« ギャラリーブリキ星 高橋正子展に行ってきました | メイン | ギャルリー・ジュイエ「タカハシカオリ個展01 コウエンジアニマルストリート」 »

2007年5月26日 (土)

西荻窪 SUTEKIさんに行ってきました!

風が強かった、5月のある日の西荻窪。北銀座通りを歩いて5分。
ギャラリーブリキ星さんに行く途中に、見かけた、
謎の煙草屋さん?雑貨屋さん?好奇心ワクワクで行ってみると、
そこはお目目きらきら大興奮のSUTEKIな、おもちゃ屋さんでした☆

まずは、スタッフの田中哲也さんに、2階に案内して頂きました。
2階は、5月にOPENしたばかりの、『MOSHI MOSHI』という名の、
アメリカのアーティストさんの作品を扱うSHOPです。

おおお~っと!怪しい光が見えてきました☆

とっても可愛い~!思っていた以上の可愛らしさです!
アメリカの作家さんの手作りアクセサリーや洋服、Tシャツ、
バッグやポーチ、バッチ、絵などが展示してあります。

この天井や、壁の絵は、MOSHI MOSHIのオーナーのビリーさんや、
スタッフの皆さんで描かれたそうです。可愛いですね!
もともと、SUTEKIのオーナーの阿部幹雄さんのお友達で、
仕入先でお世話になっている、ビリーさんが、
アメリカでギャラリーとショップをやっていて、
是非日本で作家さんの作品をセレクトして紹介するお店をやりたい
ということで、この2階に『MOSHI MOSHI』がOPENになったそうです。
アメリカのギャラリーでは、日本と違って、
水色とオレンジがカラーで使われているのだそうです!

青い光に照らされておりますのは、「STUDIO ACORN」
ACORNとは、どんぐりのことです。アメリカオレゴン州の
ポートランドにお住まいの日本好きの老夫婦がお作りになられた、
ティファニーシルバー。おにぎりや、ケーキなど、小さくてもしっかり可愛いです!

こちらは、ふくろうさん。同じくポートランドにお住まいの、
20代の女性作家さんが作られています。

このバックなんかは、若い女子中学・女子高生にいいんじゃないですかね。
お洒落な小学生でもOKかも!こちら、「Kissy cake」のバック。
日本では、ここでしか売っていないそうです!
それを聞いて思わず、買っちゃいそうになっちゃいました。

こちらも、ピンクが眩しいです。
「HMS CAROUSEL」のTシャツとポーチになります。

こちらは「monsieur t.」のポーチ。上の紺地にピンクの柄のは、
なかなか好きですよ。こうもりとかあったら、いいかもしれません。

こちらは、少量生産のクッション。なるほど、欲しい方には、
きっとたまらないのじゃないでしょうか。

いや~、ずいぶんと『MOSHI MOSHI』さん、満喫しちゃいました!
もっと他にもいろいろありました。イラストレーターのマーティンさんの
シルクスクリーンなど。1度見てぴんときた方は、はまること間違いなし。

『MOSHI MOSHI』さんは、女の子同士、2,3人で
わいわい遊びに来たい場所ですね、そんな感じがしました。
あとはお洒落な若者。Tシャツ好きな方は、楽しめると思います。
これからも、作家さんの作品の紹介に重点を置いていかれるそうですので、
是非、遊びに行って観てください!

さて、1階に下りましょう。階段お気をつけ下さい。

入り口の壁にはステキバクの絵が。このキャラクターは
SUTEKIのオーナーの阿部さんが考えたものだそうです。
そして、この壁に描かれた絵は、都内を中心にライブペイントなどで
積極的な活動をしているアーティスト「MHAK」さんによるものだそうです!

わたしがSUTEKIさんに、ひかれて吸い寄せられたのは、
これでもかとあふれる、おもちゃが目に付いたからです。

入り口前からして、もう足止めをくらいそうなほどです。

どうですか、ぎっしりですよ、上も下も右も左も
おもちゃがいっぱいです!この狭さがまた、いいんです!

ちょっとしたところに、ステキバクちゃんが♪かわいいです~♪
わたしが、このステキバクで、チェスとかあったら、
絶対可愛いと思うし、欲しいです!と話したら、
今度、オセロになるそうです!楽しみです~♪

スタッフの田中哲也さんに伺ったところ、
西荻窪自体、小さいお店が多くて、好きな町なのだそうです。
お店をやろうと物件を探したときに、ご自分が吉祥寺に
お住まいだった為、中央線沿線沿いが希望で、
吉祥寺や中野などで探しましたが、どうもみつかりませんでした。

立地は路地裏などでも良かったのですが、
最初は、1階をおもちゃ屋、2階はテーマを決めて、
関連したおもちゃにちなんだ企画展をやる、
『店舗 + おもちゃギャラリー』を考えていたそうです。

そんな中、西荻窪で、こちらの店舗物件を見つけます。
商店街の中にある一軒家で部屋割りのある、
この物件を見たときに、当初のテーマにぴったりで、
古物に合う古くささも気に入り決断。
正式にOPENしたのは、今年の1月になります。
実は、倉庫になっている部屋がもう一つあり、、
今後はそこでおもちゃの企画展など考え中だそうで、こちらも楽しみです!

1階のおもちゃ屋さんですが、ただやみくもにあるのではなく、
「クラシックゲーム」「ロボット」「かわいい系」の3本柱で、
集めているそうです。ここに、今はないそうですが、
前までは知育玩具もあったそうです。

もともと、田中さんは、おもちゃメーカーにお勤めで、
藤城清治さんの小人の人形の企画作成などの仕事に携わり、
カフェでギャラリー展開をしたり、ショーケースを使って
作家さんに貸して展示したりといった活動もされたそうです。

このように、さまざまな経験の後、西荻窪で
「SUTEKI」というおもちゃ屋さんを開く事になりましたが、

そういえば、素朴な質問、なぜ「SUTEKI」という
店名にされたのですか?とお尋ねしたところ、

「ステキなモノ・おもちゃを集めるという理由ではなく、
 オーナーの阿部が『ステキですね』と知人に言われた事から
 気に入り、SUTEKIになりました。インパクトもありましたし、
 コレクティブルなお店のように、敷居が高いイメージが無く、
 意味がありそうで無い響きがいいんじゃないかと」

確かに、ステキバクちゃんの存在といい、相性抜群*
深く考えなくても充分、印象に残りますし、
そういう固有名詞にも思えてくるから不思議です!

2階は、アメリカの作家さんの作品が楽しめる「MOSHI MOSHI」。
1階は、おもちゃがいっぱいの、おもちゃ屋さん「SUTEKI」。
どちらも、可愛くて、見ているだけで楽しくて、
ぎゅうぎゅうさ加減に嬉しさがこみあげてくる、おススメの空間です♪

最後に、SUTEKIのオーナーの阿部幹雄さんから、メッセージです。

『ステキ』はとても小さいお店ですが、ここには国や年代や付加価値に関係なく、チープな造りやデザインが面白くて集めた玩具が所々に並んでいます。みんなが欲しいもの?何処にでもあるもの?そんな事では絶対にないものをSUTEKIとMOSHI MOSHIに、ぎっしり詰めてお待ちしています。

 SUTEKI(1階) http://www.suteki.me.uk/
 MOSHI MOSHI(2階) http://www.moshi-moshi.com./

 〒167-0042 東京都杉並区西荻北2-27-10 12:00~21:00
 TEL&FAX. 03-6279-9305   アクセス:JR西荻窪駅徒歩5分

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6986183

西荻窪 SUTEKIさんに行ってきました!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko