« アートギャラリーAct Boxさん | メイン | 高円寺散策(蜻蛉玉専門店ばぶるす・猫の額・のら犬カフェ) »

2006年10月23日 (月)

深津あさみ個展 蒼猫幻想曲第一章~蒼猫の国へようこそ~

にこにこネットでご紹介している、「蒼猫屋」の深津あさみさん
が、高円寺にある
「猫雑貨&猫ギャラリー猫の額」で、
個展を開催されるというので、勇んで行ってきました☆
もともと、青い色が大好きで、猫も好きなわたしとしては、「蒼猫」という言葉にも魅かれたし、
蒼い猫を描かれていることや、青ではなく蒼の字を使っていることなど、興味津々でした。
蒼猫にどんな物語があるのか、わくわくどきどきです♪

まずは、高円寺ですが、南口のほうって、初めて行きました。
北口にある、Too-ticki(トゥーティッキ)さんには、よく行ってるんですけどね。
南口の商店街の中をずっと行くわけですが、ここがまたすごい!
「パル商店街」「ルック商店街」と続くのですが、洋服やさんとか雑貨屋さん、
古本屋さんなど、アートなお店が多いですよ!!ついつい、ひっかかりそうになりましたし♪
(帰りはまんまとひっかかって、お気に入りなお店2軒増えました*)
お休みの日、ここの商店街に来るだけでも、じゅうぶん楽しめると思いますよ!

さて、ずっとずっとまっすぐ行くと、「三平ストア」というストアーがあり、
そこを右に曲がると、ありました、「猫の額」さんです。
も~!!猫・猫・猫!!その名のとおり、猫の作品がた~くさん♪
はふ~ん・ふんふん♪鼻息荒くなって挙動不審者でし(笑)まずは、先に、個展です!

蒼猫さん・・・深津あさみさんもいらっしゃってました、初対面!!
作家さんと初めてお会いするのは、ほんと緊張しますが、嬉しいです☆
ギャラリーの右半分使って、大きな絵や、羊毛の蒼猫ちゃん、蒼猫の実など、
蒼猫の世界がそこにありました。

蒼猫の国の絵本を拝見し、蒼猫の世界の第一歩を踏みしめる事ができました。
そういうことだったのか~!この絵本を拝見しているとき、バックミュージックがまた
オルゴールの雰囲気の合う曲で、まったりとしてしまいました*
深津さん曰く、店長さんが選んだ曲だそうです、さすが~☆

いろいろ拝見しましたが、手づくりでこってました。蒼猫の国のお話の絵本も
手づくりで、布が可愛かったし、どんぐりとか、非売品だったけどバッタが
はまりました!テントウムシさんもHOT♪ディスプレイのビー玉がめっちゃくちゃ素敵☆
天井からぶら下げられた、小さな蒼い星の飾りは、星が降っているようだし、
ほわんとした夢の国の感じの演出効果抜群です*
大きなパステル画もあって、目がらんらん★額のこととかマットの事とか
いろいろお聞きしちゃいました。額もご自分で手を加えられていて、感心しました。
細部までこだわりがあって、素敵です。

ポストカードは全種類、最初から買うつもりでいたので、迷うことなく即買い。
でも最後まで迷ったのが、羊毛の蒼猫ちゃんです。青色でも、いろいろあるので、
濃い青にしようか、水色に、ピンクや黄色のポイントがある子にしようか、
振ると音が鳴るので、音の感じ、触った感じ、いろんな角度から見た感じ、
嬉しい迷いでした*また、初めて見た、「蒼猫の実」も大きさ違いで2つ購入。
こちらは男性の方が「飼い猫に」と買っていかれるパターンが多いようです*


コレがうちの子になった、蒼猫ちゃんと蒼猫の実たち。

物語の絵本は、このように小さい冊子で、自宅でも楽しめます。
こちらは、ポストカード。「ほしをどうぞ」青い色と猫さんの表情、手元が動き出しそうで可愛い*

「さくらどりさんからのおたより」水色にピンクがたまりません。表情も好き*

「どんぐりといっしょ」一瞬、あれ?どう見るの?と迷っちゃいました*


なんかどの猫ちゃんも、微笑んでいるように見えるわたしなのでした。

お会計のときに、店長さんに「にこにこネットのちてなです・・・」と挨拶すると
「あああ~、あなたが」(^^ゞそうなんです~*店長さん、かっこよかったです。
「接骨院でギャラリーやってるんですか?おもしろいですね~」
「はい、そうなんです~」結構緊張して、カチコチでした;。

深津さんの個展を拝見した後、店内をぐるり一周。凄く気になった作品や
可愛い作品、うしろ髪引かれる作品など盛り沢山でした。いろいろあったのですが、
それについては、長くなるので、次の機会に(A^-^;)

深津さんとは、いっぱいいろいろお話しちゃいました。楽しかったです(*^-^*)
井の頭公園の路上の話から、わたしが好きな庭園や苔玉の話になって、
丸いものが好きでとなって、「おおまるこまるって名前つけて」と弾んでいるうちに、
「まりも」に話が行ったときです。

「まりもね!」店長さんの声が弾んだような気がします。
店長さんは、まりもを20年、大中小と飼っていたそうです!
それぞれに名前をつけて、日光に当てると嬉しそうに上がって来るんだとか、
「へ~☆まりもも嬉しいんだ♪」と感心した半面
「でも、ある日突然粉々になって消えてなくなっちゃったの。寿命だったんだね」
「えええ~!!20年も飼ってて、それはなんか悲しい!!」
「そう、寂しかったね・・・」

そうなんですか~・・・・。なんかしんとしてしまった、わたしと深津さん。
頭の中では、粉々になってしまった、まりもが浮かんでしまう(><;)
気を取り直して、「写真とって『きょうのまりもの表情は』とかやってみようかな」
と話していたら、

「猫には猫の雑誌があるようにね」と店長さん。
「まりもにはまりもの雑誌がある。月刊まりもっていう雑誌があるの!」
「ええええ~!!!」
ほんまかいな~!びっくりや~★
店長さんが言うんだから、間違いないことでしょう。
見たことも聞いたことも無かった、初耳。
・・・・月刊まりも。まりも愛好者には、たまらない1冊。
喜び勇んでほおずりする勢いで買って読むんだろうな。いつか巡り会えるかしら・・・*

ところで、深津さんは、蒼い猫の格好をして、井の頭公園で路上販売をされているようです。
散歩の達人にも知らないうちに載っていたそうです!☆
井の頭公園に遊びに行ったさいは、蒼猫がいないか探してみてください。
もしかしたら、出会えるかもしれませんよ*わたしもそのうち、カメラもって行かなくちゃ~♪

深津さん、店長さん、長い時間ずーっといて話しまくってごめんなさい、
でもとっても嬉しかったです。お会い出来てよかった☆
楽しい時間をどうもありがとうございました!(^-^)/
我が家の黒猫も、喜んでじゃれております(笑*)

■後日談■

深津あさみさんの「はなのなかから」は、とっても大好きな絵!
ピンクの桜のじゅうたんと枝垂れ桜に猫ちゃんという構図と
背景の青色が爽やかで見てて嬉しくなってくる。

ポストカードは勿論もっていたのですが、お話させてもらったときに、
「すごく好きなんです~♪」とお伝えしたら、
「普段は原画は売らないのですが、よかったら、杜の奏で
 飾ってください。いろんな人に見てもらいたい」ということで、

接骨院の待合室ギャラリー杜の奏で、原画を展示ご紹介することになったのでした!

ところが、杜の奏は、もう12月末で終わってしまい・・・。
額装して送って頂いた原画を拝見して、すぐ、もう、あまりの可愛さに、
「わたしが買いますーーー!!!♪♪♪」と、即購入(笑)

もう・・・もう・・・可愛すぎて・・・・顔が緩みっぱなしです(*^-^*)
深津さん、ありがとうございまーす☆
是非、ぽるるが出来上がったら
皆さんに見て貰いたい、飾りたい絵の1枚です!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6599532

深津あさみ個展 蒼猫幻想曲第一章~蒼猫の国へようこそ~を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko