にこにこネット
作家さん・アーティストさん・クリエーターさんをご紹介・応援します
姉妹サイト♪
クラフト縁 杜の奏 とてちてた やっち~ず ぽるる
新着記事
浅野陽 大原はだか祭り絵画展 北土舎
浅野陽(みなみ)さん個展 cafe & galerie NAJA
房総のむら 組紐ストラップ作りを体験をしてきました♪
房総のむら 畳コースター、ちよ紙ろうそく体験をしてきました♪
御宿のGallery カッテンマさんに行って来ました☆
佐原 River Way 正上さんで、とんぼ玉制作体験!
8月末に、STAGE銀座さんに行ってきました!
工房ガレ木さん。工房村を作ります!山や廃屋などを貸してくださる方、募集中!
道の駅くりもと紅小町の郷 第二回かかし祭りと、鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーと、白浜フラワーパーク
道の駅 三芳村 鄙の里 やきもの くりはら工房さん♪
野島埼灯台で、ストラップ作りをしてきました♪♪♪
いすみ市第五回かかし祭りと、砂の彫刻美術展と、ポッポの丘
休暇村館山で、キラキラ貝磨き貝の宝石作り体験をしてきました♪
ギフトなタレント展2012summer に行って来ました!
皆さんの投稿レポート 野沢竹志 個展
大泉学園 アートスペースSさんに行ってきました♪
岩瀬まゆみさんに、婚約指輪を作っていただきました♪
木村ひとみさんに、結婚指輪を作っていただきました♪
STAGE銀座工芸展 彫金 木村ひとみさん
STAGE銀座工芸展 ステンドグラス 石井香さん
コーナーのトップ
カテゴリ
LGG会員のギャラリー紹介
ミニレポート
杜の奏(作品展示)
皆さんの投稿レポート
行ってきた/2005
行ってきた/2006
カテゴリ一覧
新着記事
2014年4月
2013年3月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2011年12月
2011年10月
2011年8月
2011年7月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
バックナンバー一覧
当サイトについて
お問い合わせ

ギルドアートスペース游 川村千夏 水彩画展「重奏」~森の響き~ に行ってきました
このエントリーを含むはてなブックマーク

2月13日(水)は、南青山にある、ギルドアートスペース游さんで開催された、
川村千夏さんの水彩画展「重奏」~森の響き~ の取材に行ってきました!

川村千夏さんのことは、存じ上げなかったのですが、
ギルドアートスペース游の、木戸晴久さんから素敵な年賀状をいただき、
また、木戸さんの額入りの蓮の花のお写真などプレゼント頂き、
そのときに、川村さんの個展のDMも拝見。紫色の幻想的な色使いに
とっても魅かれ、わくわくで行ってきました。

ドアを開けると、目の前に、急な階段がおでまし!
でもなんとも、木のいい香りがします!さ~進んで行きますよ♪
既に、どなたかのお話声が聞こえてきてます。

う~ん♪緑の匂いというんでしょうか。香ってきそうです。

階段の上がり口で、既に、降りたり上がったり近づいたり遠ざかってみたり。
ここだけで充分「春らしい、緑の洗礼」を受けた気になりました。
この階段部分は、過去のグループ展に出された旧作だそうです。

植物の枝の向きが日に向って伸びてる感じで生きてる気がします。
普段何気なく見ているはずのお野菜なども、こんなに嬉しくなるような
緑色だったっけ?と思ってしまいます。思わず、くんくんと鼻を近づけたい。

うわ~!壁にたくさんかかっています!気分が高揚してきます!
木戸さんと、川村さんと初ご対面でご挨拶♪
まず、「ギルドアートスペース游」の木戸さんからお話し伺ってきました。
ギャラリーとしては、一昨年の7月にOPENしたばかりだそうです。

「自分の世界で勝負する人、絵を描く人、作家さんなどは、
 作品を見ていただくことが一番だと思いますが、
 作品が欲しいと思われる方が求めやすい価格帯のものを展示の構成として
 考えていただくよう、強制ではありませんが、お願いしています」

「作家さんのオリジナルの世界は勿論ですが、
 私のほうでもミニ額を集めています。
 作家さんの方向性に合わせて、お好きな額を選んでいいただき、
 その額を使って何点か作品作りをしていただいています。
 これは、皆さんから面白いと好評いただいてます。
 作品サイズも小さくお求めやすいので、来てくださった方に、
 こういうものもあるんだ、と楽しんで頂けるよう、この狭い空間に
 いっぱいの盛り沢山感を味わって満足して帰って頂きたい。
 観たなあ~☆という、充実感を演出できるよう、つとめています」

確かに!1階から階段を上がって、上がりきると、かくかくとした壁つたいに、
たくさんの絵がぐるり飾られていて、まるで、温室にいるみたい!
狭いといっても、ちゃんと椅子もあるので、のんびり見てしまいます。

「グラフィックデザインの仕事をしていますが、
 もともとは、高校生の時から美術部で油絵を描いていました。
 作家になりたいとも思いましたが、いざ、絵でやっていこうと考えた時、
 自分の描写力、デッサン力などの技術もさることながら、
 自分の内面から湧き出る、モチーフ、テーマなどの、
 制作活動を続けられるだけの、湧き上がる創作意欲が
 果たして自分にはあるのだろうか。やっていけるだろうか疑問でした。
 この頃、デザインというものに目が行きました。
 デザインというのは、販売の為、カタログやパンフレットなど
 見せるためなど、目的が最初にある。
 はじめに枠ありき、で、その枠の中で、どうデザインをしていくか。
 この世界なら、制作を続けられるんじゃないか。
 枠があったほうが、自分をいかせるんじゃないか、そう思ったんです」

木戸さんのお話を伺いながら、それで、額を集めて、
作家さんに薦めているんだー!と、気がつきました。

「その後、ずっとデザインの仕事をしていますが、それでも
 なにかを作りたい、表現活動をしたいと、いつも思っていました。
 カメラで写真を撮るのが好きなので、散歩がてら植物など
 自然の造形を撮っていたのですが、ある時オリジナルの写真を
 第一印象にしたがって加工をし自分の感覚に近付けたところ
 やっと表現手段に出会えたという思いがしました。
 自分では、フォトイラストレーションとよんでいます」

「例えば、見た風景を、これいいなと思って写真を撮ってみても、
 実は電線やいろんなものが写っていて、こんなだったっけ?
 そうでもなかったということがあります。
 主観を交えて見ているんですね。もともと電線や他のものもあったのに、
 見えていたのに、見ないでいた。見たいものだけ見ているんです」

木戸さんのお話を伺っていて思ったのは、わたしも経験ありますが、
パソコンで、撮った写真の色調などを変えていくと、赤くなったり、
紫になったりして、随分雰囲気が変わって面白かったりします。
そのくらいしか知らなかったので、写真を加工する表現方法について
今回初めてお話し伺えて、嬉しかったです!!

「実は、この青山の地には、30年近く住んでいます。
 近くに緑が多く、美術館もあって気に入っています。
 数年前のリフォームを機会に仕事場を、
 展示にも使える全面杉材のミニスペースとしました。
 うまく使っていただけたらと思います」

この日は、次から次へと、お客様がいらしてまして、
皆さん、とっても喜んでて、嬉しそうに、
川村さんとご歓談されているのが印象的でした。
わたしもそうなんですが、皆さん、たくさん展示されている絵に
「うわ~♪」とうっとり満喫し、どれを買おうかしらと選び迷ってました。

このミニスペースは、一度見てはまる方ははまると思いますね。
癖になります。いつまででも、まったりと見れる、
木戸さんや作家さんともお話しできる寛げる空間です。

川村千夏さんは、多摩美術大学の染織デザイン科を卒業し、
テキスタイル関連会社の企画で勤めたあと、
フリーの図案家を経て、イラストレーターとして、
2004年から個展などを開催しているそうです。

「染織というのは、いっぱい工程を重ねて作りあげていくので大変でした。
 絵は工程はあっても、ダイレクトにでますから。
 でも、離れてしまった今となっては、やりたいとも思いますね。
 2000年くらいから、イラストレーターとして挿絵のお仕事をしたり、
 童画や雑誌、植物画のお仕事をしています」

この日、そのたくさんいらしたお客様の中に、
日本児童文芸家協会の浜野木碧さんがいらしてました。
わたしは、初ご対面なのですが、
なんでもグループ展に参加したときに、浜野木さんが
川村さんの作品ファイルをご覧になり、
「この方なら、安心して任せられる!」と声をかけたんだそうです。

「子供部屋の絵を見て、光の加減を描くのが上手だなと思いました。
 他にも、池袋アーティストガーデンの絵本の絵や、
 詩のサロン『すすき』でも、皆さんから大評判でした」
と川村さんを大絶賛の浜野木さん!

「来年6月に、すずき出版から、
 『こどものくに タンポポ版』という絵本を出版予定です。
 文章は私、浜野木碧が。挿絵を川村さんに描いてもらいます。
 皆さん、是非、楽しみにしてて下さいね!」

おおおお~!川村さん、おめでとうございます☆
来年、たぶん、すぐですね* 発売されたら是非お知らせ下さい♪
ちなみに、浜野木さんは、こちらの小さな額絵をお求めになられました。

これは、わたしもいいと思いました*
木戸さんも、一目見てすぐ「いいね」とおっしゃったそうです*
さすが、お目が高い(喜)額とまたあってて、可愛いんですよね。

「水性インクで描いているんですが、グリーンを中心に植物画を描いています。
 季節感を大事にしながら描いていきたいと思っています。
 木戸さんから、たくさん作品を飾って下さい、描いて下さいと言われていたので、
 少ないかなと思い、童画や、猫のスケッチを足しました」

「木戸さんからお話しいただいて、ミニ額を選ばせていただき、
 その額にあわせて何点か描かせていただきましたが、
 額のおかげで、額に描かせてもらった、
 額に導かれて描くことができました。ミニ額のおかげで、
 バリエーションが増え、今までに比べて、少し発展したように思います。
 今回の個展で、作品をたくさん揃えるというのは、大変でしたけど、
 普段から対応できるように、描き続けることの大切さを、とても感じました」

ここで、木戸さんからお話しが。
「イラストにしても、絵画にしても、
 量を描けるということは、長く続けられる条件だと思います。
 量を揃えられる力があるということは、ベースがあるということ。
 仕事が立て込んで忙しくなっても、
 こなせるパワーがあれば生き残れる力になります。 
 集中していい作品を生み出す素地になりますね」

このお話を伺って、続けていくことって、とっても難しくて、
辛くてキツクて大変だけど、だからこそ、大事なんだなと思いました。
続けることによって、いろんなことに対応していく力になる。
続けなければ、ベースができていかない。
諦めれば、今以上に芽は伸びない。そこから先が、見えてこない。
思い描くものや、来るべきであろう段階に到達しない。
続けていくことというのは、大きいですね。。。

川村さんの、青々とした緑いっぱいの、伸びゆく生命力と、
華やかで、お花屋さんにいるような、お花の一番いい表情を、
いろんな角度から眺め仰ぐような、夢のようなひととき。
まったりと落ち着いてしまう雰囲気の中で
長閑な青空に、ひとすじ消えゆく、飛行機雲のように
お2人の言葉が、こころに映った気がします。

もしかしたら、普段から何気なく思っていることも
感じていることも、百も承知だと思い込んでいても
今日、ここで、この場所で、このようにお話しをお伺いできたことは、
とってもしみいるものがあります。忘れちゃいけないなと思いました。

「グループ展が多かったので、個展でどうなるかなと思ったのですが、
 見に来てくださった方に喜んでいただけて(?)嬉しいです。
 これからも、グリーンを中心に、季節の変化を丁寧に感じ取って、
 更に絵として形にすること、描き続けていけたら幸せです」

川村さんが、とっても落ち着いた温かい雰囲気の方で、
木戸さんともお話ししたりと、結局閉店時間まで寛いでしまいました*

そうそう、わたくし、記念に絵を買ってきたんですが、最後まで迷いました。
そんな、ベスト3をご紹介!まずは3位!

こちら、小さいんです。額にあってて、素朴な感じがいいな~♪と思いました。
コテージとかあいそう♪次、第2位は2枚です。

この、溢れ出そうな緑色!!
すごいですよね~。なんか、この絵を見ちゃうと、
何かで悩んでたりするのが勿体無く感じてしまいます。
なせばなると思えてしまう、不思議な誕生感があります。

もう1枚は、DMにもなった絵ですね。
壁の高いところにかかっていたので、まじまじと見れなかったのですが、
この光景を見に行きたいです。何処に行ったら見れるんだろう。
遠く遥かな憧れの地です。さて、第一位は3枚あります(笑)

天井近くにあった黄色いお花は、なんか魅かれましたね。
額が黒くて太かったのが気になったのですが、可愛くて。

赤いお花のは、「太陽」という題名なのですが、ほんとその通り。
額がかっこよくて素敵なのですが、自分の家の壁に飾るとなると
ワンルームマンションの真っ白な無機質な壁に飾るのが、
なんか勿体無い気がしてしまうんですよね・・・。

こちら、紫色の「ビロード」という題名の絵も、額が素敵で!
しっとりとお淑やかで。ギリギリ最後まで買っちゃおうかな~と悩みました。
閉店時間まで考えて、最終的に買ったのが・・・こちら。

ふっふっふ♪普段、猫を描かない川村さんが描いたという、
猫の絵を購入させて頂きました♪ この顔が~!見ると安堵します~♪
川村さん曰く、
「猫好きではないんですが、なぜか猫好きな人が周りに多く、
 作家さんも猫好きな方が多いので、よく高円寺の猫の額さんに行きます。
 猫の絵は描かないの?とよく聞かれるのですが、描きませんって答えてたんです。
 でも今回、たまたま家によく来る猫が、動かないで止まってくれていたので、
 これも縁、と思い、描く決心をしました」
これは!またとない、貴重ないっぴんでしょう(喜*)

今日一日、とっても楽しかったです。ゆっくりとお話しもお伺いできて、
川村さんの描く、お花や植物の、生き生きとした表情が鮮やかで。
木戸さんのご用意された額も素敵なものばかりで、普段見ていなかった、
見ようとしていなかった知らなかった一面をたくさん、見ることができました。

ギルドアートスペース游の木戸さん、川村千夏さん、どうもありがとうございました!


■ギルドアートスペース游
 http://www2.rosenet.ne.jp/~kdsy/
  〒107-0062 東京都港区南青山4-6-10-201
  TEL:03-3497-9527 FAX:050-5201-6494 
  銀座線/外苑前(1a出口) 徒歩8分
  銀座線・半蔵門線・千代田線/表参道(A4出口)徒歩11分

~おまけ~
当日は、行きからちょっと楽しいことがありました。
銀座線の外苑前駅の1a出口で降り、
右手に「ベルコモンズ」を確認し直進、「南青山3」という信号で、左折。
そのまま下っていく途中で、猫を発見しました!ビルの1階の店頭に
ちょこんと気持ち良さそうに丸くなってました。か・可愛い!!
撫でたい衝動を抑え先に進みましたが、嬉しいです。幸先いいですよ~♪
(わたしは、車の中からや、道を歩いてるときに
 猫を発見するのが特技でして、猫を1日1回でも見れると
 幸せな気持ちになるのでしたw)
左手に「青山ザ・タワー」が見えたのを確認し、そこの信号を右に渡ります。
そのまま直進し、左手に「アウラビル」が見えたら左折。
あとは、左手側に、「大塚歯科」「青南マンション」、
右手にクリーニング屋さんが見えて、左手に「太田邸」が見えたら左折。
突き当りを左に曲がって、また突き当たりを右折すると、
2階建ての白い建物で、1階にドアが4つ並んでいて看板が出ていました!
ここか~☆ちょっと迷っただけで意外にすぐ辿り着けました*

そして、閉店時間までいた、ちてな。川村さんと一緒に帰りましたが
途中、川村さんに案内していただき、住宅街の中をぬっていったのですが、
何度も出勤(帰宅?w)途中の猫を発見しました!
「あ!猫♪」「あ、猫☆」
喜んでいると、
「猫好きなんですね?触ってもいいですよ」と川村さん。
しかも、行きで見かけた場所と同じところで、同じ猫を発見しました*
また見ちゃった、この子~*嬉しかったなあ♪
すると、「よく高円寺の猫の額さんに行きますよ」と川村さん。
「わ~☆猫の額さん、わたしも好きですよ*」
「猫の額さん、すごくよく取材されてますよね?」
「はい、今度、また下旬に行きます」
「あ、もしかして、琴坂さんのですか?」
「そうですよ!なんでわかるんですか~*」
「私、琴坂さん、知ってます*」
「うわうわ、そうなんですか~☆」

わーお。猫の額さんの話題で盛り上がる(笑)
途中、川村さんとお茶して帰りました。
作家さんと取材帰りに2人きりでお茶するのは初めてです♪
すっごく嬉しかったです~♪♪わぁいわぁい(^0^)/☆(喜*)

こうして、行きも帰りも買った絵も、猫尽くしでご満悦な1日でした☆

2008-2月-29 トップ 前の記事 次の記事
このページのTOPへ
Copyright(C)1LDO All rights reserved.