にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
浅野陽 大原はだか祭り絵画展 北土舎
浅野陽(みなみ)さん個展 cafe & galerie NAJA
房総のむら 組紐ストラップ作りを体験をしてきました♪
房総のむら 畳コースター、ちよ紙ろうそく体験をしてきました♪
御宿のGallery カッテンマさんに行って来ました☆
佐原 River Way 正上さんで、とんぼ玉制作体験!
8月末に、STAGE銀座さんに行ってきました!
工房ガレ木さん。工房村を作ります!山や廃屋などを貸してくださる方、募集中!
道の駅くりもと紅小町の郷 第二回かかし祭りと、鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーと、白浜フラワーパーク
道の駅 三芳村 鄙の里 やきもの くりはら工房さん♪
野島埼灯台で、ストラップ作りをしてきました♪♪♪
いすみ市第五回かかし祭りと、砂の彫刻美術展と、ポッポの丘
休暇村館山で、キラキラ貝磨き貝の宝石作り体験をしてきました♪
ギフトなタレント展2012summer に行って来ました!
皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展
大泉学園 アートスペースSさんに行ってきました♪
岩瀬まゆみさんに、婚約指輪を作っていただきました♪
木村ひとみさんに、結婚指輪を作っていただきました♪
STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん
STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

【ミニレポート】花信風さんで、モラ展行ってきました
このエントリーを含むはてなブックマーク

クラフト縁、にこにこネットのちてなです。
花信風さんで開催されている、「モラ展」を
にゃんぎょうの幹佳菜子さんと一緒に、鑑賞してきました。
今回、コレクターさんのコレクション展ということで、
取材(撮影)無しだったのですが、携帯カメラならいいわよと
花信風さんからお許し頂いたので、携帯カメラで
数枚撮って参りました。本格的な取材レポートではない
ミニ版ですが、ご紹介させていただきますね。

えーーーまず、初めて「モラ」を拝見しましたが
兎に角「凄い…!」の一言に尽きます!
見るまでははっきりいって、漠然としてて、よくわかりませんでした。
でも一目見て驚愕。
モラとは、パナマ共和国のクナ族の女性の手芸・刺繍です。

081010_154917

昔、クナ族は服を纏わず、日頃から、ボディペイントをたしなんでいたそうです。
そのボディペイントの感性や技術などが、そのまま布に縫いつけ胸当て、
日頃着るお洋服として、今現在残る、「モラ」となったそうです。

クナ族の女性達は、子どもの時から、祖母や母がそうしたように、
朝日が昇れば目覚め、日が暮れれば寝る生活の中で、
当たり前のように布を裂き、重ねながら、長さを均等に測るでもなく、
下書き無しで切って縫い付ける(まつって)いくそうです。
親から子へ受け継がれていくモラ。
モラが上手だと、いいお嫁さんになれると言われているそうです。
見ると、鋭角の三角模様が目につきますが、その三角も、
上手にまつれないかただと、まるっこくなってしまうのだそうです。

081010_154818

花信風さんでは、製作途中の作品が見せてもらえます。
そうか、こうやって重ねているのかと驚きます。
実際に手にとって、日にかざしてすかしてみたりもしました。
まったくの対照ではないけれども、ちょっとずつ色や
こまいところなんかは微妙に違っても、
色の補色関係などを誰に教わったわけでもなく
生まれ持った、備わったものとして
どこをどうあけると、どこにくるか、迷うことなく
バランスよく配置し、切り抜いたものなどは満遍なく
別のところで使うなど、工夫されています。

モラには、観光用に売るものと、普段、自分達が着る
身につける洋服と二通りあるそうです。
だいたいが、胸の部分と背中の部分とで対になっていて、
展示されているように、取り外しが可能なようです。

081010_155228

その緻密でぎっしりとした縫い目に、息を飲み、
ほんとうに全部手でまつっていったのか
見てるだけで、非常に気が遠くなるようなものもあれば、
ちょっと不器用な方もいたのでしょうか。
中には、縫いがおおらかな、ざっぱりとしたモラもありました。
そういうのを見ると、逆にほっとします*

柄としては、抽象的なもの、幾何学的模様などもありますが、
動物や虫、魚など、自分達の身の回りにいる生き物が
モチーフになっていることも多いようです。
また、目を見張る、その独特な色鮮やかな色彩は、
パナマという国の風土、強い日差しの下で暮らす彼女達の習慣として、
生きていくための、理に叶った色なのかもしれませんね。

081010_154711

知らなかったのですが、日本でも、モラのお教室や、
実際に作ってる方も多いそうです。
花信風さんで開催している「モラ展」の
コレクターさんも、実際に現地で習い、作っているのだとか。

花信風さんの「モラ展」は、18日(土)までです。
まだ見ていない。見てみたいという方、是非どうぞ!必見です☆


●花信風  11:00~17:00
  http://homepage2.nifty.com/kashinfu/
  埼玉県所沢市旭町1-9 tel 050-3417-5437
  所沢駅より徒歩6分

幹さんのブログの写真のほうが鮮明です(^-^;)こちらもどうぞ*

2008-10月-16 トップ カテゴリ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.