« 琴坂映理さん個展「猫の宝島探検隊」に行ってきました | メイン | 神保健城さん個展「散歩日和」に行ってきました »

2008年3月15日 (土)

ギャラリーたまごの工房「高円寺裏通り猫展」に行ってきました

2月22日に、高円寺の猫の額さんで、
琴坂映理さんの個展「猫の宝島探検隊」の取材に行ってきたのですが、
この日、ふらっとギャラリーたまごの工房さんに寄ったんです。
そしたら、とっても素敵で面白くて楽しかったんです!!
写真も撮らせて頂いたので、ご紹介させて頂きますね~♪
今回は、取材レポートというよりは、散策アートレポートになります。
日記みたく時系列になっておりますので、(しかも長い;。)気軽にお楽しみ下さい。

1、たまごの工房さん 前編

もともと、この日は、午後2時に猫の額さんに行く予定で、
1時頃、高円寺に付き、ちょっと寄ってみようか・・・という軽い気持ちでした。
南口を出て、線路に沿ってまっすぐ「アイ商店街」を進みます。
左折の道2本過ぎて、右側にゴジラ屋さん、左に古着屋さんを見たら左折。
呉服屋さんの目の前です。ちゃっちゃか歩けば5分かからないかもしれません。
いやー、予想以上に近くて、ビックリしました!
いつも、南口を出て、信号を渡って花屋で左に曲がり、
パル商店街→ルック商店街を、ずんずか真っ直ぐ行っていたので盲点でしたね~。
この、花屋を曲がらないで、まっすぐ行けばよかったのかあ。お目目きらきら。

この日は、「高円寺裏通り猫展」が開催されていました。
あれ~!!思っていた以上に、すっきりしていて、よさげ♪
なんだー!きてよかったじゃん☆ここで、もうときめき指数アップ。
そこに、女性の方が・・・。「工房の富永さんですか?」
「いえ、参加している作家です、これを作ってるんですよ」

Kuuさんという、作家さんで、猫の陶器を作ってらっしゃるそうです!!
この棚いっぱいに、作品が!!!「かっ、可愛い~☆」
もう一目見て、気に入りました。やばい!どうしよう!これから取材なのに!

まずは、ご挨拶してお名刺をお渡しし、記念に撮らせて下さい~♪と
承諾を頂き、必死になって撮りまくりました。
取材の時間が迫っていますし、もうこないと思ったので、
これを逃すともう二度と見れないかも・・・という心境で。

もう大汗かきまくりでした。この日は、ぽかぽか小春日和で良い天気で
暑いくらいだったのです。いや~それにしても、なんで、こんなに、
可愛いものが作れるんでしょう♪♪ただただ、すごい*

極めつけは、こちら。

こちら、はしおきだそうですが、可愛い~!!めちゃ可愛い~*

はっ!!見て下さい!!ブリッジしますよ~**(大喜☆)**

もう、わたしのハートわしづかみ。お土産&記念にお持ち帰りさせて頂きました。
だって、こんなに、可愛くてお茶目なの、はじめてですもん~♪
るんるん♪でゲットさせて頂きました*(ちなみに、Sの緑の子です)

このあと、女性のお客様がきました。どこかで見たことあるなと思ったら、
猫の額さんでグループ展などに参加されている、
猫作家さんの岡田順子さんでした!わ~☆こんにちは~♪♪
以前、お名刺交換させて頂いたのですが、岡田さんは、にこにこネットの
レポートなどを見て下さってるそうで、ほんとにありがとうございます!
しかも、今、開催中の「高円寺裏通り猫展」に参加されているそうで!

壁と棚にずら~っと並んでいます!

猫の顔のコースター。使うのが勿体無いですよね。ふにふに*

ふふふ。上目遣いがいいですよ~*もふもふ♪

あ、全部、上目遣いだったんですね。このほむほむ感がたまりません*

なんか、皆して同じ方向見てるのが、面白いです*
この日、急いでいたので、あとから考えると、全然見れてなかったんですよね。
岡田さんの作品、もっとのんびり一個一個観ればよかった。。。
きっと「あ!この子、すごく好き☆」という子に出会えるかもしれない。
そのときは、是非、クローズアップしたいです♪

岡田さんから
「今日も取材?」「はい、これから猫の額さん行くんです」
「今日は、猫の日だよ!猫の額さんで何かプレゼントもらえるかもよ」
「えっ!そうなんですか?!」
2月22日は猫の日。にゃんにゃんにゃんこの日。すっかり忘れてました。
たまごの工房さんでも、猫の日記念プレゼントを頂戴しました。
さとうみよさんの、切り絵のしおりでした。うわ~ありがとうございます!

たまごの工房の富永さんにはお会いできませんでしたが、
Kuuさんに会えて、可愛い作品を観ることができたので、
すっごく、ほくほくでした!
猫の日のプレゼントやお茶までご馳走になり、
もっとゆっくりしたかったのですが、今日はこれにて。
またどこかでお会いできますように!これからも、頑張って下さいね!

Kuuさんのご活躍、期待していま~~す♪♪


2、えほんやるすばんばんするかいしゃ編

たまごの工房さんでの至福のひとときを胸に、さて、二時が迫っております。
急げ~!大汗かきながら、戻ることなく、まっすぐ歩き出します。
多分、パル商店街と平行して歩いているはず。
どこかで左に曲がればいいやと思い、ずんずん歩く。
不動産屋さんを左折し、セブンイレブンを見る。
高円寺って、一本違う道に入っても面白いお店が多いですね。
もっとゆっくり、来ようと思いつつ、右に入る道に、「占」の看板を発見。むむ。
吸い寄せられるように、ほよほよよと細い道に入ったら「cafe百音さん」を発見!
あー!なんか聞いたことあるぞ??確か、以前取材させて頂いた、
森裕貴さんが、こちらで展示会をしたとお話しされていたような。
へ~☆ここだったんだー!!嬉しい発見。あいてはいませんでしたが。
占いの場所を見た後、振り返ると、狭い階段を発見。うにゃ?
えほんやるすばんばんするかいしゃ」と看板に書いてあります。
え・ほ・ん・や・・・??古本屋で絵本屋さんらしい・・・??

猫の額さんで取材しなくちゃいけないのに。だめです。上がってしまいました。
ぎしぎしと。上に果たして人はいるのか?上がってもよかったのだろうか?
上がる途中で気がつきました。でも、もう後戻りできません。
目に入った面白いものを確認するまでは、先に進めない性質なのかも知れません。
上がってみると。屋根裏部屋のようなきゅっとした空間に四方ぐるりと、本・本・本!!

「うわ~~~~♪♪♪」(←心の声)

360度、本・本・本~♪♪
青いビーチの波打ち際を駆け巡って、そのままダイブしたくなる気分!!!
もう、目がらんらん☆またもや、ときめき指数アップです!(喜*)
しかもね、しかもね、
「片付けが苦手な(得意じゃない)ので、
 お探しの本がある場合は、お声をかけて下さい」みたいな内容の、
ただし書きが貼ってあったんです。惚れた!
ええ人や~~~ここの店主さん、きっとええ人や~~~(涙*)

振りかえると、店主さんがいらっしゃいました!
まだ若い男性の方です。おとなしそうな真面目そうな方です。
ご挨拶してお名刺お渡ししてきましたが、
古本屋さんで、絵本屋さん。この空間と、この店主さん。
取材したいいい~~~!って言うか、また絶対こなくちゃ~~~(泣*)

「すみません、きょう、このあと取材なんです。
 またきますので、是非、取材させてください!」とかなんとか
ハイテンションでご挨拶して後ろ髪引かれながら下界に降り立ちましたが、

はう~。今日って、絶対、いい日だわん♪もうご満悦が2回もあってしまった。
残念ながら、ハイテンション過ぎて、写真撮るの忘れてしまいました。
ごめんなさい。今度、取材した時に、撮ってきますね。


3、猫の額さん編

はい、大汗かきかき、猫の額さんに行き、琴坂さんの取材をしてきました。
もうほんと、まったりと、のんびりしちゃいましたねー。
すると、さきほど、たまごの工房さんでお会いした、
岡田順子さんが猫の額さんにいらっしゃいました!

「あら、また会いましたね!」2人爆笑。

取材も終わり、記念にお買物をしたところ、猫の額さんから
「猫の日」のプレゼントを頂きました。
木村さんの飼ってる猫ちゃんのカードと、猫の額さんのシールです♪
わーいわーい♪ありがとうございま~す☆

そういえば・・・わたしが、琴坂さんの作品などを見て
「あ♪」「はうはう♪」「ほえっ♪」「ふゆゆ~♪」
「すふすふっ(鼻の穴をすぴすぴ開いて、ふんふん匂いを嗅ぐような様)」など、
ひとり上機嫌で悦にひたりながら観ていたら、岡田さんと琴坂さんに
「なんか面白い反応してますね」みたいなことを言われた気がします。

確か、森裕貴さんの取材の時に初ご対面した、前田さん他皆さんからも
「なんでそんなに、いちいち驚いてるの?!」「面白すぎる!」
とわたしのリアクションに、どっと笑いが起こっていたような気がします。
・・・・わたしって、面白いのかな?(笑)


4、蜻蛉玉ばぶるすさん編

多分、5時くらいだったと思います、猫の額さんを出たのは。
この日、接骨院に行く予定があったのです。
高円寺駅前6時15分のバスに乗る予定です。わたしの頭の中では、
このあと、高円寺書林さんにデザートを食べに行く気満々でした。
おデザを食べて、ゆっくりしてからバスに乗って行くつもりでいました。
途中、蜻蛉玉ばぶるすさんに寄りました。
店長の星野さんがいらしたので、ご挨拶。
新しく展示スペースを設けたそうで、拝見したところ、
そこには、さとうみよさんの切り絵が飾ってありました!!!

「えー!凄いじゃないですか!さとうみよさんの!!」
「そうなんですよ、今、たった今、いらしたんですよ!」

是非、ばぶるすさんで、ご覧ください。さとうみよさんの切り絵、
すっごく素敵でした。蛙さんなんですが、森羅万象な感じです。
それから、色々話して、Kuuさんのはしおきをお見せしたりしてたら、
Too-ticki(トゥーティッキ) さんに作品を置いているという
作家さんがいらっしゃって、なんでも、こちらで蜻蛉玉を作るんだとか?
お名刺をお渡しして、ご挨拶し、そこで店を出ると、

・・・時計は5時45分。げっ!!!時間経つの早すぎ!!
まだ5時半くらいかと思ってたのに!!
10分くらいしか喋ってない感覚だったのになー;。
しかも、バスの時間まであと30分!・・・バス停までの往復考えると、
これでは、のんびりおデザは食べられない!頑張って急いでもギリギリ。
焦って行くほうが失礼だよなあ。ゆっくりしたいもんなあ。。
泣く泣く、高円寺書林さんでのデザートタイムは却下となりました。
ぐすん。。。ああ、食べる気満々でいたのになあ。。がっくし。。。
こうなったら、ちょこっとまた、たまごの工房さん寄ろうかな。
夕方遅くには、工房の富永さん、お帰りになるってKuuさんも話してたし。
よし、行ってみよう。こうして、高円寺書林さんには行かず、
再び、たまごの工房さんに行くのでした。
(高円寺書林さん、ごめんなさい。
 また機会があれば、寄ります!デザートを食べに!w)

5、たまごの工房さん 後編

多分、5時55分には、到着したはず。たまごの工房さんに行くと、
たまごのおねえさん・富永さんがいらっしゃいました!
わ~はじめまして~♪嬉しい初ご対面です*
Kuuさんは、なんと、猫の額さんに行かれたそうな。
あらら!入れ違いだよ☆なんか、みんな、同じようなところを、
グルグルグルグル回っているような気がする~☆
こうなったら、猫作家さんセンサーつけませんか?w
どこにいるか、一目でわかるという優れもの(笑)

写真撮影のご承諾を頂けたので、他の作家さん
(全員は撮れませんでした、ごめんなさい)の作品も撮ってきました。

ひめにゃん♪さんも参加されてたんですねー!
はっきりとした色調。バッジは観てるとわくわくします。
今年、取材させていただく予定なので、楽しみです~♪

こちらは、タナベサオリさんという作家さん。なんか、こう、青い目だったり、
ピンク色だったり、丸い曲線だったり、三日月だったり、素敵~*

さとうみよさんの切り絵のポストカードが棚にずらり。

こちらが、さとうみよさんの切り絵作品。
そういえば、以前、取材させて頂いた、同じ切り絵の己夢さんも
ばぶるすさんも絶賛の、とても有名な作家さんですよね。
かなり精力的に活動されてらっしゃるなあという印象があります。

その、己夢さんの切り絵作品。よく考えたら、同じ展示会で
お2人の作品を観るのは、初めてかもしれません!
さとうみよさんは、凛とした力強さで、目に見えない流れが漂っている感じ、
己夢さんは、しなやかな柔らかい流れが香ってくる感じ。同じ切り絵でも
タイプが違う作家さんの作品を同じ場所で観ることができて、嬉しいです!

こちら己夢さんの作品。もううう~すごい、可愛い!!(喜*)
青い鳥さんが頭にいて、お手手には、クローバー。
お目目とほっぺがピンクで、くりんくりんのお花と額もピンク色。
背景は春色黄緑。可愛い~~♪どれも可愛い!
思わず、同じ姿勢をとってしまう、三十路過ぎ女性(おばはん)ですが、お許しを*

あと、この2作品も、ひかれました。やまねこさんという作家さん。
目・・・やっぱり目ですね。目がいいと思います。特に二枚目のは、
なんかむくれてるみたいだけど可愛い。憎めない。撫でたくなる。

すごく、気になったのが、こちら。この、丸いの、好き~!!
(わかりやすく、2枚をくっつけています)
黒猫のぬいぐるみも可愛いですが、紫ピンクのまるっこいのが、たまらない*
下の木の台(?)にもピンクや水色でマークが書いてあって、可愛い!

たまごの工房の富永さんとずっと喋っていて、
面白くてとってもいい方なんだなあというのが、わかりました*
皆さんから「たまごのおねえさん」と呼ばれているのもわかる気がします。
お茶を頂きながら、えほんやるすばんばんするかいしゃさんや、
ゑいじうさんのお話しなんかも聞かせていただいて、嬉しかったです!

とっても楽しくてまったりしてしまい、・・・・・気が付いたら、もう6時30分でした。
がびーーーーーーーーん!!!15分のバスとっくにいってしもたーーー!

心の中で焦りながら(接骨院7時までなのに、間に合わない・・;;。。)
今度、また、ゆっくり取材させてください*とご挨拶してあとにしましたが、
教訓。取材の日は、接骨院の予定はもう入れない。
取材での出会いなど、ゆっくりまったり余韻を楽しみたいから・・・。。。
(接骨院は混んでいたので、少し遅れても大丈夫でした。ほっ。。。)

最後に、展示でいいなあ~♪と思って、気になっていた猫の絵があります。
なんと、あとで聞いてわかったのですが、たまごのおねえさん、
富永さんの作品でした。絵を描く時は、「Yocchan」なんだそうです!
そんな、Yocchanさんの作品をご紹介して終わりにしたいと思います。

小さい額絵をまとめてみました。こういうフラットな感じで、だけど、
目が行く色、色のにじみ、気持ちよい余白、こういうのって好きです。

この絵、すごい好き!(喜*)ワイン好きなので(笑*)
3匹目の表情がいいw 観ててうれしくなる絵って、素敵ですよね♪

ちょこっと嬉しくて。ちょこっと楽しくて。
そんなちょこっとがありがたい、そんなちょこっとが、とても、しあわせ。
きょうは、もう、いろんな楽しいこと、おもしろいことが沢山ありました。
やっぱり、作家さんやギャラリー、お店の方と会ってお話しできるのは、
嬉しいことです。出会いって、かけがえのないものですね。

たまごの工房の富永さん、どうもありがとうございました☆


■Galleryたまごの工房
http://tamagonokobo.com/
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-60-6
TEL&FAX:03-3313-8829 JR高円寺駅南口より徒歩4分

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/12078226

ギャラリーたまごの工房「高円寺裏通り猫展」に行ってきましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko