« 茶房 高円寺書林 「高円寺鼠御殿」に行ってきました | メイン | 投稿レポート/Studio-Argaliさん 「カワイイ・zakka・マーケット」 »

2008年2月 8日 (金)

花信風さん「初春展」に行ってきました

1月30日(水)、埼玉県所沢市にある「花信風(かしんふう)」さんに
行ってきました!昨年、取材させて頂いた、
「にゃんぎょう」の幹佳菜子さん
作品が出品されているということで、うきうき♪で出発です☆

今回、取材で埼玉は初上陸なんですよ。
事前に行き方をメールでお伺いし、その通りに行ったら、
わかりやすくて、迷子にならず、無事辿り着けてよかったです(喜*)
最後に書いておきますね。まずは、花信風さんで展示されている、
素敵な作品の中から、印象に残った作品をご紹介いたします!

こちらは、切り絵の「松風直美」さん。笑顔の猫ちゃんが印象的。
花信風さんのウェルカムボードも作ってくださったそうです*
http://www6.ocn.ne.jp/~nekote/

こちらは、埼玉県秩父郡にある「ガラス工房 葦路」の
「浜口義則」さんの吹きガラス。中が銀だそうです!

うーん!こちら、「かえる屋」の「霜越まさみ」さん。
これはなんと、「あかり」で、灯が入ると素敵なんだそうです。
この恐竜のようなお顔が、可愛くて、癖になります*

こっ、これは凄い!「千里さん」作、「おふくさん」。
にっこりと、ふっくらとした、ふんわかほっぺ。
低く垂れた頭。添えられた小さなお手手。可愛いです~!!

こちらも、「千里さん」の、猫の雛人形。
黒猫の雛人形っていうのは、初めて見ました!
なかなか印象に残りますね。この年輪の見える木の台も素敵!

「西野美津子さん」の招き猫。しっとりしてて、お顔が素敵!
どの角度から見ても、品があって、耳と目が特に神秘的です。

この猫ちゃんは、すっごく愛嬌があって、憎めない*「かえるさん」作。
お手手がいいですよね*この鈴も、いい味出してるんだな~きっと♪

こちらは、溝口さんが、還暦のお祝いで気に入ってお求めになった、
「有田ひろみさん」作の、猫ちゃんのぬいぐるみ。赤い前掛けが可愛い*

う~ん!この招き猫、とっても目が釘付けです!!
側にいるネズミも、なんか、美味しそうなんですが(笑)
耳が白と茶色で、首輪緑、前掛け青、鈴が黄色、鯛が赤と、
腕の白いまる柄といい、全部どこも可愛い!!これは、やられました~。
工房KOMの小室幸雄さんの作品だそうです!
http://www.komkom.net/


さて、一周したところで、花信風の溝口和子さんに、お話を伺いました。

花信風さんは、溝口和子(HN:風千(ふーせん))さんのご自宅の
1階のガレージを、ギャラリーに改築したものなのだそうです。

「祖母と母の介護をずっとしていまして、その前は、機を織っていたんです。
 その関係で、染色、織物関係の物作りをするお友達が多かった。
 もともと、このガレージは、主人の車の車庫になる予定だったのを、
 私がガレージセールがしたいといって、お願いして作ってもらったんです。

 勿論、反対されましたよ。ずっと家で主婦をしていたのに、
 挨拶できるの?、接客は大変なんだよ、いろいろ言われました。
 でも、3年やってダメだったら、やめる!そう言ってはじめたんです。
 おかげさまで、このギャラリーも10年になります。
 いい作家さんに支えられて、暢気にやっています」

「主人は、作るのが好きな建築設計士なので、ここのギャラリーは、
 ぜんぶ、主人の手作り。とにかく、お金をかけないように、
 ここにある、家具は、手作りか嫁入り道具なんです。
 円いテーブルは、自分で作りしました。椅子は40年座ってるもので、
 鏡や、ライティングデスクは嫁入り道具で40年。
 ほんと、ローコストの見本なんですよ」

ギャラリーにある家具、調度品は40年の年季が感じられる
色合いのいいものでした。だから、落ち着くんですね*

結局、ガレージは、後日、ご自宅脇に、ご主人様が手作りされたご様子。
見せていただいたところ、きちんと屋根があって棚があって整理整頓されて
いい匂いがして。いろんな面白そうな工具も並んでました!
素敵な細長い車も、嬉しそうに眠っておいででした。
こういう、木の匂いがする手作りの小屋って、大好きです♪

そもそも”花信風(かしんふう)”ってどういう意味なんですか?
とお聞きしたところ、中国の故事で、
暦の小寒(しょうかん・1月6日頃)から、穀雨(こくう・4月24日)までの、
8節気を24に分けたもので、
「二十四番花信風(にじゅうよんばんかしんふう)」と言い、
それぞれに花の開花を促す風のことを言うそうです。
この、それぞれに咲く花というのが、1月小寒では、梅、椿、水仙。
大寒では、沈丁花、 蘭。2月の立春で黄梅、こぶし。
2月中旬の雨水で、あんず、すもも。3月啓蟄で、桃、薔薇。
3月春分で、木蓮、などなど、ああ、そういえばそうかも!というお花がいっぱい!
これらのお花を咲かせるための風がある。なんて素敵なお言葉なんでしょう☆

「花信風(かしんふう)って、いろんな花を咲かせる風っていう意味なのね。
 風にもいろいろあると思うの。春のそよ風みたいな風もあれば、
 冬の木枯らしみたいな冷たい風もある。風はこだわりなく流れてる。
 『君子の交わりは淡きこと水の如し』っていう言葉があるでしょう。
 君子が水の如しなら、淑女は風かしらって思ったの。
 作家さんの作品が花であるなら、それを咲かすのが風じゃないかしら」

作家さんの作品は花。それを咲かすのは風。
いろんな花を咲かせる、風。

この言葉を聞いたとき、もう凄く感激してしまいました。
なんて、素敵~~!!!うっとりとしてしまいました。
風になりたい。そんな歌もありましたが、なんて広いお心なんでしょう。

風と言えば、わたしは、昔、女性は花で、男性は風かなと思ってました。
風の吹くほうに向って開いて咲いて、風とともに落ちる。
やがて静かに土に戻り、長い時を経て発芽し、
風が訪れるまで蕾で待ち、風とともに、また開く。
風に向って咲くのかな・・・と。

でも、作家さんという、それぞれのお花を咲かす風になる。って
なんて素敵なんだろう。もう、目がうるうるしてしまいました!

「私は、まんまるくって、ころころころがって、
 何処にいっちゃうかわからない、風船みたいだって言われてたのね。
 インターネットは、若い人がいっぱいで、海千山千にもなれない。
 ならば、風に漂う、千年の過去を持つ風千(ふーせん)
 になろうって思ったの。これが、私のHNの由来。
 ちなみに、主人は、『ふーせんのヒモ』っていうHNなのよ*」

笑顔で語る、溝口さん・・・いや、風千さん。
そんな素敵な意味があったとは、心憎い!(感激*)そして、面白~い!!(喜*)

ちなみに、実は、わたしも昔、手相を見てもらったときに
「あなたは、風船と一緒。すーぐ、どっか行っちゃう。
 あっちふらふら、こっちふらふら。好き勝手飛んでっちゃう。
 でも、それでいいの。縛り付けられると自滅する。割れちゃうから。
 好きなように自由にしてればいい。それをさせてくれる、だけど
 行っちゃ行けないところに行ったら、ちゃあんと軌道修正してくれる、
 紐だけは掴んで離さないでいてくれる人と一緒になんなさい」と言われたことがある。

当たってる~!!!と当時、大笑いしたが、
まさか、ここにも、同じように風船みたいだって言われてる方がいたとは。
しかも目の前に。うわうわ、びっくらぽんでございますヨ!

「ちょうど、このギャラリーをはじめる頃って言うのは、
 バブルもはじけて、物が売れなくなっている時だったの。
 それまでは、普通の主婦の方が、お店を持って手作り作品を置いても、
 そこそこ売れていた。あちこちにできた。でも、バブルが終わって、
 自分も外で働かなくちゃならなくなって。家で作品を作る時間が無くなって。
 そうなると売れないから、仕入れるようになる。
 仕入れると、利益を出す為に、高く売らなくちゃいけない。
 みなさん、目が肥えていますからね、なかなか売れません。
 ですから、どんどん閉店していってしまう。。。
 そんなふうに、もう物を売るっていうより、
 落ち着いて紹介できる時期だったというのが、よかったと思います。

 50過ぎの手習いで、HPを作って、サイトを通じて若い方に教えてもらって。
 猫作家さんだけを募集したわけでもないんですが、いつのまにか
 猫作家さんがいらっしゃるようになって。いい友達、作家さんに恵まれました。
 おかげで、とことこと、のん気に楽しくやっています」

「私は、ずっと祖母、母の介護をしてきました。
 そのため機織りを離れてしまった。
 でもね、本当に才能のある人は、忙しくても、介護してても、
 作り続けられるものだと思います。それが才能なんだと。
 だから、自分には才能ないな、と、見切りは早かったです。
 でも、学生時代からの長いお付き合いをしてる、
 草木染の方や、染色、陶芸仲間がいる。
 馬に乗る人、担ぐ人、その草鞋を紡ぐ人。
 人それぞれの役割がある。
 私は、そんな、みんなを紹介しよう。そう思ったの」

自分の才能を見切ったという、風千さん。
自分の役割を見つけた風千さんの、そのお言葉。
息を呑んで聞き入る自分がいました。
役割・・・ざざーーっと一瞬、鳥肌が立ちました。

何故、鳥肌が立ったかというと、わたしは、
今、一緒に仕事をしているオーナーと初めて会った時に、
自分が主役になるのと、影になって支える、人に光を当てるのと
どっちがいい?と聞かれ、中学時代の恩師に
「ちてなさんは、縁の下の力持ち」と言われたのが嬉しくて、
そういう人間になりたくて、それもあって
「影になって支えるほう」と答え、今があるんです。
わたしは、人に光をあてたくて、自分で選んで、今日まで来ている。

でも、もっとそんなことを、当たり前のようにしている方は、
いっぱい、いっぱい、いっぱい、いる。そして、目の前にも。

風千さんが10年続けてきた、花信風さんは、
作家さんに光をあてる、作家さんが安心できる、あったかくて、
ほっこりした存在なんだなあ、と、お話し伺って、思いました。

還暦も過ぎ、人生の大先輩の風千さんが、
作家さんの立場を降りて、
作家さんを紹介する役割をしよう、その役割をまっとうしよう。
作家さんというお花が咲くように、風になり、喜んでもらいたい。
自ら進んで楽しんでされているように、わたしは感じ、
風千さんの笑顔に、凄く胸打たれました。
この重み・・・この深みは、いったい、何でしょうか。
深いのに、とても清々しい。爽やかで、潔い。

「人生、年をとると楽しいわよ。怖いものがなくなるの。
 早く年をとりたいでしょう。年取るって、いいことよ」

とりたい!!ほんとに、そう思った。
もっと、いろんなことを、知りたい。もっと、もっと、いろんなものを見たい。
でも、今、背負ってる抱えてる、あれやこれやも整理したい。
今、一歩一歩が必死で、一日一日が懸命で。
なんだか自分の足元もおぼつかない時もあって。
もっと広く大きく先まで見渡せるようになりたい。
知らないことを知って、見たことも無いものを見て、
もっともっと自分の中で、まわしていきたい。
増えすぎて溢れてしまったものを、もっと削って絞りたい。
年をとるって、そういうことなのかな。

「専業主婦って、1日24時間、好きな時に自由に、
 自分の為に時間を使えると思うでしょう。とんでもないの。
 自分の時間なんて全然無くって、いつも次に何しよう、
 あれしなくちゃ、片付けて、洗濯して、それから・・・と忙しない。

 でもね、このギャラリーの開いてる、
 11時から17時までというのは、私にとって初めての拘束なの!
 ずっと専業主婦だったのが、このギャラリーの時間の間だけは、
 お店番して、作品を管理して、音楽聴いて、パソコンをして、
 お客様や作家さんが来たらお話しして。快適で最高の時間!
 自宅だから、光熱費や家賃も余分にかからないし、
 安く仕入れて高く売る必要も無い。
 いいものを置くことができる。じっくり紹介できる。
 物が売れない時代だからこそ、いい作家さん、いいお客さまに恵まれて、
 巡り会えて、のんびりできて、ありがたいことだと思っています」

埼玉の、所沢という町の住宅街の一角で、
線路を走る電車の音を聞きながら、
作家さんの作品を咲かせる風が吹く場所がある。
それが、花信風さんであり、風千さんでした。

「自分が作る側にいた人間だったというのが、大きいかな。
 作る人はね、作ることに一生懸命なの。
 でも、売ったりアピールするのは、どうしても苦手だったりする。
 作ること、売ること、両方出来る人っていうのは、ほんとうに少ない。
 そんな作家さんのお手伝いをして、嬉しいって思ってもらえたら、本望です」

人望があって、人が慕って集まり、長いお付き合いの作家さんが多いというのも、
お話を伺って、じゅうぶん、感じました。風千さんのお人柄なんですね。

気さくで大らかで、ころころと鈴のようによく笑う、まあるくて、
透きとおっている。こんな人になりたい。じんじんきたであります。


 
さて、そんな風千さん。介護の前には、
テニス、スキー、ゴルフとスポーツを楽しんでいたのだとか。

「5年前、介護も終わり、どのスポーツを再開しようかと思い、
 迷わず選んだのがスキーでした」

以後、毎年、時間を見つけてはスキーを楽しんでいるそうです。
そして、なんと、毎年、夏には海外旅行も行くそうです!

「ボルネオに毎年夏に行って、食べて食べて食べてます。
 お友達に、現地の学校の先生がいるのでね」

冬にスキーで、寒いところに行って、夏は暑いボルネオに行くんですね?!
普通逆かと思いました~!と聞くと、

「年をとるとね、何事も億劫になって動かなくなるの。だから、
 冬のスキーは、寒さに対する耐寒訓練。寒いと動きたくなくなるから。
 夏のボルネオは、暑さに対する耐暑訓練。暑いと動きたくなくなるでしょう」

理に叶ってる~!!!ブラボ~♪ぱちぱちぱち☆
勿論、スキーもボルネオもご主人様もご一緒だそうで。
仲睦まじくて、素晴らしいですね*

「昔はねえ、古い映画館か、古本屋をやりたかったの。
 それこそ、乳母車押しながらでもね」

うわうわ~*わたしも、古本屋やりたかったんですけど(笑)
なんか、もう、お話が止まりません(笑)

最後に、花信風さんの屋上では、スイカが作られているそうです。
風千さんは、プランターで。ご主人様は、
「普通に作ったら、つまんないだろ♪」と、水栽培で。
スイカを水栽培って、初めて聞きました!!
このスイカの理由ですが、花信風さんが主催している
「西瓜頭コンテスト」が毎年開催されているそうです。
エントリーした方、皆さんで、スイカを作って、
大きさや味、重さなどで1位を毎年競うそうです。
なんだか、面白そう!勝西瓜投票券【かちすいかとうひょうけん】
とやらもあるそうで。。。詳しくは、最後に載せますので、
花信風さんの姉妹サイトからどうぞ*

さて。美味しいものを一番最後にする、ちてなの法則ですw
お・待・た・せ・いたしました~!
「にゃんぎょう」の「幹佳菜子さん」の作品鑑賞ですよ~♪♪
まずは、お正月ならではの、獅子舞。なんともいえない、
このなだらかな、腰の曲線。ひょこひょこ動いていそうだ~*

あら~。鯛の上でおやすみなタイ。なんちゃって*
男の子の尻尾部分とあんよがいいですね。

なんとも、こう、既に酔っていそうな男の子と、
呑みっぷり良さそうな、けろっとしてそうな女の子、みたいな。

う~ん。こう、右側から見上げるような目がいいですよね。ちら♪(笑)

桃~♪ひゅ~ひゅ~☆
(これがわかる方は、ちてなと握手!(p^-^;)/ )このまるさ・たまらん♪

あーー!これいい~☆可愛い可愛い!*
女の子が嬉しそうに見えるの。足の裏がめんこいなあ*

うーん!これも、右側から見上げる眼差しですね。
わたし、この角度に弱いかも。角度フェチ?*
女の子の、ふふ♪という感じがね。可愛らしいです。

おおお~!!これも、いいですよ~☆
この作品は、初めて見ました。即気に入りました!大の字がいいじゃない♪ 
鳥が一枝持ってきてるの、いいじゃな~い♪春の訪れ、素敵じゃな~い*

ペア組みを一挙に。この対照的なのって、いいですよね。
あああ~♪12ヶ月揃ったらすごいな♪四季でもいい♪
干支でもいい♪星座でもいい♪見てると嬉しくなってくる~*

はい、根付、勢揃い~♪今回、お土産どうしようか、めっちゃ迷いました。
幹さんの個展は、また行く予定なので今回は、記念に、根付から
選んで決めました。さて、今までの傾向と対策から言いますと、
ちてなは、どの子を選んだでしょうか*
正解は、こちら ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓
           ↓

そう、この右側から眺める角度フェチ&紫色好きということで、
この子になりました~♪お財布につけてます。いつも一緒です♪
幹佳菜子さん、ありがとうございました~☆

花信風さんの「初春展」は、3月1日(土)まで開催中です。
ここに載ってる作品以外にもいろいろありますので、
是非、遊びに行って見てくださいね!

花信風の、風千さん、お話しお伺いできて、
とっても楽しかったです!どうも、ありがとうございました☆

■花信風
 http://homepage2.nifty.com/kashinfu/
 姉妹サイトはこちら
  埼玉県所沢市旭町1-9  tel 042-998-4252
  11:00~17:00 日・月・祭日休み  所沢駅より徒歩6分 

●花信風さんの行き方●

1、池袋から電車でお越しの場合は、進行方向向って一番前に乗ってください。
  所沢駅で降りたら、すぐのエスカレーターで上にあがります。
  改札口を出たら、左手階段を降ります。(改札口は東口から出て下さい)

2、駅を背に左手側へまっすぐ進みます。右側バスロータリー過ぎると、
  右側に駐車場が見えてきますが、ずんずん進みます。
  右手に栄光ゼミナールという進学塾を発見し、所沢のマンホールも発見。
  でも危ないのでそのまま進みますよ。更にまっすぐ行くと、
  右手に公園・駐輪場と続きます。とっとこ・とことこ行きましょう。

3、突き当たったら、左に曲がります。曲がってすぐの線路を渡ります。
  気をつけて渡って下さいね。

4、渡ってすぐ、右側細い道を右折。左手側に
  手打ちラーメン屋さん、注文靴屋さんが見えます。
  そのまままっすぐ進めば、左手に「花信風(かしんふう)」さんです。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/11689202

花信風さん「初春展」に行ってきましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko