« 【杜の奏】花ぽかぽかさんで、はしもとちえさんポストカード展示 | メイン | 森裕貴さん「和紙作品 SPACE WRECK 新作展」に行って来ました »

2007年12月 6日 (木)

コーヒー&ギャラリーゑいじう「2008年創作カレンダー公募展」に行って来ました

12月4日(火)、コーヒー&ギャラリーゑいじうさんの
「2008年創作カレンダー公募展」にお邪魔してきました。
今年は過去最多の70人の作家さんが参加とのこと。
個々の作品の作家さん名、全員分は書ききれませんでした。
展示風景のお写真のみですが、どうぞ一緒に行った気分で
ご鑑賞ください。わくわくで、れっつら・ご~♪です!

1階の喫茶ルームにも飾ってあります。2階に上がると・・・。

もう、たくさんあって、どこから見たらいいのか、ぶらぼー☆です*
気になったところを、クローズアップタイム。

こちらは、ひときわ目立ちますね。
篠原知子さんの「猫の江戸カレンダー」発見!

今年、 猫の額さんのひな祭り五人展で取材させて頂きました。
来年、篠原知子さんは、猫の額さんで個展のご予定。楽しみにしてますよ~☆

Tシャツです!普通にそのまま着たいです。
青色紫色、好きなので。みうらしーまるさんという作家さんです。

これまた目が釘付けになります。面白い!一個一個動かせるんですよ♪
なんか、小学校の夏休みの自由研究の工作を思い出しました。
関夏夫さんという作家さんです。

嶋田陽子さんという作家さん。ゑいじうさんでの個展DMに
すごく魅かれた記憶があります。いつか個展見に行きたいです。

一番右の、わたなべえみさんという作家さんの作品は、
お花の色がいいですね~。隣の井上亜矢子さんの作品は
すっきりしたお家の絵の表紙。こういう絵も好きです。
全然違う絵柄が3種類並んでいますが、
並べ方ってとても大事なのかもしれませんね。

ヨーロッパの絵画みたいですね。動き出しそうです。

それぞれの作家さん、趣向を凝らして作られているので、すごいです。
一番気になるのは、どうやって何処に展示するかを決めたかです。
ゑいじうさんが決めたのかな?大変なことだったろうなあと思います。

おっ。これはなにやら目が合います。視線を感じる~*

このねずみには驚き。へらべったくて、メジャーになってます。

はじめて、ゑいじうさんに来たとき、高滝美和子さんの個展でした。
一番最初にゑいじうさんで取材させて頂いた、思い出の作家さんです。
切り絵のカレンダー発見!嬉しい~♪お元気でいらっしゃいますか~*

この日、わたしが帰り際に、いらっしゃって作品を展示されていた、
あかすえいいちさんの、お魚カルタのカレンダー。
カルタというのは、わたしも大好きで作品化してみたいひとつです。

ピアノの上は、アレンジ豊かで個性満載ですね~。かわいいですよ。

意外と、こういう、北海道のお土産みたいな1枚布カレンダー風味って
好きです。いやはや、こういろいろ見てると、特に、写真を撮りながらだと、
どこまで見てて、どこまで見てないか、頭くらくらしてきます。

クラハシヨーコさんという作家さんの作品。
調度、ファンの方がいらっしゃっていて
「彼女のだと知らずに、これがいいと選んだら、クラハシさんのだった。
 嬉しい♪」と喜んでいらっしゃいました。

「なんだか、この女性が、クラハシさんに似てるんですよ」と
ご満悦なご様子。こういう方がいてくださるって、嬉しいですよね☆

それでは、ここから、ちてなの趣味趣向による
ベスト・らぶ作品を、ご紹介させていただきま~す♪

菅澤真衣子さん。この・・この・・・クマさんにロックオン!!
さわりたい~♪ほわほわほわ~ん♪というわけで、すっかり、
このクマさんに興味津々になってしまいました*

さいとうじゅんさんの、サーフボードを乗せた木の車。
浜辺で砂と貝があって、後ろには雪が積もって雪だるまも♪
バックミュージックにユーミンが欲しくなってまいりました*
飾るところがあれば、絶対欲しくなる、手が出る作品ですね!

JUNCOOさん。英字新聞の可愛いポーチ(?)包み(?)の
中が見えてて、赤いくしゃくしゃが入ってて。
鳥の絵の描いてある小箱が・・・可愛すぎる!!!
この状態でプレゼントとして貰ったら、めちゃめちゃ嬉しいですね*

天野愉美さん。この原画がカレンダーの絵に使われていました。
他の月の絵を見るのを忘れてしまったのですが、おちついて、
ゆっくりと過ごしたい時に見たいカレンダーですね。

河村みゆきさん。階段にあったんですが、写真だとわかりづらいかも。
布で刺繍というんでしょうか。アップリケというんでしょうか。
そういうものがついていて、めくるとちょとづつ違っていて、
可愛いんです。保育園や赤ちゃんルームに飾ってもらいたい。
とても1枚1枚軽いので、丁寧に大事に扱いたくなるカレンダーです。

早川靖子さん。可愛い・・・マグポーチが!!!
もうなんというか、この、マグポーチにこころ、釘付け。
でもマグポーチに負けず劣らず同じ世界がカレンダーに!
このカレンダーは、紅茶屋さんに飾りたいですねえ~。
額に入れてこのまま飾りたい。ケーキや、チョコレート、
色とりどりのジャムが並ぶ、軽食も食べられる小さなカフェとか。
って見たまんまでしたね*

綾幸子さん。このイーゼルで飾ってある、小さい絵。
ねずみの格好をした女の子が手に持っているのが、
小さな小さなカレンダー。月ごとに破れるようになっているのかな。
後ろの水色の壁と赤色の床、リボン、カレンダー周りの色。
ぐっと目がひきつけられますね。可愛いし華もあるし、
見てて嬉しくなってきます*

右側・中村豪志さん。わたし、一瞬、写真かと見間違えました。
こういう幻想的な世界大好き。色もパープル・青系。お月様もポイント高し。
何も無ければ、迷わずこちらを買うことでしょう。
無機質なオフィスのデスクに飾りたい~♪煙草吸わない分、一服の清涼感♪

左側・石田卓也さん。なんでしょうか。こんなところに、埴輪ですよ!
トリケラトプスも!かわいいいい~♪♪このサイズがまた、たまらん*
すっかり忘れそうですが、ちゃんとミニカレンダーついてますのね。
わたくし、OL時代に、上司に
「~~公園にいる、埴輪に似てる。はにゃ子ちゃんって呼んでいい?」
と一方的に言われ、いつしか略して「はにゃ」と呼ばれ、

「はにゃ、アイス食うか?」「はにゃ、ビール飲むか?」
と仕事が終わると、いつもおやつタイムで、わたしが食べたいお菓子や
ジュースやビールなど、職場で皆で食べてから帰っておりました。
いつもその上司が驕って下さったんですよね。楽しかったな~*
そういうこともあって、埴輪を見ると、他人と思えません(笑)

あしたのんきさん。名前にまずひかれる。そして表紙にひかれる。
しかーし!中を見るのを忘れてしまいました。オーマイ・ガーッ!!
やっぱりねえ。思いました。満遍なく、写真を撮ろうとし過ぎて、
肝心な、自分が気になった作品をじっくり見るのを後回しにしたから。
あとで、見ようなんて。「あとで」は、もう二度と無いのだ。
そのとき、気になった時に見ないと、もう駄目なんですね(泣)
いつかきっと、どこかでまた見ることができるのを、楽しみに。

戸谷真樹子さん。この壁掛けカレンダーは不思議でしたよ。
表紙の紙が、老舗の和菓子を包んでいるような、それでいて、
和菓子の粉粉がくっついているような、紙質。雪かパウダーが
染込ませてあるみたいな?中は、表とは違う、わしゃわしゃした、
和紙みたいな紙。くしゃくしゃ加減が絶妙。
絵に合わせて、所々に布が貼ってあったり、ビーズがついてたり、
一部立体的できらきらしてて可愛い。手作り感がそこここに。
楽しんで作られたのかな、そうだったら嬉しいなと思いました*

ばじ~さん。階段にあった、壁掛けカレンダー。
ぞうさんのうんちから作られた、ぞうさんペーパーを使っている。
と書いてありました。紙が1枚1枚しっかりしてて厚みもあって好き。
クレヨンで描いたような、はっきりくっきりした明るい絵。
すっごい好感触♪♪毎日が楽しくなるようなカレンダーは嬉しい*

さてさて。今回、わたしがすだのたこだの、いいつつも、
なんだかんだいって一番気に入って購入したのは、こちら。
みのじさんの亀さんカレンダー。小さくて可愛い~♪♪

いえ~い♪思わず、誰もいないのをいいことに、サンプルを
並べてしまいました*どの月もね、亀さんが可愛くてね、
背景の絵柄もね、甲羅の上に蛙がいて、蛇がいてたり、
猫にじ~~っと見られて、甲羅に隠れて頭ひそめてたりね。
もうもう、亀さん、可愛すぎ~♪いまだかつて、こんなに
ドストライクな亀さんカレンダーってありません!初めてです!
みのじさん、こんな、しゅてきなカレンダー作って下さって、
どうも、ありがとうございました~~~!(^0^)/☆
※ちてなコレクションでもご紹介しました。
上の画像を押すと、そのページに飛びます*

さてさて、今回、小さい作品が多かったカレンダー展でしたが、
お茶を頂いて休憩していて、この絵が凄く気になりました!

こちらは、スズキコージさんの原画。今年の干支の絵だそうです。
「凄い、素敵ですね!!」と私が言うと、
「今までのぶん、あるのよ」と、ゑいじうさんが、出して下さいました。
しかも、お写真撮ってもいいとのことだったので、撮らせて頂きました♪

午年からはじまって、今年の猪まで。
毎年、12月にスズキコージさんの原画展を行い、
そこで、スズキコージさんが直筆で干支の絵を描いて下さいます。
少しずつ微妙に違った、その原画を、
ご希望の方は5,000円で購入することができます。

「じゃあ、毎年、凄い人気なんじゃないですか?!」
「そうなの。毎年買う方もいらっしゃるし、ご家族や
 その干支だからと頼まれて、買う方もいらっしゃいます」

確かに、この干支の絵は、色もいろいろ華やかで、
パワーがあって、見てるだけでも、元気になるというか、
これは欲しくなるだろうなと納得です。

「ゑいじうさんは、スズキコージさんの大ファンで、大好きで、
 それで、毎年、この干支の原画をもらえて、嬉しいですね*
 感激じゃないですか?!」
「そうなの。不思議とね、スズキコージさんのパワーなのか、
 この絵を飾ると、一年、とてもいい年になるのよ」
と、嬉しそうなゑいじうさん!

話を聞いてて、また、絵を見せて頂いて、
わたしもありがたい気持ちでいっぱいになりました。

スズキコージさんの持ってる力もそうだと思うんですが、
ゑいじうさんの普段からの、お心、感謝のお気持ちが、相乗効果をもたらし、
守り、支え、励みになっているんだろうなと感じました。

カレンダー展は、12月8日(土)17時まで。
12月10日(月)から24日(月)まで、スズキコージさんの
「かさぶたってどんなぶた」絵本原画展が開催されます。
そして、今年も、来年の干支(ねずみ)を賀状として、
画廊内で即興で描いて下さいます。

このレポートを読んで初めて知った方も、毎年行ってるわよという方も、
どうぞ、お気をつけて、楽しんで行ってらして下さい。
ちてなは丑年なので、再来年にお伺いしようと思ってます*

会場には、投票箱がありました。投票箱の外側には、
それぞれの作家さんの思い思いの言葉や絵が記されてありました。
限られた日数で展示された、作家さんが作った来年のカレンダーたち。
いらしてたお客さまがおっしゃってました。

「こんなに、みんな、一生懸命作ってくれて、
 全部買ってあげられないのが、ほんとに申し訳ない」

頭が下がる思いでいっぱいです。
そして、わたし自身も、いろいろな「気付き」がありました。
コーヒー&ギャラリーゑいじうさんに、集まった作家さんたち。
皆さん、いろいろなフィールドでご活躍・切磋琢磨されていることと思います。
また来年も、新たな気持で、御自身の暦(こよみ)を築いていけますように。
どうも、ありがとうございました!


■コーヒー&ギャラリーゑいじう
 http://www.eijiu.net/
 東京都新宿区荒木町22-38 TEL 03-3356-0098
 都営新宿線曙橋駅より徒歩3分
 東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅より徒歩7分

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/10786861

コーヒー&ギャラリーゑいじう「2008年創作カレンダー公募展」に行って来ましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko