« 高円寺Too-tickiさん | メイン | ギャラリー喫茶ゾーエー/いとう良一さんの個展 »

2006年1月 7日 (土)

和の手技 日本の職人100人展

池袋東武百貨店の「和の手技 日本の職人100人展」を見てきました。 面白かった、ほんと見てて飽きなかった~♪ 子供の頃、家にあったなあと思ったものとか多かった。 きっと、親のお土産なんだろうけど、そっか、秋田だったかあとか 新潟だったかあとか、きちんと知ると、なるほど感動も2倍。 (でもすぐ忘れちゃうんですけどね・・・(><;))

いろいろありましたが、中でも、木工工芸品可愛いのありましたし(手作りの振り子時計とか) 食堂などで飾られている、お寿司やケーキのサンプルを実演されてるところもあり、 ちょうど天ぷらを作られてました。面白いくらい見事でしたよ。 思わずお腹が減ってきました~w
凄かったのは、「青森ヒバ」のベッドと椅子。 狭いところでも組み立てられるようにと、全部取りはずし可能。 足は8本も付いていて、簡単に取り付けられるようになってます。 背もたれも3段階で傾斜が変えられる優れもの。 これの椅子バージョンがまた凄い。3つに背もたれがでてくるんですからw ひばの香りが豊かで、シロアリやダニをシャットアウト。消臭効果もあり。 座ると自然に木のぬくもりが、あたたかいので、ベッドなどは、 マットなどひかないほうが良いそうです。そのまま布団をひくのが 一番あったかいのだとか・・。椅子の場合は腰痛防止にもなるそうで。 青森ヒバ・・・ビバ!でございますw

着物も多かった。着物ってよく知らないんです、地域であるから、 あ、これは京都の友禅か、あ、こっちは東京の友禅か、と、その都度 意識しないと、ん?これはなんだっけ?と、全部一緒になってしまう。 でも、東京の友禅だったか、着物でペンギン柄がありました! もう目がるんるんらんらんで釘付けでしたよ!

お店の方に 「変わってますでしょう?」と声をかけられ 「変わってます~♪嬉しいです~♪」とご満悦w ちょうど、同じペンギン柄の着物が小さな台の上にあったので 「これはなんですか?」とたずねると、実演用のもので、 まだ目が入っていないんです、とのこと。見せてもらいましたが、 なるほど、目がありません。しかも、なにやらきらきらしています。 (専門用語・忘れました;)が入っているから、きらきらしているそうですが、 きらきらしているほうのペンギンさんのほうが、可愛かったかなw

はあああ~~ペンギンの柄の着物なんて、生まれて初めて見ましたよ♪ もう今日は来てよかった、ほんとに。目の保養★最高でしたw ・・・・・・・今思うと、このペンギン友禅は凄く良かった、パンフレットかなにか もらってくるんでした・・・なにもないので、ネットで検索してもわからない(><)失敗。 ネットで顔が出ていて「あれ?!この人かな?!」というのはあったんですが、 確信がもてません。ペンギン友禅、またいつかご縁があるなら、会えるといいな~~。。

茶器・陶器も多かったですが、その中でも 「無名異焼き(むみょういやき)」(佐渡)は始めてみました。 佐渡の金山からとれる、酸化鉄のことを無名異(むみょうい)というのだ そうです。これを用いて作られている為、鉄分が多いので、お茶は美味しく ビールは泡がまろやかに、使う度に光沢が増していくのだとか。 焼くと30パーセントも小さくなってしまうのが特徴で、また非常に固く、 お店の方が二つの湯呑をぶつけても「カーンキーン」と驚く程、甲高い音が 響くだけで、大変丈夫。色もわたし好み、光沢のない茶色や青緑色、 灰色等魅かれるもの多し。中でも目を見張ったのは、綺麗な紫色の花瓶。 思わず「この色はどうしたらでるんですか?」と質問。すると、 「これは、稲の綿(・・ここは、うろ覚え。)と、孔雀石を砕いたものを、 非常に高音で焼いたもの。なかなかこの色は出ない。ちょっとでも低いと、 このように水色になってしまう。だから失敗が多いんですよ。」とのこと。 また、紫でも、全く同じ物というのは二つと無くて、同じ釜で焼いていても、 泡の形が柄になったりするので、ひとつひとつが違うのだそうな。 この無名異焼き、大変気に入りましたwちょっと得した気分です♪(写真はパンフレットより)

夜も遅くなり、池袋の「開楽」という餃子屋さんで餃子を食べてきました。 もうずいぶん昔からある老舗だそうです。初めて入ったのですが、 とにかく餃子が大きくてびっくり!でもとっても美味しいんです。 皮がもちもちしていて甘くて、食べ応えあり。わたしは、餃子といえば、 カリカリで有名なホワイト餃子が一番だと思っていましたが もちもち系で一番美味しいのはココかもしれません。 池袋駅からすぐ近く。おすすめですよ~☆ 今回は盛りだくさんでした(^-^)v

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6598716

和の手技 日本の職人100人展を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング

プロフィール

フォトアルバム

Chiyoko and Kazuhiko