« ギャラリーながさわ・寿大学第15期生陶工芸科卒業制作展に行ってきました | メイン | ギルドアートスペース游 川村千夏 水彩画展「重奏」~森の響き~ に行ってきました »

2008年2月20日 (水)

皆さんからの投稿レポート【苫米地正樹 白と黒の世界・ギャラリー澄光さん】

2008年より新企画「皆さんからの投稿レポート」が誕生しました。
このコーナーでは、ご案内を掲載したけれども、
ちてなが取材に行けなかった展示会の模様を
作家さん、ギャラリーさんから直接、感想&お写真を
お寄せ頂き、そのレポートをご紹介するコーナーです。

第二回目は、
2008年2月5日~18日にギャラリー澄光さんで開催された、
「苫米地正樹 白と黒の世界」です。

それでは、皆様、どうぞご覧下さい☆
-------------------------------------------------------------------
「苫米地正樹 白と黒の世界」ギャラリー澄光さんより。
-------------------------------------------------------------------

2008年2月5日(火)~18日(月)まで、
東京都世田谷区奥沢にある、ギャラリー澄光で開催しました、
四日市の若手陶芸作家・苫米地正樹(とまべちまさき)さんの個展になります。
ギャラリー澄光の今年最初の展示でもあり、
苫米地さんの、色々な技法を取り入れたさりげない装飾、
白と黒・モノトーンの中にぬくもりとやさしさを感じる器たちが
ギャラリーの中に広がっていきました。
 

●苫米地正樹さんの思い入れ●

今回、初の東京での個展で、
今一番自分のカラーのある作品を展示しました。
基本は、白と黒のモノトーンが好きなので、
それをベースに物作りをしています。
白と黒でも色々な白と黒があるとおもいます。
例えば、土、釉薬、窯の焚き方それぞれ色々な白と黒があります。
その限界に挑戦していきたいとおもっています。
東京の人たちに、苫米地正樹の作品を少しでも、買っていただくために、
買いやすいお値打ちな作品もご用意いたしました。

●ギャラリー澄光さんより●

苫米地さんの作品は、モノトーンの中にもどこか
あたたかさやぬくもりを感じられる作品で、とても軽く、
イッチン掛けによるさりげない装飾の 凹凸が、
手触りに立体感や面白さを感じさせてくれます。

日々のライフスタイルに
ちょっとアートを取り入れてみるきっかけにピッタリの器やカップです。
『シンプルだけど変化がある。』
そんな印象を受けています。

展覧会を見に来て下さったお客様より
黄色の花束をいただき、苫米地さんの花器に生けてみました。
花と花器がお互いに良さを引き出しているようで、
花を選ばない、どんなお花もよく魅せてくれる、、、
それはきっと苫米地さんの器も同じなのだと思いました。


●ちてなの感想●
ギャラリー澄光さん、苫米地正樹さん、お忙しいところ、
ご丁寧にご投稿お寄せ頂き、どうもありがとうございます!

実際に見に行っていないので、
お写真と頂いた文章から見た感想ですが、
日々使う器や、お茶碗、お皿そのものを、
白と黒2色で考えるということをしたことが無かったので、
改めて、ギャラリーの中に、白と黒色の器が並ぶという光景に
いざ自分が立った時、どこからどのように視線が行くのか、
またどこから手にとって見たいと思うのか、謎であり、
楽しみでもあり、興味深いものがあります。

普段からどうしても、色味のあるものに目が行ってしまうので
あえて、まじまじと白と黒を意識したことがありませんでした。
陶芸というだけでも、広くて難しいのに、
その中で白と黒に絞り込んだというのが凄いな~と思います。

まだまだ「白と黒の中にも、いろいろな白と黒がある」
ということにすら、気がついていない段階ですが、
お客様がお持ち下さったお花を生けたら
花器と、お花、それぞれが調和しあうような、
調理したお食事を盛り付けた時に、美味しそうに見えたり、
お野菜や食材とともに見える、器の白と黒が綺麗に見えて
「食べるのが勿体無いなあ」と思えたり、
お部屋のどこかに飾った時に、無意識に目が求めてしまうような、
手にとって触りたくなるような、そんな白色、黒色なら
素敵じゃないかなあと、わたしは思いました。

普段、あまりにも、使っている食器に無頓着なので、
今度からは、お食事に行ったり、ショップに行った時は
使われている食器や飾られている器にも、
もっと感心を持って見てみようと思いました。
同時に、どんなことを考えて作られているのかなというのも
想像してみたいと思います。

苫米地正樹さん、これからも、創作活動、頑張ってください!
このたびは、どうもありがとうございました(^0^)/☆


⇒ 今回、ご投稿いただいたのは・・・
  ギャラリー澄光さんです!ありがとうございました☆*

  ■ギャラリー澄光
  http://www5a.biglobe.ne.jp/~choukou/
  東京都世田谷区奥沢4-27-12 TEL&FAX 03-3748-2781
  東急東横線自由が丘駅南口下車(ロータリーとは逆方面出口)徒歩7分
  目黒線奥沢駅南口下車 駅前(駅前京樽の横路地を入って、4軒目)
  地図 http://www5a.biglobe.ne.jp/~choukou/images/map/map_index.html


■投稿レポートTOPページに戻る■

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/11849092

皆さんからの投稿レポート【苫米地正樹 白と黒の世界・ギャラリー澄光さん】を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko