« Gallery LE DECO/渋谷で愛のカタチ展 | メイン | ギャラリーブリキ星さん/内海満昌展 »

2006年2月27日 (月)

せきねゆきさん絵本「晩夏」原画展

とてちてた・杜の奏・にこにこネットでご紹介・展示販売させていただいています、
「ゆらいのユライ」のせきねゆきさんの、絵本「晩夏」の原画展が
川越の「あとひき煎餅塩野2階 蔵乃茶屋かくれんぼ」さまで開催されました。

小江戸といわれる、川越。残念ながら雨だった為、じっくり、あちこちと 散策は出来ませんでしたが、いずれまた散策に来たいと思いました。 あとひき煎餅塩野さんの一階には美味しそうなお煎餅がずらりで、 古布や和風の小物、バックなども置いてあり、可愛かったです。

この「あとひき煎餅塩野」さま、明治に建てられた蔵作りのお店で 市の文化財になっているそうです。階段で2階へ行くと、そこがギャラリー。 高い天井の中、茶色の壁板、大きな木の机など、大変居心地のいいもので、 照明も小さくあたたかいオレンジ色で、壁にぐるりと飾られた ゆきさんの原画と一体になって、大変まったりとした好い雰囲気でした。

まさに「蔵乃茶屋かくれんぼ」の名前にふさわしい、いつまでもいたくなるような 素敵な空間でした。お客さんもいっぱいでにぎわっていました。 お店の方がお茶とお煎餅を出してくださり、美味しく頂きました(*^^*) ありがとうございました♪


あらためて、ゆきさんの原画を拝見する事ができて嬉しかったです、 こんなに間近で見れて、しかも、ご本人さまとお話が出来て、というのは 嬉しい事このうえないです。作家さんご本人さまとお話しするときは、 ちょっとした言葉ひとつひとつがキーワードとなって、 一つの絵でいろいろな見方が楽しめる布石ともなるので参考になります。

迎えが来るまで、長い時間居座ってしまい、お店の方、 ゆきさんにご迷惑をおかけしてしまい、お疲れのところ、申し訳なかったです、 そしてありがとうございました。 せきねゆきさんの、これからのご活躍を楽しみにしています。 雨の小江戸、川越。今度また、ゆっくり遊びに来たいと思います(^-^)o

以下、お預かりしてきたポストカード作品です。画像を押すと詳細ページに飛びます。
宜しければ、どうぞ★

   


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6598748

せきねゆきさん絵本「晩夏」原画展を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko