« atelier Terra/田村和也さん | メイン | アートギャラリーAct Boxさん »

2006年10月15日 (日)

セラピーアートスペース風工房

日曜は、上石神井にある「セラピーアートスペース風工房」さまの
セラピークラスに行ってきました。こういうのは、初体験、初参加なのでドキドキでした。
しかも、今回は、先生と、一対一のワンツーマン(*^^*)

まずは、絵を何枚か見せていただいて、好きな絵柄を選び、
好きな画材で、好きなように色を塗っていきます。
画材は、クレヨンと色鉛筆。普段、クレヨン使っていないので、
きょうは、少しクレヨンを使おうと思いました。

わたしが選んだのは、クリスマスリース。
これは、とてちてたの作家さんの、クリスマス用のポストカードを
何枚か見ていて、丸いリースが印象に残っていたのと、
そろそろ、クリスマス、杜の奏の飾りつけとかどうしよう・・・と、
諸々気になっていたのもあって、見た瞬間に「これにしよう」と決めました。
丸いリースに、星と、ベルと、柊と、はっぱ、クリスマスの靴、
TOPに大きなリボンが特徴な絵柄です。

丸いリース部分は、クレヨンで緑色に塗りました。
クレヨン、久しぶりに塗りましたが、気持ちいいですね、楽しいです。
マットな感じというんでしょうか、ごわごわ感がたまらないです。
あとは、色鉛筆で、柊の実、はっぱ、星、ベル、ベルのリボン、
靴、最後にリボン、リボンはクレヨンで2色使って塗りました。
こんなかんじで、パーツごとに分けて塗ってました。

塗りながら、先生とずっとお話してて、楽しかったです。
先生にお話を聞いてもらってすっきりしたというのもありますが、
じっくりと、好きな色を気にしないで塗っていけるという行為が
とっても面白かったです。全く苦にならず、終った後
「できた~♪」と嬉しくて達成感のみでした。

塗り終わって、先生にみてもらいます。
先生のお話では、色には二面性があり、その色を使った自分自身の
精神的、肉体的状況、心理状態などを、客観視できるための手助け、
アドバイスをキーワードとして、教えてくださいます。
それを受けて気づく、どう解釈するかは、自分自身ということになります。

クレヨンと、色鉛筆の画材があっても、
同じ絵柄であっても、クレヨンは全く使わず色鉛筆だけの方もいるし、
クレヨンしか使わない人もいる、まさに十人十色。
そんなかで、「わたしはわたしでいいんだ」という発見が出来れば、
洋服を選ぶように、色を楽しむ中でバランスをとっていけたら。とお話くださいます。
なるほどなあと思いました。

これが今回塗った絵。
「綺麗にぬれてる」といわれましたが、そうですか~?(A^-^;)
さて、わたしは今回「リース」を選びました。
リースは、「リング」で「調和」を意味するそうです。
また、全体的に「緑色」が多かったのですが、
緑でも「ポジティブな緑」と「ネガティブな緑」があるそうで、
自分の今の状態が「どっち」なのかは、自分自身しかわからないことです。
また、「そうである状態」と、「その状態じゃないから、そうなりたい」
という場合もあるので、自分が出した答案を見て、答案から、計算式を探り当てるような、
自分を掘り下げる作業ですね。一歩引いて見ることが出来ていいかもしれません。

わたしの場合は、多分、両方で
「心が落ち着くような、癒し、ナチュラルさ、見た人も創っている人も、
 これでいいんだって、折り合えるような、それらの調和が取れるようなもの
 を目指したい」という求める状態かな~っと思いました。
今はまだまだ、これからですからね。
わたし自身、もっと落ち着きたいですから。

今回は、好きな色を好きなように使って塗りましたが、
限定した10色で、例えば人の形に色を塗る、という場合のほうが、
もっと具体的に心理状態が見えてくるようです。そういうのは、次回からのようです。

それから、靴のところで少し紫を使いましたが、
たくさん紫を使うような場合は、ホルモンのバランスが崩れてるとき、
不安定なとき、生理が終わったばかりのときなどに、出やすい色だそうです。
ええええ~。。。。わたし、紫好きなんだけどなー(><)
でも、わたし、万年生理不順なので心あたりありです。7月以来、来てないのです。
先生が仰るには、視覚を刺激するのも、ひとつの手だそうで、
たとえば、生理不順で、これから冬で冷えやすい場合、
下半身を冷やさないように、という意味で、
下着なども、黒ではなく、あったかそうなオレンジ色とか、
そういう暖色系の下着を用いると、視覚的効果が出るそうな・・!!
靴下では、オレンジとか多いんだけど、そっか~!全然気にしてなかった。
オレンジ色の毛糸のパンツでも履くかな(笑*)

終ってから、わたしの描いてるキャラクターを、紙にパパっと描いて、
「これがぽよで~これがいぷで~こんなのやってるんです~」
とみてもらったら、「可愛い」「人柄が出てる」「ネーミングがいい」と
お褒め頂き、嬉しかったです~(笑*)
とくに「かぶ~」と「不動さん」と「役所さん」は絶賛されてました*

ちなみに、わたしは「青色系」が好きなのに、
今回、リースの絵で全く青色系を使いませんでした。
でも、「役所さん」はもろに青色系の色使いなので
「これ、青や水色ばっかで、好きなキャラなんです~」と話したら、
「左脳が働いてるときってブルーなのよ」と言われました。
「左脳・・・ですか?★」「なにか計算してたり、なにかをどうしなくちゃいけないとか
 いろいろ考えているときとかね。長男長女に多いの。」
「あ!わたし長女です(笑)」
「だから、まさに、役所さんは、この色なのね~」

全然意識せず色を選んで塗っていたにもかかわらず、
カラーセラピー上「あってる」のは嬉しいです(^^ゞ
他のキャラも、結構あってたかな。かぶ~の赤色は、パワフル。
ぽよは、緑色で、自由、ナチュラル、調和、落ち着く等。
住井君の黄色は、気づかせる、発信している、という状態。
不動さんと役所さん、住井君の水色は、
「計算している」だから、当たってる~!!(大笑*)
適当に塗ってみて、直感で決めてきたんですけどね。

こういうのを知ってて、キャラクターの色使いに取り入れたら
それはそれでまた面白いかもしれません(^-^)v

次回はまた来月、参加しようと思ってます。
30分もオーバーして、4時までまったりとしてしまいました。
田村先生、ありがとうございました~*また次回宜しくお願いしま~す☆

▼セラピーアートスペース風工房
http://kokoronoiro.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6598810

セラピーアートスペース風工房を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko