« 07/1/10  第12回高円人展 | メイン | アートスペース BALENA 栗乃木ハルミ展 »

2007年1月13日 (土)

space RABI ADESSO「ADESSO展 VOL.1」

ギャラリーさん、作家さんなどのイベントや個展に行ってきた様子を、
写真入りでご紹介する、新企画「ギャラリーレポート」第3回目です。

2007年1月10日(水)、高円人展を観に明石スタジオに行く途中に、
気になるギャラリーを見かけました。あとで、帰りに寄ろうと思い、あとにします。

観終わってから、再度寄ると、夕暮れの中、ひときわ目立つ白い裸体が・・・。


space RABI ADESSO「ADESSO展 VOL.1」。
看板を見ると「いいかんじ♪」早速入ってみます。

白い壁に絵が飾ってあって、反対側には布が。
奥には、棚があって、洋服や、ポストカード。
この裸体の立体作品は、吉井千裕さんという方の作品。
かなりの存在感、圧倒感がありますが、面白いです。

こちらのハンドメイド作品。CHOCO LATE SYRUPさんという方の作品。
若い女性の方が「可愛い~☆」と一目で気に入ったようで、
彼氏を呼んできて見せながら「可愛いでしょう♪」と買って行かれました。


ここで、ギャラリーの「西村聡子」さんに、ご挨拶して少しお話を伺いました。

こちらのギャラリー「スペース ラビ アデッソ」さんは、
一昨年の8月にOPENしたばかりの、アートギャラリーと
レンタルスペースがひとつになった、レンタルスペースギャラリー。
普段は、企画展が中心。「スペース ラビ アデッソ」の「アデッソ」は
イタリア語で「今」という意味だそうです。

「やっぱり、今しか出来ない、今を大切にしたい」と西村さんは、
大きな目で話してくださいました。また、「日本国内にとどまらず、
海外にも積極的に目を向けた展開、活動を。」とグローバルです。

スペース ラビ アデッソさんは、照明の使い方がうまいなあと
思いました。お洒落で、なんだろう?と引き寄せられます。

すると、西村さんから、「わたしが照明をする演劇が、開催されるんです」と
パンフレットをいただきました!どうりで~!!納得です。
それにしても、ギャラリーも運営して、演劇の照明もされるなんて、
凄いパワフルですね☆こちらは、クラフト縁でお知らせしています。
演劇の詳細は、下からどうぞ♪↓

こちら、ショーケースにあった、たまご?!
西荻窪のギャラリーブリキ星さんで、オランダの偽卵を購入した、
丸いもの大好きなわたしとしては、お目目きらーん☆です!
こちらは、ベルキーのアントワープ産大理石の玉子だそうです。
めちゃ可愛い~*胸躍るひとときでした。


これはなんでしょうか。こういうの大好きですよ(笑)
手にとって音を聴いてみてくださいと書いてあるので、
早速チャレンジ。もう、癖になります!!みなさん、これはほんと、おススメです。
こちらは、水カンリンバというもので、旅の音楽家・民族楽器奏者の丸山祐一郎さん
が考案されたものだそうです。ほんとに、思わず笑顔になってしまいます。
笑顔になりつつも、水を当たり前にただで使っている日本人として
水がいつかなくなるかもしれない、水不足で困っている人が今も何処かにいる
という事実に少しだけ気付きました。水は命の源です。
笑顔の根源でもあるわけです。水の重みは、命の重みなんですね。

この手前にある小さな木の卵は、わたしがベルギーの大理石玉子を見て、
きゃあきゃあ言ってたら、ギャラリーの方が奥からお持ち下さったものです。
こちらも素敵な音がします。生粋の日本産。大変な技術で造られたものだそうです。

水カンリンバや木の卵の音を聴いて顔が緩み、照明に心ときめかせ、
大理石玉子を手にとって丸みに触れて嬉しく思い、
白い裸体の立体作品を見て、人間て、なんじゃろかと一瞬よぎる。

この一瞬、一瞬の「今」が物凄く平和でありがたいということに感謝したいです。
いつかは必ず物理的に「無」に返る私たちですが、目に見えない計り知れない
「体感した事」がひとりひとりを構築する「有」の細胞であり、
細胞はいつだって分裂し増え続け、取捨選択・切磋琢磨しながら、
ひとりの人間の糧となります。わたしたちは、今という断片の積み重ねで出来ている
という事に改めて気付かされました。



ぶらり立ち寄ったADESSO展。みなさんは、どんな「今」を感じますか。
スペース ラビ アデッソさんの、「ADESSO展 VOL.1」は
1月21日(日)まで開催中です。
是非、高円寺に行かれたさいは、お立ち寄り下さい!

★space RABI ADESSO
  ADESSO展 vol.1

★開催期間
 2007年1月6日(土)~1月21日(日)
 13:00~19:00

★参加作家さん(敬称略)
  ●絵・・・大江誠
  ●水カンリンバ・・・丸山祐一郎
  ●立体・・・吉井千裕
  ●手芸・・・HIRO
  ●ピアス・ポーチ他・・・CHOCO LATE SYRUP
  ●Tシャツ・ポストカード・・・ヴァレンティン・ルシャ
  ●シルバーアクセサリー・・・浅川奈保美
  ●陶芸・・・増永のりこ 古屋眞理子他
 

★開催場所
 スペース ラビ アデッソ
 http://www.space-rabi-adesso.com/
 〒166-0003 
 東京都杉並区高円寺南4-22-1
 TEL&FAX:03-3312-2468
 OPEN:pm1:00~pm7:00
 ACCESS:JR高円寺駅南口より徒歩3分
 詳しい地図は以下
 http://www.space-rabi-adesso.com/map.html

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6736003

space RABI ADESSO「ADESSO展 VOL.1」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko