼻眼鏡」 という和綴じの本は
旧国鉄のダイヤを使って本につくりなおしてしまったものです。

こちらが、国鉄のダイヤを利用して作った
「房総鼻眼鏡」 「匠の仕事話」 「木に学べ」 そしてお能の謡い本です。
謡い本はお謡いを習うときの教科書に使うものですから、
普通はなんの変哲もない紺の無地だったりするのですが、
私(陽)は自分の好きな話のイメージで表紙を描いてみました。

棚の上の起こし絵と方丈記中身 です。起こし絵は折りたたんで本と重ねると、
棚の上に見えていた、たとうに収まってしまいます。
起こし絵は、方丈記の中に語られている鴨長明の住んでいた
「方丈の家」 を再現してみたものです。
これらはご注文を受けて作ることができます。

左の立ててある本は、すぐ右にあるペーパーバックの本を
丸背の硬い表紙の本に作り直したものです。
これは哲示の製本教室の生徒さんが自費出版したものを自分で製本したものです。

その右にある折り本は、インターネットで写真と文章をつづったものを
並べ直して一冊の本に仕上げたものです。
このように、HPやブログを手作りで本に作ることができます。
また、絵や文を書いている方ならごく少部数でも本に仕立てることができます。
詩集や自分史を書いていらっしゃる方など本にまとめてはいかがでしょう?

その右は、手前にあるのが普通に出版された本。
その後ろに立ててあるのが製本し直した特捜本です。
これは、飯能にいたとき地域の職人さんを取材してくれた
「匠の仕事話」 という本がありました。その中から、染め(布の部分)、
刺繍(題名)、製本の職人が集まって作った本です。


製本工房牽牛荘の絵本
絵本の絵はすべて浅野陽です。文は作者はいろいろ、古典もあります。
【手彩色】 線だけを印刷して、色の部分は手で描いてあるのものと、
【印刷板の絵本】 パソコンで印刷した自家製の絵本とあります。

一番上から  「源氏物語・花の宴」 巻子本 【手彩色】
「花の宴」 は誰でも知っている源氏物語から。文は古文のままです。
これは巻子本(巻物)に作ってみました。

中右  「グスコーブドリの伝記」  【手彩色】
「グスコーブドリの伝記」 「猫の事務所」 は宮沢賢治の童話を絵本にしました。

中下 「雨月物語」 蛇性の婬  【手彩色】
これも古文のまま。お話が長いので挿絵入りの物語という感じです。

左 「道成寺」 絵本 【印刷板の絵本】
絵本 「道成寺」 お能や歌舞伎の 「道成寺」 の元になった
今昔物語にある 「牟呂群(むろのこおり)の悪女」 という伝説を
現代語に書き直して絵を付けました。詳しくはHPをご覧下さい。

下左  「海に入るみこし」 【手彩色】
房総大原の 「はだか祭り」 を題材にした絵本です。
これは文・絵共に浅野陽オリジナルです。
ここに展示したのは手彩色版ですが、2003年に古今社から出版されました。

上 源氏物語の続きが広がっています。
その左にあるのは丸く開く本 【手彩色】
丸く開く本は、全部開いていくと円になる本です。内容は干支。

中 「道成寺」 の半分
下 「海に入るみこし」 の続き

その左 「ちきゅうとなっとう」 【印刷板の絵本】
私の友人が子供の頃、自分の弟のためにお話を作って聞かせていたのをもとに
絵本用に書き直してもらい、私が絵を付けました。

これらの絵本は注文をいただいてから作っています。
興味のある方はご連絡ください。
出版された 「海に入るみこし」 はお近くの書店で取り寄せてもらってください。

二人展になった経緯ですが、去年の今頃だったでしょうか。
六地蔵窯の安田裕康さんがこのNAJAというカフェで
個展を開いていられたのです。安田さんとはその前の年、
私が今の家に引っ越してすぐ知り合いになりました。
それを見に行った時にNAJAに私達のことを紹介してくださり、
その場でNAJAのオーナーが気に入ってくださって
二人展を開くことになりました。

浅野哲示の和本を中心に 洋本作品も展示しましたが、
作品、というよりどういう仕事をしているか
知っていただくための見本市的なものでした。

実際に二人展を開催してみての感想は、
初めての場所で、この辺では自分で呼べる人が少なかったのですが
NAJAの多くのお客様に私達の仕事を知っていただけたと思います。
なによりNAJAのオーナーご夫妻と気があったのが嬉しかったですね。

NAJAでも定期的に展示会をやらせていただけることになりました。
これからも東京と地元千葉での展示を交互にやっていこうと思っています。


●ちてなの感想●

浅野陽さん、どうもありがとうございました!
確かに「製本」って、知らない者にとっては「ぴん」ときませんし
展示会で本が置いてあれば、それが売り物なのかと思ってしまいますね。

今、このレポートを一回読んだだけでは充分わかったうちには
入らないと思ってるのですが、つい先日、高円寺で
本の修復のワークショップを拝見させて頂いたばかりなので
ぐっと、親近感を持って読むことが出来ました。

絵を描くことができる浅野陽さんと、製本が出来る浅野哲示さん。
お2人がご夫婦って、素敵ですね~!!
ちてな、よく、
「取材レポートを、冊子とかパンフレットとか本にしたらいいのに」
と言われることが多いんです。
ええ、ええ、それはそれは多いのです。
しかし、本にするとしたら莫大なお金と、
写真をどうしたらよいのかという頭の痛い問題がありますが、
将来的に個人的に自費出版したい夢もあるので、
いつか挑戦してみたくなりました☆

今回、浅野陽さんの絵をあまりじっくり観れませんでしたが、
大きな桜の木の根元に、花びらがたくさん散っている絵が
とても素敵でした。吸い込まれそう。実物はもっと迫力ありそうですね。

浅野陽さんは、水彩画教室も開かれています。
ご興味のある方は、浅野さんのHPからお問合せください!


 (NAJAさんに毎日来ていた猫ちゃんだそうです♪
  可愛い~♪ 4月だから、桜の散ってるのが見えますね。)

⇒ 今回、ご投稿いただいたのは・・・
   浅野陽さんです! ありがとうございました☆

  ■浅野陽さんHP
    http://www.geocities.jp/vulcanrei/

  ■浅野哲示さん 製本工房 牽牛荘
    http://www.geocities.jp/kengyu_t/

●寺子屋JOY 浅野陽さん 手作り絵本と水彩画教室のご案内


■投稿レポートTOPページに戻る■

2009-6月-25 トップ カテゴリ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.