« ギャラリーブリキ星さん常設展 | メイン | atelier Terra/田村和也さん »

2006年5月31日 (水)

ギャラリーハウスMAYA/高橋三千男展

にこにこネットで、ご紹介している、わたしが好きな、高橋三千男さんの個展が、
北青山の
「ギャラリーハウス・マヤ」さんで開催されましたので、いってきました!

高橋さんのイラストは、見ていてずっと飽きない、素敵な面白い迷路です。
辿っていくとまた戻っちゃうんです。でもまた戻りたくなるんですw
ことごとく、はまってしまいました。また何年後かわかりませんが、
絶対、次の個展も見たいな~★と思いました(^-^*)
ポストカード、購入してきました。杜の奏で飾ってます~♪

高橋さんと初対面で、少しお話できて嬉しかった&楽しかったです!
あ、そうなんだ~!!という初めて知ったことも多く、勉強になりました!
かなり舞い上がっちゃったかも♪ご本人さまと少しでも会ってお話できるのは、
ほんと、凄く貴重な体験だなと思います。

イラストレーターさんって、「こういうのを書いてください」という依頼、企画、
お仕事などがあって、相手側と、話し合って、作品を作っていくんですよね、
プロとして仕事して引き受けた以上、それなりのものを作っていかなくてはならない、
大変だなあと思います。いくらこっちがこのほうがいいと思って書いても、
相手の要求がNOなら、それは×で、相手がYESなものを作らなくてはいけない、
凄く難しいけど、お互いの思うものがあったなら、また求められてる以上のものが
出来て喜ばれたなら、とってもやりがいがあるお仕事ですよね。

そんななかでも、いろいろやり方などを試行錯誤していって、自分のやり方、
スタンス、方向性というのを「これだ」と見つけられることって、人には言えないような
失敗と努力と工夫・研究の積み重ねの結果なのかなって思います。
(まあ、全てそうですよね・・。)それが見つけられるまでに、10年かかる人もいれば、
1年で見つかる人、なかなか定まらない人、決めたくない人、様々。十人十色。

高橋さんの「自分は10年かかってやっとこういう形になった」
というお言葉が印象に残りました。高橋さんの積み重ねが今ここにあるんですね。
それを今こうして見る事が出来る、素敵だな、ありがたいなって思いました。

ふと、10年後の自分がどうなってるのか、よぎっちゃいました。
いい40歳を迎えられたらいいなと。10年、あっという間なような気がします。
とりあえず、一歩一歩。一日一日を大切に、かな。

高橋三千男さんのHPはこちら

このときの様子を、当時イラストで描いております。
今見ると、かなり恥ずかしいです。。。が、懐かしいので載せておきますw


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6598778

ギャラリーハウスMAYA/高橋三千男展を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko