« 「パート・ド・ヴェール 金子守・船田更織 二人展」に行って来ました | メイン | ギャラリーいさら「小島貞二 染色展」に行ってきました »

2008年9月 5日 (金)

幹 佳菜子さん「にゃんぎょう展Ⅱ」に行って来ました

遡りまして8月2日(土)、高円寺の猫の額さんで開催された、
幹佳菜子さんの「にゃんぎょう展Ⅱ」に行ってきました。

5月末に、幹さんは、岡奈弥さんとの二人展(岡幹青果店)を開催し、
そちらも取材したのですが、こんなに会期が迫って
二人展と個展開催とは、大丈夫かな、どうなるかなと思いましたが、
無事に開催、大盛況でした、お疲れさまです~!!!

わたしが行ったのは、2日目だったのに、行ったら
幹さんと猫の額の木村さんに「だいぶ減っちゃったよ~」
と開口一番言われ、びっくり! おおお~待ってましたとばかりに、
ファンの皆さんは容赦ない・・・もとい、心待ちにしていた、
熱い思いを抱いて初日目掛けていらっしゃったようです。
小さいものは、かなり品薄で、置物も売約済みがあちらこちら。
むーん。幹さんファンとしては、遅れをとっちゃったかな?(^-^;)

今回も、まったりのんびりモードで、ちてなの感想書かせて頂きま~す*
写真たっぷりありますので、行けなかった皆さん、ゆっくりご覧くださいね*

にゃんぎょう展にかかせない、旗持ち猫ちゃんも、夏バージョン。
貝がらが置いてあって、夏一色です♪

「お昼寝」
寝てる~♪ 鯛を枕に寝てますよ~♪ 
青い浴衣(?)が目にも涼しい* あとで、気付いたんですが、
左手に、水色のねずみちゃん人形がいました! 芸がこまか~い☆

「トラ」
これ、最高です☆ この表情が、最高*** お酒の瓶に「猛」の字が。
「酒、持ってこ~~~い!!!」 思わず、イカさんも頭隠す・・・?w

ちょっと、ちいさい、「一杯猫」 緑と青。
それぞれの表情がいい~*** いそうだもん、ほんとに、こんな人w

「鯛上宴招き猫」
この、「お!よう!こっちこっち!」 「あんたも、飲む~?」
とでも言っていそうな、自然な宴の様子が微笑ましい*
しかも、あなた、鯛の上で、ですよ* 下の布が、鯛にあってて、天晴れ~♪

見てのとおり、「金魚すくい」
こちらは、どうしても作りたかった作品で、ぎりぎりで完成したのだとか。
子どもが「あれとって!あっちいったよ!」と言ってそう。
「待ってなさい、今、とるから・・・」と慎重な親。
金魚が、一匹黒いのがいるのがいいー。
そして、白に頭上赤いのが中央に一匹いるのもいいー*
それと、下に引いてある布が、夏の涼しい夜、蛍が飛んでいそうな
幻想的な柄で、思わず、祭囃子が聞こえてきそうです。

「鯛かつぎ招き猫」
鯛を担いでいる大きなにゃんぎょう。担いだ鯛には、さらにちびにゃんぎょうが。
いままで、なんの疑問も無く、それが当たり前のように自然に見ていましたけど、
この、くっついているっていうのが、もしかして、ミソなのかも?!*

あれ!山車のところに、金色で猫の顔の絵が描いてある*

こちらは、若者が威勢よく鯛を担いでいる感じがしますね☆
後ろの、にゃんぎょうの、へへん♪という表情がいい♪

小さな作品や、根付、レリーフ作品、ブローチ、ペンダントなど、盛り沢山でした。

上五点は、その名も、「夏猫」たち。
ビール、かに、スイカ、とうもろこしなど。
初日は、浮き輪や枝豆など、他にもあったようです。
左下は、「貝姫」と「貝の詩」。
右下の、背中がぱっくり割れたドレスを着て
扇子で「あら、ごめんあそばせ♪」なレリーフは、
買おうかどうしようか凄く迷って今回、見送ったのですが、
今、こうしてみると、後悔しています…(苦笑;)
うちには、同じようなビン形で、正面向いてカクテルドレス着た、
にゃんぎょうマダムがワイングラス持ってるレリーフがいるのです。
あ~また次の機会に会えるかな~?
ちなみに、背景、ちょっと夏っぽくしてみましたw

こちら、レリーフ作品とブローチ。スイカや、読書、花火など。
魚と一緒なのが、2バージョンあって、その差が面白いです*

この「読書」は、とっても好きですよ~。
夏の避暑地での読書みたい。色も、下の布も渋くて好き。
下にある、丸籠に入った紫の2匹のにゃんぎょうは、
初っ端、すぐに一目で気に入り、その後、撮影だなんだかんだあちこち見て、
選んで、買ってるうちに忘れ、帰る途中に名残惜しげに見送ってる時に、
あ!忘れてた! と気が付き、最後の最後に買ったものです。
あぶないあぶない* 2匹とも、下の布も紫色で好きな色だったのと、
籠にいい感じに納まっているというのがポイント高かった*
自宅で、テーブルに飾ってますが、
見てると、自然に目が細くなっちゃいます***

夏ということで、海の幸が目白押し~♪(ちがう・・・笑)

棚の上にあったのを下に降ろして撮ってみました。
せっかくですので、自由形50メートル競泳してもらいましょう。
寄り添っている黒猫さん、よろしく誘導お願いしますね。

第一のコース! かにさんです。やはり将軍と言われれるだけあって
果たして1位になれるでしょうか?

第二のコース! レッドロブスターさんです。頭だけになっても、
いつまでもしぶとく動く、持ち前の持久力で一位を狙います?!

第三のコース! イカさんです。ちょっと、めんどくさそうです。
大丈夫でしょうか? 競技中に、墨だけは、はかないでくださいね。

第四のコース! 鯛さんです。鯛さん、やる気満々みたいですw
千葉の勝浦から、持ち前の、粋のいい泳ぎっぷりでぶっちぎりか?!

第五のコース! たこさんです! ぶつ切りマリネになっても新鮮!
こりこりした触感で表彰台も独占か!

第六のコース! 同じくたこさんです! ちなみに、たこさんズの
下の布が黒地に白い波(?うねり?)柄でかっこよすぎです!!

結果は・・・金メダルは、イカさんでした☆★☆
夏休み、御宿で散々食べた、新鮮な甘~~いイカを♪ 忘れたとは
言わせねえぜとばかりに、飄々とまたたくまにゴールしてしまいました。
そう、それはまるで、あの、日本中を感動させた、北島うにゃにゃ・・・w
なにはともあれ、イカさん、おめでとう~(笑*)

あのさ~遊ぶのやめてくれる~? と、つれないのは、「夏」。
こちらの着物の柄が魚! 細かいw 傍らには、カトリネコのカトキチくん。

お隣に展示してあった「涼」
鯉かな? 魚の肘掛にもたれ、水風船柄の紫色の着物のにゃんぎょう。
そして、傍らには、カトリネコで紫色のカトエさん。

カトエさんと、カトキチさんの、つかのまの幸せなひととき(笑)
このあと、カトキチさんは、可愛がってくれる方の所に貰われてゆきましたとさ。
カトエさんと、カトキチさんの、ひと夏の思い出でした(ちゃんちゃん*)

下の台にも、にゃんぎょうが、ずらり~! 二人展のときのもありますね。

あ、ここでも、イカ発見* この猫ちゃんは、不思議な表情ですねw

「マタタビビール」 と 「自慢の背中」 夏らしい~***

前回の二人展のとき、うまく撮れなかった、とうもろこし。
リベンジです。どうでしょ? びみょ~~~~???;

初めてみました、「猫だまし」。これ、すごーーく、可愛いです~***

さて、あと残すところ、わずかです。
アイスクリーム、たこ焼き、珈琲、美味しかった夏ももう終わりですね。
「秋でも冬でも、アイス食べるくせに!」 はい、仰せのとおりです(笑;)

手前「気詰まりな客」 後方「気ままな客」
以下、空想です・・・。

「気詰まりな客」
犬さんは、なにをかいわんや、もしくは、いいたげな顔。
猫さん、明らかに犬さんの意向がつかめません。
「あのーーーまだ飲みます?」 どうすれっちゅうねん。。。

こちらは「気ままな客」
猫さんは、満足そうです。犬さんの表情にもお構いなし。
犬さん、明らかに猫さんの意向がわかりません。
「あのーーーまだ飲みます?」 もう帰れや。。。

こちらの作品は、個展前から、
幹さんのブログ「にゃんぎょうのつぶやき」 の 「弾まぬ会話①②」
に載ってて、爆笑したのですが、実際に展示されているのを見て、
とてもよくできていて、ほんと、面白かったです***

この、猫と犬の対比が、非常にツボです♪
ついつい、あー自分は、どのタイプだろうなと思っちゃいますね。
ぷぷっと噴出してしまう可笑しさの中に、しゅっと一瞬にして、
客観的に自分を見る、小さな社会の縮図を見るとき、
頭では、いかに、自分達が正当で間違っていなくて
大きくて立派で素晴らしいことをしていると考えてしまいがちですが、
なんてことはない、わたしたちは、たったひとりでは生きていけない、
目の前の相手が、どんなことを考えているのかさえも、わからない、
小さな小さな命のひとつなんだということに気がつきます。

ひとりでは生きていけないからこそ、わたしたちは、
相手がどう思っているのか、考えなければなりません。
相手を思ったり、相手の言葉や態度を感じなければなりません。
質問したり、確認したり、拒否したり、否定したり、賛同したり、相談したり。
目や耳や肌も使って。わたしたちは、わからないながらも、
相手とコミュニケーションをとっていくことでしか、
相手を知ることが出来ない。相手と繋がっていかない。
同じように、コミュニケーションでしか、自分自身を相手に知ってもらえない、
人とは繋がっていかれないのかもしれません。発信と受信。
両方が大切なのですね。うーん。ほんとうに、奥深くて難しい。
難しいから、慎重になる。難しいから、楽しくなる。まだまだ、修行中です。

以上、幹佳菜子さんの「にゃんぎょう展Ⅱ」でした!
幹さんとは、昨年、ひょいっと個展の最終日にお邪魔し、
その可愛さに一目ぼれして、急遽取材させて頂いてから、
何度か取材・鑑賞させて頂いてきました。

わたしが、買った、にゃんぎょうの根付けを
小銭入れにつけて持ち歩いて、作家さんやいろんな方に見せると、
皆さんに 「可愛い~*」 「この作家さん、わたしも好きですよー」
と言われ、わたしも密かに嬉しかったり♪

幹さんは、暫らく個展のご予定は無いようですので、
またいつの日か、お目にかかれる日を楽しみにしています!
まずは、じゅうぶん充電&のんびり休息してください。
どうも、ありがとうございました~(^0^)/☆

●くつろぎ猫クラフト にゃんぎょう⇒●http://mikinyan.net/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/15994648

幹 佳菜子さん「にゃんぎょう展Ⅱ」に行って来ましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko