« コーヒー&ギャラリーゑいじうさん・高滝美和子さん個展「WATASI展」に行ってきました | メイン | ギャラリー喫茶ゾーエー 福田智明さん・川口喜久雄さん二人展 »

2007年9月 6日 (木)

番外編:世田谷webテレビ・プリンペランさんを見学してきました

8月30日(木)は、いろいろあった1日でした。
まず、世田谷の梅ヶ丘駅で、はじめて見たお店を気に入ります。
この模様は、「ちてなコレクション」でご紹介していますので、
こちらで、どうぞ。⇒●クーアンさん・笠間焼きの箸置き●(別窓で開きます)

その後、メインイベント、世田谷区梅ヶ丘の「ギャラリー喫茶ゾーエー」さんの
●福田智明さん・川口喜久雄さんの二人展●を取材したあと、
豪徳寺まで行き、そこで東急世田谷線に乗り換え、
若林駅で降りて世田谷233さんに向かいました。

以前、取材させて頂いた、「世田谷233・しあわせのしずく展」のときに、
作家のとみさんから、しずくを記念にプレゼントで下さい!とおねだりし、
その、しずくを、3ヶ月ぶりに、とりに伺ったのでした。
このとき頂いたのが、こちらです♪じゃじゃ~ん♪


詳しくは、ちてなコレクションに載せましたので、そちらでどうぞ☆
 ●とみさんのサイン入りしずく●


行くと、まず、作家のminoTaさんを、ご紹介頂きました。
とっても可愛いコルクの額絵を購入させて頂きました♪


こちらも、詳しくは、ちてなコレクションでご紹介していますので、こちらでどうぞ☆
 ●minoTaさんのコルクの額絵●


さてさて、帰ろうとしたら、今から、世田谷webテレビの収録・中継が始まるとのこと!
スタッフさんや、出演される方など、たくさんの人が、わらわらと集まりだしました。
なんでも、毎週木曜19時30分~20時までの30分間、世田谷233さんを舞台に、
生放送されているそうです!ご自分でミュージシャンとして活動をされている、
神川圭司さんが局長で、放送内容は、すべて完全手作りのネットテレビなんだそうです。

「いいよ、見学していって」「写真も撮っていいよ」と言われたので、
お言葉に甘えて、緊急参加!!
はしのほうで、固唾を呑みながら、収録現場を見学してきました♪
わ~い!初体験!!嬉しいです☆

着々と準備が進められてゆきます。やはり提供の関係などで、
白い紙を巻くんでしょうかね?

今日出演されるのは、プリンペランさん。
女性三人組のダンサーさんです。はじめる前のご挨拶。

いよいよスタートしました。「カンパ~イ!!!」

カメラマンさんとかは、こんなかんじ。

各週の担当のスタッフさんなどもいらして、関係者の方がいっぱい。
わたし、いていいのかしら・・・。場違いの雰囲気に緊張します。

内容ですが、台本もないようです。あらかじめ、プリンペランさんが、
やりたい内容、演出などを決めてきているようです。
今回は、即興ダンスを見せて下さるとのこと。

まずは、その即興ダンスの説明。紫色のレオタードが、
プリンペランの中里順子さん。一番手でもあります。
二つの演目に沿って、音楽に合わせて即興で踊ります。

わたし、阿波踊りや盆踊りは好きで、いつまででも踊るタイプなのですが、
現代風のダンスは、恥ずかしくて抵抗あるんです。
とにかく、音楽にあわせて、感じたものを体を動かして出す、
自分の四肢が武器、自分の感性で勝負!みたいな行為は、
見るのもやるのも恥ずかしいという意識がずっとありました。
ミュージカルは、歌と踊りとお芝居で表現されるものなので、
抵抗は無いんですけどね~。

そんな、「恥ずかしい」を目の前で、実際にやる方がいる!
しかも即興ですよ。緊張感や、その方の困ったり、行き詰った
行き場のないパワーを感じたくないので、
どうなっちゃうんだろう・・・と、見てるこっちも緊張しました。

順子さんは、お蝶婦人みたいな巻き髪が素敵で綺麗な方です。
その順子さんが、どんな踊りを踊るのか、ドキドキ・・・・!
でも、心配していたようなことはなくて、
かなり、演劇、舞台のような細かい動きがあって、
さすが、役者さんなんだな~とほっとしました。

もう、びっくりでしたね。すごい至近距離なんですよ。
こんな近くで見られているのに、さっと頭で考え(?)ぱっと動く。
多分意識のレベルが違うところにあるんだろうなと感じました。
スイッチが入ると、異次元の世界に旅立つのでしょうか?
ガラスの仮面みたい!堂々としたものです。
頭脳明晰なかんじが、頼もしいです。

赤いレオタードなのは、段平文化(だんびらふみか)さん。
すらっとしててスタイルが良くてカッコよくて、芸能人で言うと
MEGUMIさんみたいだなーと思いました。
それが、あっと驚く動きで右へ左へ。
よくそんなに柔らかく器用にできるなー!と、
しなやかな動きの多さに、シャッターがついていけず、
全部ピンボケしてしまいました;。

後ろの順子さんが、つられて(?)同じような、
次の動きのような振りをしているのが印象的でした。
やはり、一緒にやっている仲間として、その音にはこう、という、
同じようなインスピレーションなのでしょうか。
とにもかくにも、「なんか恥ずかしい」が一転して
「面白い」に変るのに、そう時間はかかりませんでした。

こうして、かなり温められた(?)というんでしょうか。
徐々に、面白い動きに頬も緩み、カメラを構えつつ、
こらえながらも、肩で笑っていたわたしですが、
最後の黄色い帽子の「アイチャン」で、どっかんどっかん(笑)
後ろの順子さんも、段平さんも大笑い。
アイチャンが、動くだけで、もしかしたら
全部面白い(微笑ましい)のかもしれません。
持って生まれた天性のものだとしたら、素敵ですね♪

自分も、そう動くかも!子供も幼児もそう動くかも!という
自然な動きが多くて、そういえば、幼稚園の時とか、わけもなく、
部屋でぐるぐる笑って、目が回るのが面白すぎて、やめられなくて、
キャーキャー言ってたこと、あったよなあと思い出しました。
その感覚に近いのかなと。後ろの順子さんの
「そっから、どうするの?」という表情が絶妙です。

わたしには、ダンスの面白さとか、奥深さとか、わかりません。
ただ、「難しそう」「自分の四肢だけで勝負するなんて恥ずかしい」
という、食わず嫌いなところが確かにありました。

でも、このプリンペランさんを見ると、普通に、仲の良い女性3人組で、
可愛くて、面白くて、踊るのが大好きで、仲間であり、ライバルであり、
同士である・・・という印象を受けました。
また、3人のバランスがとても良くて、それぞれの持ち味がいかされて、
我を忘れて、一緒に楽しくはじけちゃってもいいかも。
同じ阿呆なた踊らにゃ損損♪の勢いに気持ちよく乗せてくれる、
そのフィット感がたまらない皆さんだなーと思いました。

実際、汗をかくのって、楽しいですもんね*

最後に、告知タイム。局長であり、ミュージシャンの神川圭司さんから、
「セプテンバーコンサート」のお知らせです。
9月11日(火) 17:30~22:00
高円寺北口の「MISSION'S」でセプテンバーコンサートに参加されるそうです。
詳しくは、クラフト縁で載せていますので、飛んでみてくださいね。

●セプテンバーコンサート 9月11(火)●


そして、中里順子さんも、舞台のお知らせがございます。
プリンペランの中里順子さんが、個人企画で役者として、
パフォーマンスを披露される舞台です。
10月6日(土)~8日(月・祝)
場所は、高円寺南の、「前衛派珈琲処 Matching Mole」
こちらも、クラフト縁に詳細を載せていますので、ご覧下さい。

●恥御殿 10/6(土)~10/8(月・祝)


和気藹々と、仲の良い皆さんです。
なんでも、プリンペランさんは、今年に結成されたばかりだそうです。
順子さんから、踊っていた二人に声をかけたのが、きっかけだそうで。
なんだか、もう随分長く一緒にやっているのかなと思っていたので、
意外でした!また、普段はレオタードで踊ってはいないそうですw

最後にいただきました!決めポーズ!!
頭脳派・順子さんと、官能派・段平さんと、癒し系のアイチャン。

踊る阿呆に見る阿呆。今回、初めて、女性3人組が、目の前で
レオタード姿で即興でダンスを踊るという、
大興奮の30分を経験させていただきました!
自分ひとりでは、絶対に見ることができなかったと思うし、
とっても面白くて楽しかったです!!!
最後は、笑いすぎて、喉も口も渇ききってましたw

世田谷233さん、webテレビの皆様、プリンペランさん、
みなさん、どうもありがとうございました!
これからも、ご活躍、頑張ってください★

この時の放送は、世田谷webテレビさんで見ることが出来ますので、
たっぷり、お楽しみ下さい☆

世田谷webテレビ

プリンペランさんのHP

神川圭司さんのHP

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/10282767

番外編:世田谷webテレビ・プリンペランさんを見学してきましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko