« 皆さんの投稿レポート 陶芸教室 陶房風花・秋本美佐子さん 「和展」 | メイン | デザイン・フェスタvol.29 初参加レポ&デザフェスについて感想 »

2009年5月 1日 (金)

デザインフェスタ初参加・当日までの舞台裏レポートvol.2

デザインフェスタまで、あと、一ヶ月とちょっとの4月15日に、
ぶな工房のにゃあさん家に集合して、工作会議をしてきました!

最初の「お花見会議」の時に
「3人で一緒のお揃いのアイテム作りません?」と
にゃあさんから提案されて、こんな機会でもないと作らないよねということで、
3人それぞれの柄でシールを作ることになったのです。

ところが、ちてなも、くろぽちさんもシールを作ったことが無いので
実際に作っている、にゃあさん家で、シール作りをしよう、
同時に、「お花見会議」でにゃあさんが作って持参いただいた、
くろぽちさんの猫の立体人形!!!
これに、くろぽちさんが色付け、絵付けをする
ということも、スケジュールに入っていました。

わたしは、さくさく~♪っと簡単に終わって、
お菓子とか食べ食べ、お茶飲みながら、後半なんて、
ガールズトークに花が咲いて、穏やかに終わっちゃうんじゃないの?!
な~んて、超!かる~く、考えていました。
ところが、どっこい、予想をはるかに超えて
かなりな長丁場になってしまいました(><)


■まず、猫ちゃんとご対面■

にゃあさん家には、「ちゃた」と「こげ」ちゃんという、
猫2匹さんがいらっしゃるのです。
サイトや、シール、カレンダーなどで、そのお姿は拝見していましたが、
「おじゃましま~す、こんにちは~♪」
初ご対面!!!
思ってた以上に大きくて、お美しく、ご立派なお姿に、
ちてなもくろぽちさんも、顔が緩みっぱなしでございましたの~ん(^0^)/☆

「ちゃた」ちゃんは、すぐ頭を膝にぶつけて近寄ってくれて、
撫でたり触らせてくれました。何度も、わたしの膝に手を乗せて
顔を近づけ、口元(鼻?)の匂いをくんくん嗅がれたのは
かなりドキドキでした(^-^;)>臭くなかった??ごめんね??(汗;)

こげちゃんは、遠巻きに見てることが多かったですね。
それでも後半はわたし達に見慣れてきたのか、
テーブルの上にきたり近寄ってくれました。

なまの猫ちゃんを見る(野良猫はよく見ますが)のは久しぶりなので
これだけで、かなーりテンション高くなりました!
ちゃたちゃんが、高い冷蔵庫の上にジャンプして悠々としていたり、
タオルを引いたチェアーでぐっすり寝ていたり、
横たわって、尻尾でトントンリズムとってたり、
はっと見たら、ビニール袋をカリカリ噛んでたり(笑)
どっから見ても可愛すぎ~♪♪ もう、何処にも行きたくない、
なーんもしたくない、ずっとそばで猫見てたいわ~♪(絶対無理な話ですけどねw)
と、始終、ちゃたちゃんとこげちゃんに、でれでれ・ほくほくモードのちてな☆

ずっと実家で猫を飼って、ご結婚お引越し後は猫を飼われていないくろぽちさんと
一緒になって「猫、いいなあ~」「猫、飼いたい~」と、うるうるでした♪
ほんとに可愛くて、癒されました。
ありがとうね、ちゃたちゃん、こげちゃん♪


■美味しいお鍋に舌鼓~♪■

にゃあさんが、秋田名物きりたんぽ鍋でおもてなしくださいました!!
この日は、きりたんぽは無かったそうで、
お米を丸めた丸いお餅(?)が入ってましたが、
見るも鮮やかな手つきでポイポイさくさく作られて、
あっというまに出来上がり。おまけにサラダもしゃきしゃき作り、
お手製のドレッシングも素早くこさえて
手際よくって、ほれぼれ、トレビア~ン♪♪♪
ああ、、、世の「奥様」がたは、このように、ちゃっちゃか料理を作り
流れるようにテーブルに運ばれるのですね。
あたし、ぜーーーッタイ、無理(><)
料理できない・手際悪い・不器用と三拍子揃ってるので、
小心者どきまぎしながらも「いっただっきま~す♪」
お野菜もたっぷり入って、もう、すっごい、美味しくて、
まっ昼間から、食前酒(にゃあさんお手製梅酒)も頂いて、
まったりご機嫌~♪(このまま寝たい・・・w)

にゃあさん、どうもご馳走様でした&ありがとうございました~♪


■レンタル機材の確認やらなんやら■

代表で申し込みをした、にゃあさん家に、書類一式が届いたそうなので
見せてもらい、ブースの場所を確認しました。
私たちは、1階の西2ホール「B0225」
コの字型の展示会場でいうと、右上のほう。
搬入時間、搬出時間も確認し、集合時間の目安、
借りる壁とテーブルの最終チェックをおこないました。

そのあと、にゃあさんのお持ちの「展示道具」一式を見せて頂き、
展示にどう使うか、当日、どんなふうに飾るかを話し合いました。
実際に見せてもらったことで、具体的なイメージが湧き、
不安が消え、当日が楽しみになってきました♪

にゃあさんの当日、展示する猫雛さんも見せて頂きました♪
表情が違うし、お着物がグラデーションになるように
ご自分でひとつひとつ布を染色されたそうで、手がこんでいて
さわり心地もふっくらした、綺麗な色♪
当日は、何体か飾られるそうですので、皆さん、楽しみにしててくださいね☆


■さて、シール作りですよ♪■

さてさて、今日の本題、シール作りです。
にゃあさんが実際に作っていて、おまけなどで頂いたこともある、
切手の形をしたシール。ふちが、切手みたいにジグザグ可愛くなってるんです。
これは、このようにカットできる鋏をにゃあさんがお持ちなので、
それを借りて同じ形のシールを作ることに。

まずは、くろぽちさんとちてな、それぞれ10点、
シールの絵柄を作るために原画をスキャナしてもらう。
取り込んだ画像から、シールにするための大きさ
(解像度やキャンバスサイズ)にあわせいくのですが、

じぶん家じゃないパソコンを使うことと、
使ったことの無いソフト(フオトショップ)で作成するので、悪戦苦闘;。
にゃあさんに教わりながら、
「あ、切れた」 「あ、こうじゃない」 「なんで、こうなるの」
「向きをこうして」 「入らない、縦横比が…(T_T)」
ハラハラドキドキしながら、画像作りに戦い挑む!

パソコンもスキャナーもプリンターも鋏もひとつしかありませんから
くろぽちさん、ちてな、と交互に、2個ずつ画像を作り、
試し刷りして確認後、シール用紙に印刷し、鋏で切っていく。
どちらかが切ってる間に、どちらかがパソコンで画像作成、印刷と交互に作業。
この、文字にすれば、たった数行の工程ですよ。

これが、すっごく大変~~!!!(><;)

も~~、くろぽちさんと同じタイミングで「はー」と息が漏れました(笑)
こんなに、シール作りって、大変なの?! まったく予想だにしておらず!
出来上がった物しか見てないので、作る工程を知らなかったこともあり、
簡単なものかと思ってたんです。
こっこっこんなに大変な手間がかかっていたのかと・・・!
にゃあさん、すごいよ! こんなことしてたんだ!! ってビックリ仰天ですわ! 
もうーーこれって、好きじゃなくちゃできませんね!!(感心します)

途中、休憩で、くろぽちさんのお土産のプリンを頂きました。

ほんと、美味しかった♪ くろぽちさん、どうもありがとうございました~♪
まだ陽がでてたので「3時か4時かなあ~」なんて暢気に思っていたら
もう5時。えっ!? ごっごっ5時?!?!?!
まだ、二人とも、4つか5つしかシールを作り終えていなかったので、
もうここからは、真剣モード。

シール用紙に印刷されて出てきた物を見ると
「可愛い~♪」 「いいじゃないですか~♪」 「すてき~♪」
と、皆で額をあわせて覗き込んで、ほれぼれ♪
でもすぐさま蜘蛛の子ちらしたようにパソコンへ向い、
かたや、鋏を持ってカットカットカット!!!
この、一枚一枚カットしていくのも結構コツが必要でしたよ。
鋏の刃の向きとか、幅など、微妙な気配りが大切なので
几帳面なくろぽちさんは、真剣に綺麗にじょおずにカットされてました。

切手型に切れる鋏が、にゃあさん家にしかないこと、
同じソフトが無いし、自宅で全く同じように印刷できる保証がないので
できれば、印刷は、にゃあさん家で終わらせてしまいたく・・・。
もうとにかく必死でした。ちてなのほうが、あと印刷、
カットもあとなので、ひたすらざくざく切る切る切る!!!
豪快ではなく、大雑把(笑;)たぶん幅とか揃ってないよ。
綺麗にカットできてるのは、間違いなく、くろぽちさんのほうです*

じつは、それだけじゃなくって、もうひとつあったのです。
シールを入れる袋に、にゃあさんは、紙を入れて
切手シールという商品名と、作家名、屋号、HPのURLや
切手じゃないよ、シールだよという丁寧な注釈を書いたパッケージというのかな。
それらを印刷して入れているんです。手がこんでますよね~。さすがですね~。
で、それも、くろぽちさんと、ちてなと、それぞれ作って印刷が必要なわけです。

時間がもう6、7時を回っていたこともあり、遅いので、
くろぽちさんの分のみを作成、印刷してもらい、
ちてなの分は、後日、データーを送ってもらうことに。

しかし、にゃあさん、後日、ご丁寧にちてなのぶん、
作成・印刷して郵送してくださいました。
きゃあ~♪ にゃあさん、ありがとうございますぅーーー!!!(感謝*)

全部で10個の絵柄の中から、5つの絵柄2枚ずつ入ってるAタイプと、
残り5つの絵柄のBタイプ。

袋詰めしたもの。こんなふうに、台紙の色違いで2種類わけてます☆
2種類とも、10袋限定です。自分で言うのもなんですが、
とっても可愛いで~す♪

なんだかんだで、この日は、ちてな、10個印刷してカット終了、
(あ、くろぽちさんは、2つはカットせずお持ち帰りで)
解散したのは夜、9時頃でした。 うわー、皆さん、お疲れ様でした!!!


■その後・工作会議は続くよ・4月22日■

最後のほう、バタバタわたわたしてましたが、
「そういえば、色付けできなかったね」とにゃあさん。

そうです、にゃあさんが作って下さった、くろぽちさんの猫の立体人形。
色付けまで、今日終わらせる予定だったのでした。

粘土なので、アクリル絵の具が必要。
にゃあさん家にはあるけど、くろぽちさん家にはないので
もう一回、くろぽちさんは、にゃあさん家に行って作業することに。

22日、にゃあさん家に、くろぽちさん参上。
残ったシールの鋏カットと、色付け作業をされたようです。

う~ん♪ こちらが、色付け前の、
にゃあさんが作ってくれた、申し分ないフォルム。
くろぽちさん自身も「よくできてる~☆」と太鼓判を押し、
まっしろでやすりがかかったつるつるもの。

平面のものが、立体になって、飾ってあると、
それが非買であっても、かなりのインパクトになりますし
印象にも残ると思うんですよね。
くろぽちさんが、この上に、どう、色を乗せていくのか。
どうなるのか見てみたい、興味津々♪♪
わたしは、当日、現場で、色付けされた物を拝見する
ことになるので、今から、とっても楽しみです♪

くろぽちさんは、無事にこの日、一体、色を塗り終えて、
このあと、もう一回、30日に、にゃあさん家に行って
あと数体、当日の展示販売用ににゃあさんに作成頂いた
土台ボディに色付けする作業があるそうです。
うわ~! にゃあさん、くろぽちさん、大変ですけど、頑張って!!
皆さん、こうご期待♪♪♪


■当日に向けて、お2人からのメッセージ■

「舞台裏取材レポート」でございますので、
にゃあさんと、くろぽちさんに、きちんと取材せねばと
いろいろお訊きしてきましたので、最後にご紹介させていただきます。
茶色の字が、ちてなが伺った質問です。

◆デザインフェスタ初参加!ですが、おふたりにとって、
デザイン・フェスタのイメージとは? どんな印象をお持ちですか。
くろぽちさんは、にゃあさんに誘われてどう思いましたか?
にゃあさんは、今回、くろぽちさんと、ちてなさんを(笑)誘っての合同出展ですが、
その主旨や方向性、どんなものをイメージされてますか?

くろぽち:
デザフェスは学園祭のノリのイメージで、実際行ってもそう思いました。
ワイワイガヤガヤ雑多な感じ。だから色々な物が見られて面白いわけで、
ジャンルとか考えずに面白そうなのがあれば立体でもイラストでも
パフォーマンスでもなんでも見て回ってました。

にゃあ:
デザフェスのイメージは、大きな学園祭、といったかんじでしょうか。
以前はもっとアートっぽい雰囲気だったと聞いたことがあります。
作品レベルも幅広く何でもあり、人や自分を知る手立てになると思います。
何回か見に行って、出展者もお客さんもどちらも楽しそう・・でも、とっても疲れそう
(広い会場、たくさんの出展ブース。見に行くだけで実際すごく疲れます;)。
以前から、
「参加したい、でも出展料などが高そうで、ひとりでは無理。
 でも、誘えるようなお友達が近くにいない」ということで二の足を踏んでいました。

そこへ、以前から作品のファンだったくろぽちさんに、
ちてなさんが引き合わせてくださって、
「いつか二人展がしたいね」と意気投合したので、
今回、その予行練習として参加しませんか、とお声をかけさせて頂きました。
ちてなさんも最近「作る人」の仲間入りをしているようなので、
良かったらご一緒に、となったわけです。

おふたりから、「何かテーマのようなものは?」と聞かれて、
共通項といったら「猫好き」なのですが、結局、普段、
自分が作っているとおりでいいよね、ということになりました。

◆くろぽちさんは、絵を描かれていますが、
くろぽちさんご自身にとって「絵を描く」って、どんなものですか?
普段、どんな時に、どんなふうに描いてますか?
絵を描いてて、何が楽しいですか。

くろぽち:
買い物が楽しいから買い物するって人と同じ感覚だと思います。
だから描きたいなと思った時に描いています。
絵を描いてて一番楽しいのは色を塗っている時。
白い紙の中に徐々に自分の世界が出来上がっていく時が一番楽しいです。

◆にゃあさんは、他のアートフリマの参加、店舗への作品納品など
ご経験されてると思いますが、それらを経験して学んだこと、
気づいたこと、苦労したこと、楽しかったことなどありますか。
また、それらを踏まえて、今回のデザフェスでは何をどういかせる、使える、
応用できる、どんなふうに、役立てられるかもしれないと思いますか?

にゃあ:
これまで何度か作品を出させていただきましたが、
その中で気づいたのは、それまで人から言われてもあまり実感のなかった、
「わたしの作品は丁寧である」ということに、
自分ながら客観的に見て、そうなんだと気づいたことです(笑)
自分ではそれほど「丁寧に!」と力を入れたつもりはなかったのだけど
(しかもそれほど神経質な性格でもないし/笑)。
でも、そう気づいてからのほうが、
より丁寧に作るように、心がけるようになりました。

驚いたのは、人に見てもらう、手にとってしかもお金をだしていただく作品を、
雑に作る人が多いこと。それが悪いとかレベルが高い低いということではなく、
その姿勢でしょうか。それが今回、初のデザインフェスタで、
どのように評価されるのかが、楽しみでもあります。

◆デザフェス参加にあたって、準備で何を一番頑張りましたか。

くろぽち:
切手シール作りや人形の絵付けです。
自分の範囲外の作業だったので手こずりました。

にゃあ:
コンスタントにどこかに作品を出していましたが、今回、
これまでになく、たくさん作っているような気がします(笑)

◆デザフェス準備にあたって、当日までの苦労したこと、
大変だったこと、はじめてわかったこと、びっくりしたこと、
楽しかったことなど、印象に残ってることをお聞かせください。

くろぽち:
やっぱり自分の範囲外の作業は苦労したし大変でした。
でもこういう切羽詰まった感は学生の時以来かもと思って楽しかったです。
今回グループなので、みんなでアレコレ企画を考える事や
自分の作業だけで完結しない事も普段と違って面白かったです。

にゃあ:
出展料よりも、レンタル機材のほうが高いということ(苦笑)。
わたしは車がないので、いつもは旅行用のスーツケースふたつに収まるように、
ディスプレイ用の道具を持っていくのですが、今回、どの程度まで持っていけばいいのか、
これから前日まで、少しずつ検討していこうと思っています。

楽しかったのは、初めて他の人と、作ることを共有したこと。
普段はひとりで黙々と寂しく作っているので(笑)。

お客様が来ることが極端に少ない家に、何度も足を運んでくださっているので、
珍しく、我が家がきれいに保たれているのも嬉しいです(爆)

◆デザインフェスタ当日は、どんな一日にしたいですか。

くろぽち: 楽しい一日にしたいです。

にゃあ:
見学に行って、春と秋のどちらも、会場内がとても暑かったので、
暑さに弱いわたしとしては、体調維持にまず気をつけたいです。
そのうえで、めいっぱい楽しみたい!

◆デザインフェスタで展示する、ご自身の展示作品の見どころ、
来て下さる、見てくださる皆さんへのメッセージをお願いします!

くろぽち:
普段あまり出さない原画を3点販売します。
でも今回は私のキャラクタをにゃあさんが立体にしてくださったので
それが一番の見所かと。
私のキャラの初人形ですからね!感動しました。

人形の絵付けは私がしたのですが、やっぱり平面と違っていて
それはそれで面白いと思います。カワイイです。

にゃあ:
わたしの作品はすべて自己流なので、それが、普段とは違う大勢の方々に
どう見ていただけるかが、不安でもあり楽しみでもあります。
今回は初めてのグループ参加なので、その面からも、今からとても楽しみ。
声をおかけして、参加してくださり、数々のわがままな提案を
快くきいてくださった、くろぽちさん、ちてなさんにも感謝。

見にきてくださる皆様にも、楽しかったと言っていただけたら、
それぞれの作品を気に入っていただけたら、とても嬉しいです。

にゃあさん、くろぽちさん、どうもありがとうございました!
5月17日まで、あと一ヶ月切ってしまいました!

にゃあさんの、猫のお雛様、猫の置物。
くろぽちさんの、原画、初の立体人形。
ちてなの、ポストカード。額絵。
三人それぞれの味わいが出てる切手型シール。
私たち、17日(日)一日だけの参加になりますが、頑張って準備してきました。
(特に、くろぽちさんと、にゃあさん!☆)
当日は自分達も楽しめたらいいなあと思っています。

デザインフェスタに同じように参加される作家さんがたも、
デザフェスに遊びに行こうかな~と思ってる皆さんも、
是非、遊びにいらしてください!
三人いますので、誰かいなかったりするかもしれませんが
誰かしら居ますので(笑)お気軽にお声をかけてかけてください。
ご感想などもいただけたら、なお、嬉しいです♪

宜しくお願いしま~す(^0^)/☆

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/19551601

デザインフェスタ初参加・当日までの舞台裏レポートvol.2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko