« ギャラリーブリキ星 内海満昌展に行ってきた☆ | メイン | 原宿デザイン・フェスタ・ギャラリー 神保健城展 »

2007年4月11日 (水)

吉祥寺 にじ画廊 水口かよこ木版画展

2007年4月8日。風に吹かれて、いよいよ最後となった桜が
静かに散る、おだやかな日曜日でした。

西荻窪にある、ギャラリーブリキ星さんの内海満昌展に行ってきた後、
吉祥寺に移動し、にじ画廊さんで開催されていた、
「水口かよこ木版画展」に、急遽行ってきました。

にじ画廊さんで、個展のDMを見た時から、気になってました。
薄紫のようなピンク色の葉牡丹の絵。しかも、木版画!!
葉牡丹が好きという事もあり、DMの葉牡丹の絵に魅かれ、
クラフト縁で個展情報を紹介し、にこにこネットでも、
サイトリンクさせて頂きました。メールでお伝えしたところ、
とても喜んで下さり、個展にもどうぞとメールを頂戴していた
こともあって、できれば個展に行きたい!そうずっと思っていました。
時間があったので、汗をかきかき、夕刻滑り込み成功。

行ったら、水口かよこさん、ご本人様がいらっしゃったので、
ご挨拶し、名刺交換、お話して来ました♪やった~♪♪うれしい~*
写真を撮る&取材してもいい、ということになったので、
にじ画廊のオーナーさんにも急遽、ご了承いただき、お話を伺ってきました。

水口さんの作品は、木版画で、水性絵の具で色をお出ししているそうです。
油性も試してみた結果、水性の透明感に魅かれ、
以後、水性絵の具を使うことに決めたそうです。

もともと、銅版画がしたくて、大学の版画専攻に入学。
銅版画のお勉強をしてゆきます。

しかし、在学中に、先輩の木版画作品を見て、衝撃を受けます。
銅版画は、鋭い線が特徴ですが、木版画の伝統的なぼかし、
グラデーション、独特な質感。これらに魅かれた水口さんは、
このことが転機となり、木版画に傾倒、学習、創作していきます。

大学を卒業後、会社員として働きながら、何回かグループ展に参加。
にじ画廊さんは、水口さんのお知り合いのイラストレーターさんが個展を
開催していたりと、雰囲気がよく、やるなら、にじ画廊さんで、
と、思っていたそうです。念願叶って、にじ画廊さんで、初個展となりました。

初めて水口さんの作品を観た感想ですが、綺麗で繊細で上品ですね。
うっとりとしてしまいました。同じ葉っぱでも、色が違ったり、額が違うと
こうも印象が変るものなんですね、紙の、はじがぎざぎざ(?)で
和紙の質感が粋だったり。水口さんにもお話したのですが、
なんか、こう・・・俗世間の狡さとかいやらしさに汚されてほしくない、
このまま清き水の如く流れていって欲しいな~と思ってしまいました。
社会人として仕事と、創作を両立されているから、えらいなあと思います。
そんな水口さんだから、きっと大丈夫かな?階段の近くにソファーが
あるのですが、こちらに腰掛けて、観てみたら、「ゆったりわたしの家」
みたいな感覚になります。隠れた(?)名所発見(?)かも。よかったです!

これが、DMにもあった、葉牡丹ですね!思っていたより大きかったので、
驚きました。でも綺麗で嬉しい!ピンクの葉牡丹と、水色の葉牡丹、
どちらが皆さん、お好みですか?わたしは迷います。どちらも好き!

個展では、葉っぱや、貝、植物の作品が主でした。
「葉っぱなどは、なるべく本物を見ます。ただストレートに写すだけじゃなく、
 自分の描きたいものを表現する為の借り物として、描きすぎず、
 整理しながら、シンプルさを、心がけています。」

表現したいものを表現する為の借り物。

そのものの、特性を捉え、いかしながら自分の描きたいものを
打ち出してゆく。描いて、彫って、塗って、刷る。
水口さんの木版画創作は、まだまだ走り出したばかりです。

4月後半から、銀座で3人展が開催されるそうです。

「タイプが全く違う同年代の女性3人で、今回はテーマも、ばらばらです。
 でも、画商さんに、『3年続けましょう。1年に1回ずつ。
  次はテーマを同じにしたり、コラボレーションしたり。』と言われてます。
 いい画商さんで、なかなかこういう機会も無いと思います。
 これから、挑戦してみたいこともありますので、頑張っていきたいです。」

水口かよこさん、これからも素敵な作品を
わたしたちにみせてくださいね!楽しみにしています☆

急遽、突然の取材となってしまったのに、いろいろお話くださり、
ありがとうございました。少しの時間ですけど、お話できて楽しかったです。
一瞬、「取材じゃなくて、お友達と喫茶店でお茶を飲んで語り合ってる感覚」
になってしまいました。水口さんの、ほんわかしたお人柄にも脱帽です。

また、突然バタバタとやってきて、忙しい時間にも係わらず、
写真撮影、取材のご承諾を頂き、にじ画廊さん、ありがとうございました。

これからも、吉祥寺の人気スポット、並びに、作家さんから
「ここで個展したい!」と慕われる素敵な画廊さんとして
アートな情報発信基地でいらしてください!


■水口かよこさんのHP
http://sakura.canvas.ne.jp/spr/kayoko_mizukuchi/


■水口かよこさんの次回、グループ展のご案内

 第一回三人展「道」
  2007年4月24日(火)~30日(月)
  12:00~19:00(最終日17時迄)
  場所:純画廊銀座
  http://members.edogawa.home.ne.jp/g-jun/
  東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル2F
  東京メトロ「銀座一丁目」、「京橋」より徒歩2分


■にじ画廊
 http://www12.ocn.ne.jp/~niji/
 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10 1F
 tel 0422-21-2177 fax 0422-21-2166
 JR中央線 吉祥寺駅より徒歩4分

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6908516

吉祥寺 にじ画廊 水口かよこ木版画展を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko